selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





スマない!!マスミくん/樹要 【花音】


〔2008/10/29〕

★★★☆☆

僕を貰っていただけませんか?

「お義父さんと呼ばせてください」 若く誠実な担当編集
者・真清に突然告白をされたのは、小説家の白石章太郎。
男手ひとつで大事に育てた娘と結婚するという。ショック
を隠しきれない章太郎に追い討ちをかけるように、結婚式
直前、娘が失踪した! 「すまない!!真清くん!!」
婿になるはずだった真清とひとつ屋根の下に暮らすことに
なった章太郎は・・・!?

作者さんの「あとがき」が「始末書」になっているのは
一目瞭然。何を血迷ったのか、主役が枯れオヤジだから〜。
びっくりしましたけど、何か可愛らしいから、アリ。
相変わらず綺麗な絵だ。

妻に出て行かれ、男手一つで娘を育ててきた章太郎さん。
娘・利早(りさき)の21歳の誕生日の日、常日頃から出入
りしている自分の担当編集者の真清くんに、娘さんと結婚
したいと言われちゃいます。大事に育ててきた娘の突然の
結婚に戸惑う章太郎さんだけど、真清は申し分の無いほど
理想のお婿さん。そんなわけで急に空きの出た遠くの結婚
式場で、三人だけで式をあげようと出掛けるんだけど、
なぜか利早は姿を消して・・・

あーそうだ。もう一つ驚いたことに・・・ ビアンも出てきた
ことかな。まぁ露骨な描写とかないんでアレですけど、
これはいいのか?個人的には好きくないなぁ。

雰囲気よくて、真清の子供時代とかちょっとホロッときた
りして、結構好きでした。けど、何か無理やりエロ方面に
持っていかなくたっていいのにな、という、定番なエロへ
の流れがちょっとね。もっと二人の繋がりが強くなるよう
なエピソードがあったらな。
まぁでも、優しい気持ちになれるような、穏やか&ちょっ
ぴりドキドキな生活は良かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。











スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール