selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





デイドリーム/内田一菜 【バンブー】


〔2002/10/26〕

★★★☆☆

槻並署巡査・手塚紘生と高校生の洵は7年前に両親を亡くし、
今や兄と弟の二人暮らし。当然、兄の紘生は弟が一人前になる
まで物心両面で養い支える保護者たる任を負っているわけだが、
とんでもないことにこの男、自分の弟に対して神をも恐れぬ
激しい劣情を抱き、法の番人たる己の使命もそっちのけ・・・
日夜、可愛い洵をいつかモノにしてやろうと画策する外道兄ち
ゃんなのであった・・・!!

という、ブラコン通り越して欲望丸出しな兄と、何かと事件
に巻き込まれ、毎回犯人にヤられてしまう弟の話が『デイドリ
ーム』と『ホットスポット』の2話。
かなり奔放系な作風ですよね。一棒一穴推奨な自分には、ち
ょっぴりハードな展開なんですけど、ヤられた方がケロッと
しているので、深く考えずに気楽に読んじゃった方がいいみた
いですね。

教授と不倫関係にあった大学生が、未練を断ち切るため、
貰った手切れ金を全部使い果たそうと1人でツアーに参加
したら、ガン黒イケメン添乗員さんに堕とされちゃう『ど
こまでも行こう!』は、アバンチュールなノリが楽しい。

辛い過去ありのDJとベストセラー作家の『ピロートーク』
は、序盤やや辛い展開だけど、オチがいいので読後感は良い。
途中でコロッと忘れていたけど、年下攻(作家・3コ下)だ
った。

『イジメテミタイ』は漫画の編集者と、大先生のとこでアシ
をしている新人漫画家。またちょっとハードな展開。
何か、全体的に受側の意思を無視でヤっちゃうという傾向が
強いので、読むタイミングによっては嫌悪感が湧いてきそう
な気もしますけど、今日の気分的には大丈夫だった。
ま、欲望に忠実でちょっとハードな傾向は、むしろBLファ
ンタジーなのかなって感じはしますよね。そんな簡単にお仲
間がいるわけない、ってね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール