selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





LIFE,LOVE(2巻・完結)/西田東 【花音】


〔2009/12/26〕

★★★☆☆

政治家秘書の新海隆裕は誘拐された。隆裕は自分を救ってくれ
た犯罪組織の人間ジャックを好きになるが素直になれず邪険な
態度をとってしまう。一方、汚職疑惑で揺れる政治家の養父周
辺に検察の手がのび!?

1年ぶりの2巻です。ということで、一度2巻を読んで、また
1巻から通して読んでみましたが・・・1巻面白いですよね。
前回、ボスを裏切り隆裕を助け、隆裕に言われ、日本に行く事
にしたジャック・・・という所で終わっていましたので、今回は
ジャックが日本に来てからの話。

ジャックのことが好きなはずなのに、「男」としてのプライド
もあり、また父親に認められることに必死で、つい距離を置い
てしまう隆裕と、隆裕に相手にされず、自分は何のために日本
に来たのかと悩みながらも成長していくジャック。という、中
々素直にはくっついてくれない二人に加え、隆裕の父親との問
題などもあり、読み応えはバッチリです。

印象としては、何か隆裕がやたらと及び腰なのが1巻の時と随
分違うもんだなぁと。まぁそれも全部当然、西田さんの計算な
んでしょうが。二人の性格が、入れ替わったとまでは行かない
けれど、それぞれ逆の方向に作用して(隆裕は後ろ向きに、ジ
ャックは前向きに)そして再び、隆裕を奮い立たせるのはジャ
ック、という。そういう意味ではやっぱり2冊揃ってこその話
なんでしょうね。

自分的には1巻の隆裕の数々の不遜な態度と、隆裕に翻弄され
ているジャックという関係がすごく好きだったので、少々ヘタ
れても、隆裕にはもう少し黒い男で居て欲しかったなと思わん
でもないですが、みっともなさが露呈してこその西田作品なん
ですもんね。しょうがないw

あとはやっぱり、一番の見所はオヤジさんですね。1巻では、
何だ?この冷酷オヤジ・・・としか感じなかったのに、あの展開
は圧巻でした。あれでオヤジさんの息子に対する愛の形をしっ
かり見せ付けられましたもんね。隆裕が病院から帰った後に、
「何をやっても二流なのにしぶとさだけは超一級」とつぶやい
た姿もウルウルでしたし、結構オヤジが良いとこ持って行っち
ゃってるのが、西田さんのオヤジ愛を感じます。

そういうわけで、2巻はちょっと二人のバカバカしいやり取り
が少なめだったのは残念に感じますが、ただのマフィアの犬だ
ったジャックが、広い世界に出て、自分で考え動くことができ
るようになった成長ぶりは素敵でした。

西田作品は、どんなシリアスな話でも、途中でしょうもないこ
とで笑わせてくれたりして、でも最後には結局ジンワリとした
感動をくれるという、確実にドラマチックに仕上がっちゃうの
が、さすがって感じです。その分、毎回感想には苦労させられ
ますがw

できればもう少しラストの回が長くても良かったような気もし
ますが、もうなんか、西田さんがいいなら、これでいっかな、
みたいに、作品に妙な信頼感が湧いてくるんですよね。何なん
だろう、この人の持つ独特の存在感は。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。

 

↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール