selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





天使のココロで(全3巻)/柚木南保 【ディアプラス】

  
〔2001/3/30、2002/5/30、2003/4/30〕

★★★☆☆

出会いはたった一度。三年前から胸に刻まれた、青年
の眼差し・・・。ハウスキーパーの南雲天使(たかし)
は、突然失踪した親友の借金を肩代わりする羽目に。
倉賀野組〈総聖会〉三代目の世話係になった彼は、な
んとそこで、忘れられぬ眼差しを持つ青年・・・流星と
運命の再会を果たす。実兄を失い傷心の流星を、癒し
たいと願う天使だが・・・・・・。

家政夫をしている天使はある日、高校時代からの親友
・健也に騙され、全財産を盗まれてしまう。しかも健
也の借金5千万円の保証人になっていた天使は、倉賀野
組に連れて行かれ、健也が見つかるまで倉賀野家で家
政夫をすることに。そこで天使は、3年前に自分を助
けてくれた青年に再会するが・・・


話が長いので、簡単に説明しますと・・・
天使と流星が出会ったのは3年前、18歳と16歳の頃。
天使がカツアゲされていたところを、通りがかった男
に助けられ、以来天使はその人・流星のことを想い始める。
その時流星と一緒にいた5歳上の兄・秀星は、その後、
臥竜会に狙われた二代目で、腹違いの兄・聖の身代わり
に命を落とし、そのことで流星と聖の仲は上手く行って
おらず、二人とも臥竜会の尾形会長を恨んでいる。

現在の組長(三代目)は一応流星だが、実質組を動かし
ているのは聖と補佐・多門で、一見冷酷そうな聖だけど、
実は早く金を集めて、組を解散させたいと考えている。
そして聖は実は、流星のことが好き。

そんな流星は現在、秀星の忘れ形見で5歳の宙太と暮ら
していて、昼間は工事現場で普通に働き、組の仕事自体
には関わっていない。ヤクザの家ということで最初はビ
ビっていた天使も、宙太の存在もあり、すっかり倉賀野
家に馴染む。天使が来たことで家の中が明るくなり、一
見平和になったかに思えた倉賀野家だったけれど、秀星
を殺った、臥竜会の尾形会長の妾腹の子で、ヒットマン
のカズが、流星に執着していて、自らの手で流星を殺り
たいと画策し、天使にまで手を出してきて・・・

というわけで、臥竜会VS倉賀野組なんだけど、臥竜会の
尾形会長は、倉賀野組先代で、亡くなった流星達の父に
若い頃から嫉妬心を抱いており、やがてそれが執着に代
わり、倉賀野組を潰すためにとち狂っていたり、カズも
ただの殺人マシーンかと思ったら、6歳まで育児放棄の
母親に納戸に監禁されていて、発見時瀕死状態、子供の
いなかった尾形に引き取られたものの虐待、みたいな
暗い過去などもあり、なかなかどうして奥行きのある話
になっているんですね〜。こんなんじゃ全然説明不足な
んですけどね。

最初はトラブル巻き込まれ系な話なのかと気楽に読んで
いたら、意外に広がりがあって、どんどん血生臭い話に
なっていったので、これはどうなるんだ?ヤクザマンガか?
と心配しておりましたが。案の定、二人のラブの話として
はすごくぬるいので、正直もう少しそこんとこが欲しいと
は思うのですが、兄弟愛、家族愛、師弟愛、口にできない
愛、しかもプラスもマイナスも入り乱れていて、これは
これでラブだらけだなと。

限りなく甘さ不足ですが、それもまた良し、と満足でき
るのも、やはりしっかりとした読ませる話だったからで
しょうね〜。予想以上に面白かった。
何より野望と男くささがいっぱいの中に、ポッと出てくる
宙太の愛らしさv 危険だからと暫く多門の実家に非難する
ことになった宙太の、泣きながらも健気でおりこうさんに
従う姿には、思わず号泣してしまいました。あぁ可愛い。
可愛すぎる。ちょっと途中でピンチ!?と思わされる部分
もありましたが、彼が巻き込まれなくて良かった〜。この
作品の中で、一番好きなキャラかもしれないw

というわけで、恋愛面で言うと薄いですが、皆がそれぞれ
色んな想いを抱えているということは量れるし、夢中にな
って読んでしまいました。
ラストはぶっちゃけ、何でカズを殺さないんだ・・・と思った
けど、カズの過去を知っちゃった流星と同じく、読んでる
方もネグレストを見せられてるから複雑なわけで。しかし
ちゃんと、臥竜会の悪事が裁かれるという納得いくラスト
にもなっていて、ありゃ上手くまとめてきたなとw

前作『愛情仁義』のラブコメが読みやすかったので、探して
読んでみたんですが、思った以上に楽しませてもらいました。
得したw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール