selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





愛は節約できません/かぶとまる蝶子 【花音】


〔2010/1/28〕

★★★☆☆

実家が貧乏な若葉は、前から熱烈に口説かれていた矢上と
結婚。毎晩『嫁の務めエッチ』に値段を設定して仕送りに
励んでいる。お金に執着するように見えて一方で節約にも頑張
る健気な若葉に矢上はメロメロvついつい高額プレイをお願い
してしまうけど・・・vv

表題作シリーズ4話は、以前出たコミックス『唇に甘い熱』
収録の 『愛はタダでは買えません』の続編。
ベタ惚れして猛アタックの末に若葉を手に入れた、デキる男・
矢上と、家族に仕送りをするために、矢上とのHでプレイの一
つ一つにお金を要求しちゃう、しっかりものの若葉という、ち
ょっぴりおかしな2人が結婚(養子縁組)して、ラブラブ生活
を送っているんだけど・・・という話。

面白かったです。まずこの、正常位1回までは無料で、それ以
上はお金を取りますよ、という仕組みが前回に引き続き面白い
んですが、また今回はそれが上手い具合に話に生きてて、笑え
たりウルウルさせられたりと、メリハリがあって楽しかったです。

1話目『愛はタダでは生まれません』は、若葉のお母さんが
体調を崩したため、若葉の双子の妹達(赤ちゃん)を預かるこ
とになって、それによって矢上さんの愛情が赤ちゃん達にいっ
ちゃって、若葉がやきもち→でも誤解。で、矢上さんの本当の
気持ちを知った若葉が、その後の仲直りHで、お詫びにHの大
安売り〜。2円とか5円ってw

2話目『愛は節約できません』は、若葉がこつこつ貯めたお金
で、結婚指輪を買いに行った、入籍の日の回想。これが結構ウ
ルウルしてしまいました。小銭ばかりの2万円って。何という
健気さ。 入籍記念Hは一万円均一w

3話目『愛もコゲたりするのです』は、新婚旅行に行こうと、
旅行代理店を訪れた二人だったけど、そこに居たのは、矢上の
元彼。しかも家に帰ったらちょうどやってきていた宅配便のお
兄さんも、またもや矢上の元彼。矢上さんに過去の人がいると
いうのは理解しているけど、一気に2人に遭遇してしまった若
葉は、モヤモヤ。そんでヤキモチやいちゃった若葉は、Hの価
格が微妙に高いというw

4話目『愛を無限に積み立てます』は、新婚旅行でドバイに
行った二人だったけど、到着と同時に、他人の荷物が降ってき
て、怪我をしてしまった若葉。しかし相手は石油王で、しかも
若葉のことを気に入って、何かとお詫びをしたいといってきて・・・ 
で、矢上さんが色々と誤解して、逆上H。これはいつもの矢上
さんらしくなくて、あんまり好きじゃなかったですね。まぁ最後
はラブラブだったから、いいけどね。


短編『領収書はお前がもらえ!』は、森と杜という、同じ「モリ
」ながら全然違うタイプのため、しょっちゅうぶつかりあってる
同僚リーマンが、2人で出張に行った先でデキちゃうという話。
シンプルで良い感じでした。

『100年の恋は冷めない』は、幼馴染の高校生同士。モテ男の
啓と、地味メガネの優は、実は恋人同士。でも優は、何で啓が
自分みたいなのを好きなのか、信じられない。何とかふさわしく
なりたいと、決心した優は・・・ という、地味メガネは実は美人と
いう、定番の話。しかし何か、コンタクトを上手く入れられなかっ
たため約束の時間に間に合わず、泣いてぐしゃぐしゃになった優
に、「100年の恋も冷めるブサイクさ」「どんだけ可愛いんだ」
と言った啓の想いがステキすぎて、キュンキュンしてしまいました。

表題作の描き下ろし『愛に終わりはありません』は、10年後くら
いかな。何と何と若葉ちゃん、矢上H貯金で、両親に家を建てて
しまいましたw どんだけしたんだ!w まぁ一応、絵本作家になっ
たようなので、その印税などもあるんでしょうが、多分、大部分
は、H貯金でしょうw 相変わらずブタさん貯金箱から、お札が
溢れてるしね〜。あ〜ホッコリ。

というわけで、実は普段、私はこの方の作品に対する評価は、若干
厳しめなんですが、これは好きな話ばかりで、満足しています。
SMとか強姦的なものなどエロばっかりの時や、シリアス一辺倒の
時があんまり好きじゃないんですね。基本的にバカップルを描くの
はお上手なので、こういう路線で是非もっと読ませていただきたい
ところです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。

 

↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール