selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





クロニック・ラブ 〜追憶〜/宗真仁子 【ショコラ】


〔2009/2/23〕

★★★☆☆

急逝した父の後を継いだアルフォンス・ヴァーニィ伯爵は
莫大な借金返済のために屋敷を売り出す。名乗り出たのは
実業家リチャード・ターナー、寄宿学校時代の同級生だった。
自分を嫌っていたはずの男の思いも寄らない申し出に反発
を隠せないアルフォンスだったが、実は秘めた想いがあって・・・。
英国社交界を舞台に送るクラシカル・ラブロマンス集。

あらすじの表題作カプの他に、出るわ出るわ、英国フォモ
カップル(笑)最終的には4組になりました。や〜華やか
で面白かった。

『戯れに愛して』はプレイボーイ・ローレンス×メガネを
外したら美人な秘書・フラン。先ほどのリチャードがローレ
ンスの友人として登場。アルフォンスへの愛を語り、ローレ
ンスを開眼させてます。

『真夜中の秘め事』寄宿舎同室の二人、エド×ライアン。
エドはリチャードの弟で、ライアンの兄で亡くなったオスカー
に憧れ続けていた。そんなエドをずっと好きなライアン。
ライアンを他に取られそうになり焦りを感じ始めて、初めて
自分の想いに気付くという定番。だけど面白い。

『可愛いうそつき』はアンディ×酒場で女装して稼いでいる
庶民のイアン。アンディがいい感じに変わった人で、行動が
面白かった。

『光の行方』は亡くなったオスカーへの想いに10年近く囚わ
れたままのスティーブン×絵描きのエリアス。

巻末に描き下ろしの『恋人たちの宴』が収録されていて、ここ
で8人全員集合です。それぞれ個性があるなとは思ってました
けど、攻が全員貴族のイケメン、受がカワイコちゃん、な4組
なので、一堂に集まるとなかなかの濃さ。個人的にあまり得意な
ジャンルじゃないけど、全く問題なく楽しかったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール