selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





Voice or Noise/円陣闇丸 【Chara】

 
〔2003/6、2004/11/25〕

★★★☆☆

〔1巻〕
愛犬フラッピーが凶暴化した!? 獣医の紹介で振一郎が
訪れたのは、大学助教授・成澤のもと。 彼はなんと、動
物のコトバがわかるのだ。 成澤と話したフラッピーが、
おとなしい犬に戻るのを見て、振一郎は大コーフン!!
成澤の無愛想な反応にもめげず、弟子入りしたいと言い
出して・・・!?

〔2巻〕
アフトが喋れなくなって半年・・・。最近成澤はスキンシッ
プが過剰気味。困惑しつつ振一郎はその手に少しずつ慣れ
てきた。そんな時、夢の中でアフトに暴言を吐いてしまっ
た振一郎は、衝動的に出張中の成澤の元を訪れる。その夜、
酔った成澤に「俺に会いに来たんだろ」と触れられた振一
郎は、やっと恋を自覚して・・・!?


最初は動物としゃべれる云々から始まって、助教授と中学
生だし、ぜーんぜん興味のない話で、何したいのか理解する
のがめんどい・・・とか思ってましたけど。
2巻の初めが成澤のスキンシップから始まったとこから、
あれ?何か1巻と印象違う?と思いはじめ、中盤、振一郎が
出張中の成澤に会いにいったという、まさに彼が恋を自覚し
始めたころから、やっといい方向に向かっているなと。だか
ら個人的には1巻はどうでもいい(笑)

はっきり言って、この作品が何を言いたいのか、ほんとのとこ
良く解ってないまま読んでると思うんですけど。アフトの声が
聞こえなくなったあたりとかさっぱり事情飲み込めないし、第
一ネコなんだから、そのまま聞こえなくてもいいじゃん、とか
思っちゃったり。かと言って事情を理解するために、もう一回
読み直すのも面倒くさい。

だから振一郎が今後、動物と喋れるようになろうが、そんな
ことはどうでもよくて、このまま二人の恋バナでいいではな
いかとか思っちゃってます。ここまでたっぷり動物と絡んで
なければ、も少し素直な気持ちで読めたかな。ラブ描写には
結構ドキドキさせられたので。2巻ラストの振一郎の成長ぶり
を見ちゃったから、確実に恋愛色強めで来るであろう3巻は
読んだ方がいいんだろうな〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 





スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール