selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





エディドヤ/歩田川和果 【HUG】


〔2009/4〕

★★★☆☆

野瀬が住むアパートの隣の部屋に越してきた篠田という男。
篠田は親から莫大な遺産を引き継ぎ、毎日同じ絵ばかりを
描いて暮らしていた。彼は、自分の絵を「旧約聖書に登場
する女、バテシバの絵」だという。(バテシバとは旧約聖書
の英雄、ダビデに姦淫されてしまう女)しかし、目の前にあ
るのは、延々と続く風景画があるのみ・・・・・・。男が見るこの
風景の意味とは・・・・・・?野瀬が感じるこの気持ちは、篠田へ
の愛なのか・・・・・・!?

表題作シリーズ『バテシバ』『羊』『エディドヤ』の3作は、
聖書が用いられてたりするので、その辺の知識が全くない者
としては、若干辛いものがありましたが、話そのものは、味
があって面白かったです。お隣の篠田さんと上手くいく野瀬
くん、ってな、普通の恋愛モノと違って、結局篠田さんの恋
をアシストしたという、ちょっと変わった視点になっていて、
先が読めなかったので楽しかった。どんなに想っても近づけ
ないなら、いっそのこと背中を押してしまおう、という、前
向きな別れが心地良い、不思議なエンディングでした。けど
やっぱり文学的すぎて、あんま理解できてない部分もあるま
まなんですけどね(笑)

そんな私には『アブサロムの沈黙』の幼なじみラブがちょうど
良かったようで、これは終始心臓がムギュってなってましたね。
まるで自分が恋をしているかのような焦りや期待が感じられ、
寸止め感がなかなか好きな作品でした。

『二十三時』もこれまたアシスト役がいて、過去の恋愛を断ち
切れないコの背中を押してやるという、ちょっと変わった志向
の話。表題作もそんな感じで、セオリーどおりに、攻×受デキ
ちゃうというだけでなく、そこに色んな人が絡んでくるという
のは、現実の恋の流れとしてはごく自然ではあるけれど、BLで
ここまで脇が出張ってるのってあんまないし、読んでる方も
余計な期待を持たせられるから、多分出張りすぎな脇って敬遠
されがちだと思うんだけど、この方のってそうじゃないと成り
立たない話になってるし、雰囲気でも許せるトコまで持ってい
ってくれてる感じがする。正直、もっと背景を知りたいとは思
うんですけど、何かアリですね。(って、何言ってんだか?ハハハ)

全体的にわかり難い男が多いし、聖書の引用が理解できず、
100%味わえたかって言われたらnoなんですけど、まぁ満足
って感じです。雰囲気勝ちだな〜。不思議な貫禄がある。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール