selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





熱情と欲望のゆくえ(2巻・完結)/祐也 【DuO】


〔2010/1/25〕

★★★☆☆

謎の天才外科医・桐谷に抱かれ、経験したことのない快楽に
溺れる美貌の青年医師・有森。しかし桐谷が有森に近づいた
のは医療事故の真相を探るため、そして復讐のためだった。
桐谷を愛してしまった有森に迫る“絶望”の足音・・・・・・。病院
関係者が隠ぺいしていた事実とは?その裏に隠されたいくつ
もの想いとは?桐谷と有森の恋のゆくえは・・・?

2ヶ月連続発売の完結巻です。
その後、有森と桐谷は蜜月を過ごしていた。しかし、ここま
で気を許させたのは、桐谷の作戦。しかも運良く、神城先生
の代わりにベコン肝絶病手術の第一執刀医に指名された有森
が、未熟な自分でなく是非桐谷先生にと、その座を譲ってき
たことから、研究データを手に入れることができた。そこで
死亡した弟・すばるの薬を多く出したのが、内科医の仲村の
仕業だと知った桐谷は、仲村を監禁し、事実を吐かせるが・・・

というわけで、サスペンスとしては結構面白かったです。し
かも、すばるの意思で・・・という結末は予想外だったし、皆に
悪意がなかったというのが、後味悪くなくて良かったですね。
しかし、償いのためにエロいことをさせるってのは、憎しみ
を表現するにしてはチープだし(それまで散々ヤってるだけに)
、神城先生がすばるとっていうのも何か違和感だし、有森が
桐谷を「これはおまえの罰なんだ!」とか言って襲うのも
、何か笑っちゃいましたが・・・

まぁ色々と突っ込みどころはありましたが、いい感じに意味
深な表情が先への期待を高めてくれ、テンポよく読ませてく
れたので、漫画としては面白かったです。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール