selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





時の羅針盤/CJ Michalski 【花音】


〔2001/9〕

★★★☆☆

未来を見る事が出来る鳥羽一族は、代々強欲な橘財閥
に囲われていた。地下に捕らわれ外の世界を知らない
一族の最後の末裔・鳥羽暁人。そして橘財閥に深い恨
みを抱き復讐の機会を狙う男・高見沢真。二人は宿命
的に出会い、許されない恋に堕ちるが・・・

暁人は未来を見る能力を持つ、鳥羽一族の末裔。暁人の
能力を悪用し、私腹を肥やす橘により、地下に捕らわれ
占いの仕事をさせられているが、困っている人の役に立
つ仕事だと言い聞かされ育ってきたため、疑ったことは
なかった。また暁人に、小さい頃からお世話係として仕
えてくれている黒田は、唯一家族のような存在で、心の
支えでもあった。ある日、橘邸で開かれているパーティ
ーを見てみたいと、部屋からの脱出を試みた暁人は、途
中でパーティーの客である、高見沢という男に出会い、
一目で惹かれてしまう。しかし高見沢は、かつて橘によ
り親の会社が潰され、両親が自殺してしまったことを深
く恨み、復讐の機会を狙っている人物。そして後日占い
にやってきた高見沢によって暁人は外に連れ出してもら
うが・・・

ということで、自分の能力じゃなくて、自分自身を必要
としてくれる高見沢と出会い、外に連れ出してもらって
ラブラブの生活ができるかと思ったら、黒田が心配して
いるからと連絡を入れちゃって、連れ戻されるハメに。
黒田は、橘への忠誠心というより、暁人への愛情から、
また地下に閉じ込めるという選択をしてしまうんですね。

果たして暁人は、高見沢と再び会うことができるのか〜!?
っていう、CJらしい、ドラマチックファンタジックトゥ
ルーラブストーリーw になってまして、とても楽しかっ
たです。

また、この橘というジジイが、本当に憎らしくてキモすぎ
て、非常に良いヒールでした。
暁人のことを愛しながらも、暁人の幸せのために決断する
黒田の気持ちの複雑さや、心優しい暁人の切なさなんかも
しっかり描かれていて、クサいなぁって思いながらも、ちょ
っとジーンときたりして。
CJは、古い作品でも期待を裏切らないな〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ











スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール