selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





リアル1/2、うつしみの手/明治カナ子 【光彩】

 
〔2002/11/25、2004/2/29〕

★★★☆☆

潔癖症の市川陸は、性欲に罪悪感を持っていて、兄・潮の
手を借りてしか自分を慰めることができない。午睡のさなか、
「夢」だと信じて、潮に欲望解消の手助けを求めるが、陸は
その間のことを憶えてはいない。
「俺の身体を使った自慰なだけだ」弟との淫蕩な遊びを覚醒
したまま続けている潮は、そう思いながらも、夢と現実のギ
ャップを未消化なまま、持て余していた。それを緩和するた
めに潮は、大学の先輩・谷口とのハードな情事に耽る。
そんな時、谷口がある事情で市川家にしばらく滞在すること
になり、陸は、兄と谷口の関係を薄々感じ取ってしまう。
「いつか、この家を出て二人で暮らそう」兄との約束を唯一
の心の支えにしていた陸は、「現実」では、谷口に敵愾心を
燃やすようになるが・・・・・・「夢」の中の陸は、「弟も混ざる?」
と誘われるまま、谷口とも寝てしまう。そんな陸に、潮は「一
緒に暮らすっていう約束は、無しだ」と告げてしまう・・・・・・。

異常に潔癖症な母親のせいで、潔癖になってしまった中学生
の陸は、性に対する嫌悪感から、自慰することができない。
夕方に学校から帰ってきて昼寝をし、その間に大学生の兄・
シオの部屋に彼を求めに行くが、本人は夢の中の出来事だと
思っている。普段は澄ましているくせに、その時だけは淫乱
になる陸の行動に、深い意味などないことが憎らしくもあり、
しかし愛しくて・・・

で、感想を書きたいんですけど、超難しい。変な母親がいて、
閉ざされた空間の中にいて、半分夢に逃げてる二人が、やが
て一緒に現実に飛び出そうとする、前向きな話。なんだけど、
まぁそこまでの描写が、エロいし、もどかしいし、痛々しいしと、
その場の感覚が色々で、結局、痛気持ちぃ、みたいな。
とにかく、陸が可愛くて可哀想なとこがたまんないですね。
彼の表情や動きのひとつひとつから目が離せなくて、決して
綺麗な絵とは思わないんですけど、非常に惹きつけられる絵を
描かれる方です。
義兄弟ではなくて、ガチで兄弟なので禁忌なはずなのに、全く
やな感じはせず、むしろ中盤の谷口登場で、二人のバランスが
崩れてしまわないかと、気が気でなかったですよ。説明するの
は難しいけど、他ではちょっと見れない、独特の世界観で、
面白かったです。

勿論表題作は面白かったんですけど、『うつしみの手』に収録
の『帰る男』には、やられましたね。号泣です。
ドSな彼にやられまくりでもヘラヘラ・・・と、普通にエロい話
だなぁと思ってて、美木さん疲れてるけど彼が帰ってきたから、
あ〜旅行でも行ってて美木さん寂しかったのね・・・なんて思って
いたら・・・  全部読んで、もう一度読み返してみて、「なんで
予定通りに行動しなかったんだ」って言葉がグサーッときまし
て、暫く頭から離れなかったですね。構成が素晴らしすぎます。
他の作品も間の取り方が絶妙だし、古い作品も読んでみたいと
思いました。

あ〜陸、なんて可愛いんだろう。「潔癖症」がこんな最大限に
生かされてるキャラって、多分居ないんじゃないだろうか。
是非、陸が成長し、恐らく攻になるであろう未来を見てみたい
ものです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール