selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





独裁者グラナダ/杉本亜未 【Chara】


〔2005/2/25〕

★★☆☆☆

映像情報誌の編集者・中田は、巷で話題のクレイアニ
メーション「独裁者グラナダ」に感動する。だが、そ
の作者で新進映像作家の鳴瀬邦彦は、人を人とも思わ
ないような、傲慢な男だった!!取材を任され、否応
なく行動を共にする中田。次第に、鳴瀬の身勝手な言
動の裏にある信念に惹かれてゆくが・・・。

何気に検索してみたら、どこに行っても大絶賛のこの
作品。・・・ん〜、自分が浅いだけなのかなぁ。
鳴瀬の作ったクレイアニメ「独裁者グラナダ」に感動
したものの、鳴瀬の暴力的で野心的な本当の姿を目撃
してしまった中田。
作品に惚れてしまったが、本人は苦手。だけど作品に
はその人の魂が入っているもので、作品に惚れたよう
に彼自身にも惹かれていき・・・という感じですけど、
BLというより人間愛的な感じ?

文学的思考を持った人にマッチするのかもしれない
ですけど、あまりこねくり回せない単純脳な自分には
重すぎて辛かったです。こんなサイコな人の気持ちも
よくわからないし。
同時収録の『Birthday』の方がまだいけるかな。と、
言っても、淡々としてるなぁとか思っちゃってます
けどね。ラストの動物園からはウルッときました。
けどまぁ、9割がた読んで無くても、人が死ぬという
場面だけで泣けちゃう涙腺ゆるゆるの自分ですけど。
だから何なんだ、という結論を明確に求めない人に
は合うんでしょうねぇ。人生の1ページを通りすがり
に覗いちゃった的な。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。






スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール