selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





愛で痴れる夜の純情(全3巻)/樹要 【花丸】

  
〔2007/3/19、2008/12/19、2010/4/19〕

★★★☆☆

いまから十数年前、売春防止法が廃止され、一等赤線
地区が復活。昔ながらの遊郭や高級娼館が再建され、
遊里としての姿を取り戻した吉原。気位が高く「お姫
さま」とさえ称される蜻蛉と気さくで面倒見のいい綺
蝶は、犬猿の仲とまで言われ、遊郭である花降楼で双
璧と謳われている傾城。しかし、禿・新造の頃の二人
は、仔猫同士がじゃれあうように仲が良くて・・・。

鈴木あみさんの小説が原作。(9冊程出ているよう)
名家から売られてきた気高い蜻蛉と、奔放な綺蝶とい
う正反対な性格の二人が、ドタバタしながら仲良くな
り、いずれ年季が開けたら一緒に大門を出ようと約束
するまでになるんだけど、ちょっとしたことからすれ
違ってしまい、犬猿の仲と言われるようになるけれど、
実はお互いに・・・ という、色子同士の10年物のピュア
ラブです。

某所ですこぶる評判が良かったので、頑張って集めて
みましたが(何たって、ほとんど見かけない花丸コミ
ックスw)元の小説を読んだり、CDを聴いたりして
ないからか・・・ う〜ん、別にそれほどでも・・・って感
じです。

確かにままならない感じとか、多少オッと思う部分も
あったのですが、遊郭モノとしては、これより面白い
のが他にもあるような。 何かですね〜、樹さんの絵は
すごく美しいんですが、セリフの間かなぁ?どうも淡
々としてるというか、じっとり感が無いからか色気を
感じず、萌えないんですよね。まぁ主観ですが。

綺蝶が元華族・北之園家の御曹司だったという展開は
面白かったんですが、そこから、んじゃ北之園家の金
で蜻蛉を身請けすればいいじゃん、何で思いつかない?
・・・というのが、2巻途中からず〜っと頭を離れなかっ
たのは、自分だけでしょうか。

遊郭だけど現代設定というのが面白いし、それによっ
て面倒な設定が無いというのは読みやすいですが、そ
こをもっと感じさせる、外の世界の話も混ざってると
面白そうですけどね。
まぁ普通には面白かったですので、読んで損したとい
うことは無いです。お幸せにv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール