selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





僕に恋愛は向いてない/藤本ハルキ 【花音】


〔2009/10/29〕

★★★☆☆

人肌が恋しい喜多見は、暴力男だってそばにいてくれ
たら嬉しかった。でも居酒屋で知り合った店員の君嶋
は「もっと男を見る目を養え」と説教してきた。ノン
ケのくせに自分をまっすぐ見つめてくれる君嶋に今ま
で押し殺してきた気持ち・・・恋してもいいのかな・・・な
んて思いがあふれてしまって・・・

全5編と表題作の描き下ろしが1編。
ゲイの喜多見は、高校時代、下心無しに優しくしてく
れた友人に勘違いで恋をして振られて以来、自分を必
要としてくれるなら誰でもいいと、暴力を振るうよう
な男とばかり付き合ってしまうハメに。そんな喜多見
を叱ってくれたのは、居酒屋の店員でノンケの君嶋。
君嶋に叱咤され、恋を頑張ってみようと思い始める喜
多見だったけど・・・

と、愛されたいばっかりの喜多見が、少し前向きにな
る話・・・で、恋愛未満で終わってます。個人的にはこう
いう終わり方も全然キライじゃないですけど、折角 床
でも尽くしてくれそうな受ちゃんだったので、もう一声
あると良かったのかな。でもいつもとちょっとだけ違っ
た、初恋やり直しみたいなピュアさを漂わせていて、あ
る意味チャレンジでもあったのかなと、心意気も感じま
すので、悪くないかもです。

『ゆく道』は、2年の夏から付き合っている、水泳部の
弘高と典人。卒業間近、水泳の推薦で大学進学で上京が
決定している弘高に、進路を教えてくれない典人、と
二人の気持ちはすれ違うけれど・・・ とやってることは
エロいけど、気持ちはピュアな感じにキュンですね。
腐れ縁、ダイスキだ。

『追い風』は、大学の寮の自由な先輩・牧田と、苦手だ
と思いながらも、何故か近づいてしまう小島。
面白かったけど、牧田の性格がいまいち解りづらいので、
掴みどころのない話だったかなと。

『キミへの気持ち』は、マンションのお隣同士で、幼馴
染の満と恭。一ヵ月半後、親の転勤で、恭が引っ越して
しまうことが決まって・・・ うん、これは萌えた!まず
子供の頃は満の方が小さくて、恭をいつも追いかけべっ
たりだったというところ。それが今では満の方が大きい、
でも中身は変わってないっていう、この幼馴染マンセー
にはただでさえたまらん関係なのに、最後の最後に袖口
を掴んじゃう描写から告白から、声を殺したエッチまで、
非常に好きな流れでした。

『オレがお前でお前がオレで』は、高校時代から俳優目
指していた同級生・敬太郎を居候させている國吉という、
体の関係はあるけど微妙な関係の二人。10年前から、カ
ンヌに國吉を連れて行くと言っているオバカな敬太郎を
今後も生暖かく見守っていくのだろうという、ヘンテコ
な二人だけど、本人達が幸せそうなので、いいのでしょう。

そういうわけで、全体的に青春っぽい感じが多かったで
すかね。ちょっぴりツメが甘いと感じた部分が多かった
ので、いつもよりは薄味のような気はしますが、藤本さん
と同じく、幼馴染もしくは腐れ縁萌えな私には、水泳部
の二人と満&恭の話がすごくツボったので、そういう意味
では満足です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール