selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





隅田川心中/たうみまゆ 【マーブル】


〔2008/9/19〕

★★★☆☆

生まれた時は違っても、死ぬ時は一緒

え〜毎度ばかばかしい噺ではございますが
とある不良グループに熊田と大川という男がおりまして、
この熊田、元落語家という経歴を持つ、飄々と掴みどこ
ろのない奴で、方や大川は、まるで日本語の通じない非
常に頭の悪いヘタレでございます。
この二人が自分達の「居場所」を求め、人生だの恋だの
と傍迷惑に繰り広げる可笑しくもジンとする、そんな一
席でございます。

表題作シリーズは、熊田の頭の良さと、大川のとんでも
なくアホな具合が楽しかったです。けど、結構ギリギリ
BL、みたいな。結んだ髪、ヒゲ、着物という面では萌え
でしたけど、話としては特にクルものもなく。

『あかぎくのうた』はそんな終わりなんだね。昭和な雰
囲気は好きでしたけどね。小説家萌えだし、着物萌えだし。
『赤と青』は兄弟モノ。兄のボケっぷりはとんでもなく
キュートでした。コネタが効いてて結構好き。
『なでしこGALAXY』は、アイドルと、彼を追いかけるた
めに女になりすまし女優になった同級生。楽しくて、ノリ
ノリな感じはするんだけど、彼を好きで追いかけてきた
はずなのに、妙にツンな意味がいまいちわからなかった。

絵はこの感じは、本当に最近多いですね。でも端々まで
しっかり遊んでるのが、可愛くって好きです。結構クス
クス笑ってました。けどまぁ、話自体は自分の萌えとは
一致しなかったようで。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール