selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





極東追憶博物館/遙々アルク 【ルチル】


〔2009/11/24〕

★★★☆☆

東の最果ての地・・・。祖国を離れ小さな博物館の入場券係
として働く青年と、受付口で垣間見えたその美しい「手」
に一目惚れした学生。嘘と誤解が積み重なり、実ることな
く散るかに思われたその恋は・・・!? 
時にユーモラスに、時に痛みを伴いながらも全て幸福な結
末に辿りつく心に沁みる作品集


初の短編集ですね。期待通り、ちょっと普通とは違った、
不思議な話がいっぱいで楽しめました。やっぱりあんまり
上手いとは言えない絵なんだけど、まるで他人事のように
語る、独特の長いモノローグがおとぎ話のような雰囲気を
持っていて、不思議と惹き込まれる作風です。ドカンとい
う衝撃は無いんだけど、ジワジワジワ〜っと熱を帯びてい
くような物語の空気が面白いですね。幸せなんて、人それ
ぞれ・・・なんだなと。

一つずつあらすじでも書こうと思いましたが、それでは
ちっともこの面白さは伝わりそうもないので割愛しますw
多分、好きな人はかなり好きな感じだと思いますが、自分
的には「普通に好き」くらいかな。でも、前2作品(『ビタ
ー×スイート』『猿喰山疑獄事件』 )と同じく、他の誰
とも似てない個性は素晴らしいなと。
自分が抱いた感覚は萌えとは違うけど、でもちゃんと恋の
話を読んだぞ!という充実感はあります。
何だろう。自分的にこの人の物語って、見る角度によって
全然違って見える、「玉虫色」みたいなイメージ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール