selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





さきっちょだけでも/トジツキハジメ 【バンブー】


〔2010/10/27〕

★★☆☆☆

芸大7年目・26歳の冬、徳治の想像力は完全に枯渇し
ていた。何物にも感動しなくなった心に響く「何か」
を探していた時、偶然目にした極彩色の男に一瞬にし
て魂を奪われて・・・!?

全6作品収録。
うぅん・・・ 前作の『物語は死で終わらない』でも
そうでしたが、B系って地雷だ・・・
何でしょう。やたらと韻を踏んだようなラップ調のモ
ノローグとか、ダゼなやりとりとか、仲間で群れてる
感じとか、とにかく何か、俺たちオサレ?みたいな
やたらと自意識過剰なノリがめちゃくちゃ苦手なので、
1本目の『お悔やみ申し上げます。』はもう、読むの
やめたくなるくらいでしたw

『ウォータープルーフ』もまたもやB系・・・
トジツキさんは、こういうノリに目覚めちゃってるみ
たいですね。自分的にはブチブチと単語で語る彼らが、
激しくアホにしか見えなくて、全くもって萌えません。
自分が年寄りだからだろうかw

『アンダーグラウンド』はカメラマン。これはB系よ
りはマシですが、でもやっぱこの、芸術家アピールな
ノリが苦手。
『彼女は死んだ』は設定はまぁ、大丈夫。だけどオサ
レきどってる雰囲気が何かイヤ。
表題作『さきっちょだけでも』は、刺青の彼に恋しち
ゃうというマニアックな芸術家がイッちゃってるな・・・
と思いながらも、まぁエロスとしては良かったです。

唯一萌えを感じたのは、1本だけ古い('07年)『les
sciences et las fantaisie.』。あぁやっぱ私は、こ
の頃までの作品が好きだったな・・・と思いました。
今後、自分の読めるトジツキ作品は登場するのだろう
かと、若干不安であります。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール