selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





キッズログ(1巻)/葉芝真己 【ルチル】


〔2010/6/24〕

★★★☆☆

人気作家・井筒燈利(とうき)は、離れて暮らしていた
双子の弟・和利(かずき)の訃報に駆けつけ、弟の息子
・亮太と暮らすことに。まだ幼い亮太は、燈利を父親だ
と思い込んでいるが、燈利は初めての子育てに大苦戦。
たまたま鮮やかに子供たちを扱う金髪の保育士なっちー
こと倉本佑司を見かけ、その保育園に亮太を通わせ始め
・・・・・・!?擬似シングルファーザー・燈利&亮太+保育士
なっちーのハートフルストーリー第1巻!!

冬水社で沢山出されてるベテラン作家さんのようですが、
どうも冬水社はジャンルが良くわからないし、やたらと
長編ばっかだし、大体表紙からしてレトロ感が漂いすぎ
ていて、絶対自分には無理だろうということで手を出し
てないので、今回が初読みの作家さんです。この表紙を
見て、う〜んイケるかなぁ・・・と若干不安に思ったものの、
中は意外に普通で安心。


13年前両親が離婚してそれぞれに引き取られ、音信不通
となっていた双子の燈利と弟・和利。和利が交通事故で
亡くなったと聞き駆けつけた先で燈利は、そこで和利に
そっくりな自分を父親だと思い込んでいる、和利の3歳の
息子・亮太に出会う。亮太の母親と連絡が取れるまでの間、
亮太を預かることになった燈利だったが、子育て経験の無
い燈利は大苦戦。そんな時、偶然通りがかった保育園で、
子供達を手馴れた調子で扱う金髪の保育士・なっちーを
見かけた燈利は、亮太をその保育園に通わせることに。
可愛い亮太のため、燈利は色んな行事にも積極的に参加
しようとするが・・・

という、独身男の子育てストーリーでした。
実はこれ1冊では、恋愛要素は全く無く、BLとしてはど
うなんだ?って感じなんですが、中々に細かい書き込み
で、漫画を読んだ〜という満足感はあります。

死人と子供に弱いのもあって、燈利が和利との幼少期を
思い出したり、和利が亮太に燈利との思い出を話していた
ことや、亮太の無邪気で可愛らしい言動に何度かウルッと
きてしまいました。ハートフルさが心地良く、何度も読ん
でおきたいなと思わせてくれるのは、さすがだなという感
じです。

そういうわけで、恋愛要素はほぼ無く、終始子供を交えた
ドタバタだったけど、こういう話結構好きなので、次で恋
愛感情が芽生えて、3人がしっかり家族になってくれたら、
大満足だな〜って感じですね。
ちょっと他の作品も読んでみたくなったんですが・・・冬水社
だもんな〜w 立ち読みして決めようw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール