selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





星に願ったりなんかしない/篠原栄 【花音Cita】


〔2010/7/29〕

★★★☆☆

クールで押しの強い天文部・高柳は、マジメな生徒
会長役員・上條に「文化祭の予算をよこせ」と迫っ
ては「ムリに決まってるだろ!」とつっぱねられて
いた。『犬猿の仲』と呼ばれようと、高柳が毎日絡
むのは、頬を上気させて怒る上条の可愛らしさにド
キドキしっぱなしだからで・・・vvv 
強引天文部VSツンデレ生徒会の文化祭ラブ!

あらすじの表題作の前に、天文部の部長・清水と、
部員・竹地の話『僕の知らない宙がある(全2話)』
が収録されてます。

人数合わせの部員ばかりのため、星が好きで天文部
の活動をしているのは、部長の清水だけ。自分もさぼ
り目的で入部した竹地だったが、ある日プラネタリウ
ム見学会の張り紙を見た竹地は、気まぐれで集合場所
に行ってみると、やはりそこに居たのは部長だけ。自
分の名前をいつまで経っても覚えてくれず、興味を持
たれていないことが無性に腹立たしい竹地は、強引に
一緒にプラネタリウムを見ることにするが、何と部長
は早々に眠ってしまう。実は部長は、幼い頃からの躾
で、暗くなると眠ってしまう体質。純粋に星が好きな
部長をなぜか可愛く思ってしまった竹地は、暗くなっ
ても起きておけるよう、特訓に協力することにしたが・・・

というわけで、元気っ子と天然部長の愉快な話でした。
竹地が部長の手を握ることで、緊張して起きているこ
とができるんですが、部長は何故自分が緊張している
のかということには気付いていないという天然ちゃん。
手を離すとフッと落ちてしまうようなギャグな体質が、
上手く二人のゆっくり進んでいく恋に生かされていて、
すごく微笑ましかったです。
竹地が星になったおばあさんに許しを請うとこなんか、
バカっぽいしありえないクサさなんですが、こういう
青春っぽさを惜しげもなく描ける所は、この方の長所
だと思いますので、この無駄な熱さは、いつまでも無
くして欲しくないですね。


表題作『星に願ったりなんかしない』(全3話)は、
天文部の3年生・高柳と、生徒会役員・上條という、
犬猿の仲な二人が実は・・・という話。
プラネタリウムを作ることだけに情熱を傾けている高
柳が、度々生徒会に部費アップを要求しに行くため、
二人はいつも衝突ばかり。だが実は、高柳がそうする
のは部費のためだけでなく、いちいち怒る上條が面白
いからで・・・
というわけで、好きな子をいじめちゃう的な高柳と、
ツンデレな上條のやりとりがとても可愛い話でした。

過去話に関しては、かなりベタというかクサいんです
が、しかしこういうエピソードは嫌いじゃな・・・いや、
むしろ好きなので、ちょっぴりウルウルきたりしてw
さっきの話もそうですが、こういうクサさを臆するこ
となく前面に出して、気持ち良くまとめるのって、意
外に難しいんじゃないかなと思うんですが、その辺上
手いよなと。相変わらずテンポも良いですしね。

人間として解りあっていこうという部分など、爽やか
さが基本にあるところが、高感度高いんですよね。
程よく恥ずかしいのが、クセになります。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール