selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





セルナンバー8/石原理 【ZERO】

 
〔2007/4/10〕

★★☆☆☆

海上プリズンアルカトラズJr.から脱走したナギとコージ。
凶暴児のナギと知能犯のコージはまるで水と油。全く気が
合わない状態で、互いの感情を共有しあう脱走防止用
“神経錠”で繋がれたまま逃走開始。彼らは、最高の人工
知能「最」を作る為の実験材料だったのだ・・・!そんな極限
状態に置かれた二人に、いつしか本当の絆が芽生え始め
・・・!? 活性細胞「セル8」を中心に、二人の生死をかけた
時間が動き始める・・・!!

2000年にビブロスから1巻だけ出てストップしていたもの
を7年越しで1冊に仕上げたコンプリート版になります。
脳死の状態で、 最高の人工知能「最」を作る為に再生され
たナギと、神経錠で繋がれたまま一緒に脱走したコージ。
反発しあう二人だったが、やがて神経の同化とともに、心に
も変化が始まる。しかしこの逃走劇は、人工知能の能力を
高めるための、組織の罠で・・・ 
みたいな少年漫画のような話です。

ので、満足度としてはこんな感じですが、ナギがコージの
ために動く姿には、結構ウルウルしてしまったりして。そう
いう心理的な面では好きだったんですが、この手の近未来
な話って設定が難しいので、やっぱり結構な部分で読み取
れていなかったりと、なかなか馴染めなくてですね・・・
多分、少年漫画を読みなれている人とかには、面白いので
はないでしょうか。そんな感じです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール