selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ココロサワイデ/宮越和草 【ダイヤモンド】


〔2009/5/21〕

★★★☆☆

抱かれてたまるか 下克上LOVE炸裂!!!!

裕福な家に生まれ、放蕩三昧の生活をおくっていた晴之だが、
書生としてやってきた5つ年下の孝輔にひとめ惚れ!
生活態度も改め、せっせと口説いてようやく結ばれる・・・・・・
そのとき、孝輔から飛び出した意外な言葉は!?
愛はその一線を越えられるのか?

男女かまわず食い放題の金持ちの次男坊・晴之が、ある日叔父
の連れてきた書生の孝輔に一目惚れ。立場の違いから遠慮気味
な孝輔をやっとのことで口説いて、さぁいざ!という時に孝輔
から発せられたのは「私は貴方を抱きたいのです」という、思
いも寄らぬ言葉。当然自分が抱く立場だと思っていた晴之が、
それを簡単に受け入れられるはずもなく・・・

という、抱く抱かれるの攻防です(笑) 自分の方が年上だし、
ご主人様だしという立場のことも、これまでの恋愛もどき体験
から言っても、自分から積極的に口説き落とした事実から言っ
ても、当然抱く立場だと思っていた晴之の、ちょっとバカっぽ
い葛藤がコミカルに描かれていて楽しかったです。

そして中盤で、プライドより孝輔を愛しいと思う気持ちの方が
勝った晴之の一大決心(笑)により、見事ご開通なわけですが、
今度はそうなっても、何か拒んでしまって・・・みたいな、また
葛藤があるわけで、往生際の悪い!(笑)
晴之の言動がいちいち面白いので楽しかったのですが、正直
孝輔の方にあんまり魅力を感じなかったかな・・・とは思ったので
すが。でも最後らへんで帰省から帰ってきた笑顔を見たら、あぁ
なんか攻っぽくなってるwって思えて、結構好きになれたような
気がします。何にせよ、最後には晴之の成長も見れたし、楽しい
シリーズでした。

それから短編『幸せの余韻』は、田舎の高校の同級生で、怯え
ながら付き合っていた恋人同士が、大学進学を機に東京に出て
きて・・・という話なんですが、これがラブラブで非常に萌えまし
た。生真面目な攻と、そんな攻にツボっちゃうお茶目な受と、
どちらも性格良さそうでほっこりです。

というわけで、だいぶ変な髪形も直ってきましたね(笑)
実は絵で敬遠しがちなタイプだったりするんですが、
『高瀬邸恋事変』『レイン・リフレイン』もそうだったように、
読んでみると思った以上に心理描写がしっかりしていて、笑わ
せてくれる部分もあって、構成が上手いので、結果的には好き
だったりするんですよね。楽しかったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール