selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





フラワー・ジェイル/十條かずみ 【Daria】


〔2003/9〕

★★★☆☆

物静かな性格の瀬名は専務の宮下に目をかけられ、若くして
出世していた。栄転を妬む周囲の反応に瀬名は無関心だった
が、着任した部署で新しく部下になった甲斐から、そのまま
でいいのかと指摘される。甲斐は一方で瀬名のことを綺麗だ
と言う・・・。甲斐の言葉に瀬名は心を揺らすが、そんな矢先、
残業していたオフィスで何者かに襲われて・・・!!傷ついた
瀬名に甲斐は「好きだ」と告げるが・・・。

1冊丸ごと、この二人の話。
過去のトラウマから、自分に寄せられる専務の思いを拒絶で
きなかった瀬名が、結果的に専務の後押しで課長になったけ
れど、部下である甲斐に出会い、真剣に愛されて・・・という、
ちょっとクサめな話。

まぁネタばらししてしまえば・・・子供の頃出て行った父親のせ
いで精神を病んでしまった母親により、性的虐待を受けていた
瀬名だったんだけど、幼い瀬名は、その異常な行為自体が愛だ
と思ってしまい、人から強い愛情を向けられることに恐怖を感
じてしまうようになり・・・みたいなトラウマなんですね。

なので、全体的に瀬名がウジウジしていて、ちょいイラっとく
る感じですし、答えが途中までは何となくしか明かされないの
で、少々解りにくい部分もあるのですが、読み終えてみると
1本テーマがはっきり軸となっているのが見えて、納得はいく
形にまとまっているのかなと思いました。
逆に、花の香りで・・・というミステリアスな演出をするより、
最初からネタバレした方が、専務に抱かれたり、元同僚に犯さ
れたりする瀬名に同情できる感じで、面白かったような気もし
ますけどねぇ・・・


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール