selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





恋っていうのは/タクミユウ 【GUSH】


〔2009/4/10〕

★★★☆☆

祐仁(ゆうじん)と千洋は、写真家と写真集の担当編集者
として出会った。世界を飛び回り「道」を撮り続ける彷徨
の写真家・祐仁に千洋は魅かれ、駆け引きのようなやりと
りが続いたある日、祐仁が千洋をベッドに誘った。
応じた千洋は祐仁を抱き、その日から・・・・・・恋に落ちた。
彼に話しかける人、触れる人、仕事にさえ嫉妬する。
激しい思いをセックスでしか表現できず、言うことといえば
かつて面倒だと思った「女」みたいなセリフばかり・・・。
そんな自分に千洋が愕然とする中、祐仁はカメラを持って
飛び立ってしまい・・・。

毎回、「私より仕事が大事なのね」 なんていうセリフを吐か
れて終わってしまう恋ばかりだった千洋は、彼女達の気持ち
なんて、一生わからない・・・なんて思っていた。だが仕事で
出会って一目で惹かれた、奔放な写真家・祐仁と体を重ね、
恋人として過ごすうちに、自分の中にみっともないほどの
独占欲が存在することに気付く・・・

何かですね、独占欲丸出しの攻と、おちょくってる訳でも
ないんだけどするりとかわしてしまう受が、延々と続きます。
攻側の執着は、本当に痛いくらい、まじでウザっ!と思える
くらい描かれているんですが、な〜んか受の方が天然すぎて、
読んでるこっちまで、段々張り合いがなくなってくるんです
よねぇ。

ポイントポイントで、ドキッとさせてくれるような部分は
あるんだけど、話が意外と単調で、正直ここまで引っ張る
必要はあるのか?って感じがしちゃいました。似たもの同士
という割には、そんなに共通点もなく。
でも受×受っぽさを狙ったのなら、ある程度成功しているのかも。

まぁそんな感じで、ぐだぐだ言っちゃいましたが、嫌いな
わけではないです。いちゃいちゃしてるようなシーンは、
微笑ましくて好きだし。おかしいな〜、普段は嫉妬、大好物
なのに。それも度が過ぎると、やっぱりウザいってことなん
ですね。受の、わからんちん具合もイラッだったし。
放置してたくせに、やっぱ妬いてんじゃん!くらいの攻防が
ちょうどいいのかな。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール