selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





赤い戀/九条AOI 【双葉社】


〔2006/3/11〕

★★★☆☆

「俺の恋人にならねぇ?」幼なじみの拓哉が、洋に
発した言葉でふたりの関係は「恋人」に変わった。
数年後、拓哉はトップモデルに、洋はサラリーマン
になっても関係は「恋人」のままだったが、ライバ
ルの出現や環境が、否応なくふたりの繋がりを変え
ていく・・・。

大学受験を前に、幼なじみの拓哉が洋に言ったのは、
「俺の恋人にならねぇ?」という言葉。男同士だし
と思いながらも答えが出せずにいた洋に、断らなか
ったのはOKなんだと強引にまとめる拓哉。やがて
恋人同士になった二人は数年後、モデルとサラリー
マンという、別々の世界で歩み始める。しかし二人
の長年築き上げてきた関係は、簡単に揺らぐことは
なく・・・

1冊丸ごと、この二人の話です。初出などが書いて
ないですがおそらく同人誌発表のもので、古いのは
90年代前半あたりからあるのではないでしょうか。
テレホンカードの時代ですね。
ということで、最初は絵だけでなく、作品に漂うレ
トロ感がかなり気になっていたし、苦手の芸能人と
いう設定だったりして、サブい部分も多々あったん
ですが、基本的にこういうラブラブな二人を見てる
のは好きなこともあり、徐々にその辺も気にならな
くなったようです。

さほど大きなピンチがあるわけでも無いので、ドラ
マチックなものを求めているとぬるいし、何かとサ
ブいので苦手な方も多いかと思いますが、比較的昔
BLが苦手な自分にしては楽しく読むことができたの
で満足してます。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール