selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





みづいろとぴんく、それからだいだい。/小椋ムク 【ショコラ】


〔2010/6/30〕


★★★☆☆

『みづいろとぴんく、それからだいだい。』
寡黙な部活の後輩・百成(ももなり)とつきあいはじめ
た瑞木は、とうとう百成の家に行くことに。期待と不安、
ふたりきりの家の中、はじめて愛を確かめ合おうとする
けれど・・・。
『せんせい、あのネ』
男しか好きになれない保育士の立花は、過去の失敗から
恋に臆病になっていた。顔は怖いが子供が大好きな北川
に惹かれていく自分の気持ちに気が付きつつも、決して
誰にも知られまいと心に決めるのだが・・・。

久々の新刊(去年は1冊も出てないんだね〜)がショコ
ラというのが意外だな〜と思ったら、色んなとこで描い
た短編5本とシリーズ3話を集めた1冊でした。持ち味
のほわほわキュンキュンがいっぱいで、癒されました〜。

表題作『みづいろとぴんく、それからだいだい。』は、
バスケ部の無口な後輩・百成と、先輩・瑞木が初めて
致す・・・というだけの話なんですが、二人のいっぱいい
っぱい感が、微笑ましいのぉ〜ニヤニヤ って感じですね。

『泣いた白い鬼』は、近所のおんぼろアパートに飼い猫
が入り込んだので探しに入ったら、そこの住人・ちひろ
にウリのお客と勘違いされて、乗っかられてしまった高
校生・大洋。大洋の、ユルいぽやや〜んキャラが妙に可
愛かったです。帰ったらご飯の用意して待ってた大洋が
「あなたいつもどうしてる?」って聞いたのとか、ちひ
ろの小説で泣いちゃうとか、ちょっとズレてるからこそ、
二人は出会えたんでしょうね〜。ご本人が「通らないか
もしれないと思ったプロット」というだけあって、他と
はちょっと違う空気ですよね。で?鬼って!?

『眠れる君のまつげが揺れた』は、家が隣同士の幼馴染、
暁生とみつる。とにかく良く寝る暁生を起こすのがみつ
るの役目。実は一度、眠る暁生にキスしたことがあるみ
つるは・・・ ん?もう少し、暁生が眠ることに意味がある
かと思ったけど。ま、ピュアなのが可愛かったからいっか。

『きらきらのせかい』は、子供の頃、病気の療養でやっ
てきた近所の佐和と、仲良くしていた次春が5年ぶりに
再会。家から出ようとしない佐和を連れ出そうとする次春
だったけど・・・ 本当は次春が来てくれて嬉しいのに、素
直になれなかった佐和、という話。佐和が窓から飛んだの
には「うわ〜(不思議ちゃんめ!)」と思いながらもちょ
っとウルッときてしまいました。

『木曜日の憂鬱』は、毎週木曜日に一人のリーマンとお金
で関係を持っているコ。実はお互いに好きだったのに、言
葉足らずで・・・って感じかな?ずっとリーマンの顔がボカし
てあったのに、腕の中に飛び込んだ瞬間から顔が明かされ
るというのがすごく良かったです。しっとり系。

『せんせい、あのネ』(前後編)『せんせい、それでネ』
は、過去のノンケとの恋愛の失敗から恋をすることに臆病
になってしまった立花が、顔が怖いけれど子供が好きで優
しい北上に惹かれていくんだけど・・・という、保育士同士
の話。子供からお礼の絵をもらって喜んでたり、怖い顔な
のに優しさたっぷりな北上が良かったです。

そんなわけで、全部面白かったですが、やや雰囲気重視な
部分が多く、短編ということもあり、思ったよりサラッと
していてキュン度は低めだったかな〜という感じです。
でもこのほわほわ感はイイですよね〜。
今のところ、まだ自分の中では1冊目の『ふるえる夜のひ
みつごと』が勝ってるかな〜。久しぶりに読み返してみよ
っかなぁ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール