selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





恋は舞い降りた/あじみね朔生 【ショコラ】


〔2008/8/25〕

★★★☆☆

この恋は定められていた。

生まれながら白氏の嫡男・玲音の許婚と定められていた黒氏
の末子・火苑。玲音の成人とともに執り行われる婚儀のため
白氏の館を訪れるが、初めて顔を合わせた玲音は昔見た肖像
画の中の少年ではなく、自身に満ちた大人の男になっていた。
そして「男同士の結婚など気に食わないのはお互い様だ」と
傲慢に言い放ち・・・。


作者さん曰く「エセ中華」なだけあって、人物名とか雰囲気
は中華ですけど、話はとってもわかりやすいです。
表題作『恋は舞い降りた』があらすじの、玲音×火苑。この
話、偉ぶってると思いきや、たまに年下男らしい可愛い表情
を見せる玲音にときめいちゃいました。鳥乗せてる姿が。

『東方華伝』は純粋無垢な蓮珠がえっらい可愛い。後日談の
桂木が振り回されてるとこも面白かったです。
『恋のはなし』は祇夷×紫苑の主従関係大人ラブ。
『楽園の瑕』那智×蘇芳はシリアス系で、愛と復讐って感じ?

ワタシ的には完全シリアスよりも、ちょっとキュートな感じ
な前半2シリーズが好きだったかな。蓮珠の表情が可愛いよぉ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール