selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





真空融接(上)/びっけ 【B's-Lovey】


〔2007/01/15〕

★★★☆☆

全寮制の学校で暮らすラエルとアレクシ。ふたりは供給者と
補給者という、お互いに決められたパートナー同士。唇を重
ねる『力』のやりとりはあるけれど、恋人ではなく・・・。

この上巻が、'05年にビブロスから出されたものの新装版で、
『下』は丸ごと描き下ろし、『春』が同人誌発表のもの+描
き下ろしになっていて、3冊まとめて一気に読みましたが、
折角良い話だったので、1冊ごとに書いてみようと思います。

全寮制の学校で暮らすラエル(13)とアレクシ(14)は、
供給者と補給者という関係になって10年。この国の人間は、
3,4歳の頃に、同年代で最も波長が合う子供同士が、医者に
よって決定され、1対1のパートナーとなる。補給者は供給
者の与える「力」を定期的に貰わないと生きていけず、また
供給者は補給者に体内で生成した「力」を吸い取って貰わな
いといけないという体質で、充電のようなもの。緊急事態に
は、他の人との補給もできるが、力は存分に発揮されない。
そしてそのやり取りは、唇を合わせることで行うが・・・

という、2人の少年の関係がどれだけ密なのかという話が
1〜2話。アレクシ(補給者)が神経質で、ラエル以外の人
の味を受け付けず、またラエルもそんなアレクシを気遣って、
他の人に極力補給しないようにしているという、恋人ではな
いんだけど、もっと強い何かがあるという関係性が面白いで
す。隣国からやってきた、そういう体質を持たない留学生・
ハネスの客観的目線でそれを感じれるのもいいなと。

3話からは、ラエル達の先輩で研究者のキィル(17)と、
将来歌手として有望だと期待されている、エリアス(12)の
話も加わってきます。キィルはパートナーの留学による前向き
なパートナー解消、エリアスはパートナーの死によって補給者
を失った状態。そんな二人が偶然にも体質が合うと判明し、実
際にやり取りしてみて、互いにこの人しかいないと思ったんだ
けど、年齢も生活も違いすぎることに悩んで・・・ という話。

最初は生意気そうに感じていたエリアスの、真っ直ぐにキィル
を求める感じが非常に良いです。ウルウルきました。
補給の期間が短い分、主役カップルよりこっちの方がキスっぽ
くて、ドキドキしますね。

4話は、ラエルとアレクシの家族が登場。実は男同士のパート
ナーというのは稀なんだけど、アレクシの父親・フロランの
パートナーは男のジル、という、これまたBLな展開でワクッと
させてくれます。ハネスが故郷の家族に宛てた手紙がモノローグ
になっているのもステキ。番外編で、フロランとジルの学生時代
も見れるのがまた良いです。

そんなわけで、BLBLしてないので、萌えとかそういう感じでは
ないんですが、恋のような友情のような家族のような微妙な感情
が、この年代の子らにぴったりと合っていて爽やかで、すごく癒
されました。多分、この続きを読んでるからこそ、益々そう感じ
るのかもしれないです。ということで、個人的には一気に3冊読
みをお奨めします。ゴチャゴチャしてなくてテンポも良いので、
意外と短時間で読めちゃいますよ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。

  

↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール