selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





君へつづく物語/日の出ハイム 【GUSH】


〔2010/5/10〕

★★★☆☆

「僕は、半径800メートルの世界を守っているんです」
最近越してきた隣人・三星翔(みつぼしかける)はそう
言った。ゲームじゃあるまいし、何言ってんの。最初は
半信半疑だったが、翔はそんなちっぽけな世界を必死に
守ってた。「ほんとはひとりで こころぼそかったんだ」
本当にHP削って、傷ついてた。いつしか俺は、身体を
張って戦うお前を守ってやりたいと思い始めていた・・・。

大学生・夜巻(やまき)の暮らすアパートの隣に、ある
日、同じ大学に通うという翔が越してきた。その日の夜、
道端に倒れている翔を見つけた夜巻は、仕方なく自分の
部屋に連れ帰る。目を覚ました翔は、自分はRPGのよう
に何かと戦っているのだという。にわかには信じられな
い話に、電波なのかと疑う夜巻だったが・・・

というわけで、ある日突然、1年間の期間限定で人の命
を救う任務を背負ったことで、全てを投げ出して戦って
いる翔と、そんな翔を事情がわからないながらも理解し
ようとし、やがて大事な存在と感じていく夜巻という、
ラブまではあと一歩のファンタジーでした。

正直、1回読んだ時は、状況を追っていくことに集中し
ちゃってたんで、そこまで良いとは思えなくて。でも2
回目読んでみると、細かな表情や間に、グッとくるもの
があったり、クスクスと笑える可愛さがあったり。これ
がハイムマジック。何でしょうか、このセンチメンタル
な気分は。

でも1回目も、何だか良くわからない話だと思いながら
も、夜巻がゲームをするシーンは、めっちゃ泣いちゃっ
たんですけどね。翔がいつも口にしていた「了解です」
っていう言葉とか、夜巻のモノローグとか、上手すぎで
しょう。ここだけ見直しても、やっぱり泣けるんですけど。

とにかくまぁ、正義の味方が登場する割には、ぼんやり
とした話で、完璧に理解することは難しいんですが、そ
れでも2回以上読むことで、登場人物をすごく愛しく思
えてくる感覚というか、そういうハイムクオリティは堪
能できたと思います。恋愛まで到達してはいないけれど、
それでも愛は溢れていたと思います。布団を持たない翔
を自分の布団に寝かせてやることも、翔をもっと知りた
い、守りたいと思うことも、誰にも見えない傷ついた翔
を抱きしめることも、大好きなカニクリームコロッケを
ダメにされても許せちゃうところも、ささやかだけど
ちゃんと愛でしたよね。

たまには見えないことを信じてみてもいいんじゃないっ
て、そういう気分にまでさせられる、不思議だけど心が
ほっこりする、そんなファンタジーでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
にほんブログ村 BL漫画







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール