selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





レイニーシーズン/四宮しの 【Baby】


〔2010/1/23〕

★★★☆☆

「どんな風にきこえる?雨の、音。」
雨の日に事故に遭い、大きな傷を負った朱川緑。降り注ぐ水音、
吸い込まれるような静けさ、しっとりとまとわりつく空気。その
全てが、嫌な記憶を思い出させる・・・。引きこもる緑のもとに突然
やってきた少年に連れられ、雨の中を歩く二人。彼は一体何のた
めに・・・?ゆっくり、じんわりを心に沁みてくる、新人・四宮しの
の温もりのメッセージたち。

全9編の同人誌作品と描き下ろしを1編収録。
癒されました。正直最初の表題作で、これってどっちの子の話なん
だろう?(母親の話をするところ)と戸惑ってしまい、次でクラス
メイトが複数登場したときには、あちゃ、解りにくい〜と、一瞬諦
めそうになったんですが、一度あまり考えずにサラッと流してみて、
再度読んだらバッチリ把握でき、そうすると面白さが解ってきまし
た。結果的にはかなり楽しかったです。


『レイニーシーズン』があらすじの話。
雨の日のトラウマから抜け出せずにいたのを、ちょっとアホな友人
が救ってくれるという話。恋愛ではないけど、閉じた世界から連れ
出してくれた大切な人という。

『チョコレート コスモス』は、『レイニーシーズン』の主役だった
朱川緑(あけみ)、里中碧(さとみ)に、幸四郎、伸、あと1名
(あれ?名前無いw)という仲良しさん達に、あけみの叔父(先生)
も交えた何気ない話。だけど、何かムフフと色々と妄想できますねw
焼きそばと白飯を「あげないよー」と嬉しそうなさとみがウケる。

『Coffee&Suger』は、伸と、都会から帰ってきた年上の幼馴染・
ミツの話。何ちゃないんだけど、雰囲気が良いですね。

『親愛なるきみへ』は、ハーフのスタンリー・海先生が、何故国語
教師になったのかという回想の話。良いオチ。

『魔法の粉』は、家を度々訪ねてくる10年来の親友・杉田に恋心を
抱いている花粉症の田村。親友をやめて恋人になろうという、この
本の中で、一番定番BLっぽいw話。

『きいちゃんばんそうこう』は、テンマと3歳年上の幼馴染・きい
ちゃん。きいちゃんがペンで字を書いた絆創膏を貼ってくれると、
不思議と痛くなくなるのは、きいちゃんの愛かな?っていう、恋人
とは違うけど、自分だけに向けられる愛情に今は満足なんだという、
可愛い話。 乳首のくだりがウケたw

『唇にレモン』は、適当な友人・久慈のスキンシップに戸惑いなが
らも、どんどん気持ちが膨らんでいく亮という、初々しさがたまら
ない話。同じ気持ちで良かったね〜っていう。

『まだらの紐』は、小学生のとき、変態おじさんの被害に遭って
から、人に触られるのがダメな高校生・黒河が、忘れていた記憶を
思い出すという話。まさかの変な話で、恋愛までも行ってないけど、
不思議と和むんですよね。 脇役の弟が可愛いw

『スワンレイク』は、親の仕事の関係で転校が多く、いつの間にか
他人と関わる事が面倒になってしまい、依存し合っている高校生の
双子・諭(さとし)と温(あつし)が、田舎のおじいちゃんのとこ
ろに預けられ、転入した学校である子と出会い、人と関わりたくな
るという話。

『欲しいのはひとつだけ』は、獣医のお爺さんと猫の話。


友情が大きくなっていって恋愛未満だったりして、がっつり恋愛話
を読めるわけでは無いんですが、バカっぽく振舞いながらも淡い想
いを抱いていたりと、思春期独特の心の動きを味わえるし、何より
友人同士のじゃれあいが可愛いなと。ペースが掴めてくるにつれ、
面白さが増していく、不思議な味がありました。トーンをほとんど
使わないという絵の素朴さに合った、スレてない土の匂いがするよ
うな高校生たちが微笑ましく、非常に癒されました。掛け合いや、
ふとしたアホさが上手いですよね。次も期待したいと思います。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ












スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール