selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





リヒテンシュタイン博士の華麗なる日常/真行寺ツミコ 【ディアプラス】


〔2010/6/30〕

★★★☆☆

世界的バイオテクノロジー企業の社長にして天才的頭脳を
持つリヒテンシュタイン博士は極度の世間知らず。有能な
助手のシュミーア君は、そんな博士を尊敬しつつもドS気
質をくすぐられ、度々Hないたずらを繰り返している。だ
が天然でドMな博士は、相手がシュミーア君であるとなか
なか気付かないのだった・・・・・・。

いや〜笑いました。見事にアホでエロです。
先日の『エンドオブザワールド』も天才教授の話でしたが、
今回は博士。確かにどちらも「天才で天然」のオッサンな
んですが、そちらの少々切なくファンタジックな内容とは
真逆の造りで、これはもう、笑いとエロばっかの開き直り
っぷりが非常に楽しかったです。ある意味ファンタジーで
すね。

帯、こんな↓だし〜w 中にもそのコマがあるんですが、
ドア入ったらいきなりこの姿勢で診察を待ってるんです
よね。手書きの「プリーン」がよりぷりん感を出してい
て、可愛いv オッサンだけどw






並外れたIQを持つリヒテンシュタイン博士は、生粋のお坊
ちゃま。ゆえに世間知らずのまま中年になってしまい、庶
民の生活に尋常でない憧れを持っている。性格はとんでも
なく天然で、人を疑うことを知らない素直な人。そんな博
士に付け入って、まんまと美味しいところをいただいちゃ
うのが、助手のシュミーア。自分の仕掛けた罠に驚くほど
素直にハマってくれ、相手が誰かも気付いていないドMな
博士に、ドS心がメラメラと・・・


『〜の華麗なる野望に関するレポート。』
庶民生活に憧れる博士が初めて一人で電車に乗ったら痴漢
に遭っちゃう話。痴漢されてるその場で、痴漢から動画が
送られてくるとかw シュミーア君、黒いよw

『〜の憂鬱なる問診に関するレポート。』
痴漢の一件より肛門が痛む博士が、医務室を訪れるも、ド
クターにまさかそんな使い方をしたとは言えず。しかしよ
うやく診察を受ける決意をした博士を実際に診察し始めた
のは、ドクターに成りすましたシュミーアで・・・
メガネを外してたので、ド近眼の博士はすっかりドクター
だと信じて、言われるがままに・・・ エッロ〜w

『〜の暗躍する陰謀に関するレポート。』
スパイ映画に影響されてスパイブームな博士と、一泊の出
張に行くことになったシュミーア。出発前に博士を一人に
したところに、背後からあたかもスパイのように近づき、
トイレに連れ込み「これにはマイクロチップが入っている
英国まで運んでもらう」と、任務と称してローターを挿入・・・
っていうw 博士も自分がスパイじゃないのに、興味があ
ってついスパイのフリしちゃったもんで、今更嫌とは言え
ず、されるがまま〜w
庶民なエコノミーに乗りたかったのに、防犯上NGで残念
そうな博士も可笑しかったです。

『〜の魅惑の無人島漂流に関するレポート。』(前後編)
専用機で移動中に、博士の無人島で漂流ゴッコに付き合わ
されることになってしまったシュミーア。幻覚キノコに
より、触手に襲われる夢(?)を見た博士w
博士の白ブリが、めっちゃ面白かったwww

『〜の超常現象における科学的視点に関するレポート。』
『〜の親愛なる有能な助手に関するレポート。』
家に出るオバケが怖いからと、勝手に社に侵入して残業を
していた博士を、シュミーアが自宅に連れ帰る話。
ユニットバスで、シュミーアが入浴中に尿意をもよおした
博士。必死に我慢するが・・・w
最後はやっと博士がシュミーアへの想いを自覚してめでた
しめでたし? いや、この先もずっとこんな感じで、博士
をいじって楽しむんでしょうね〜。ニヤニヤ

あ〜楽しかった♪


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







エンド オブ ザ ワールド/真行寺ツミコ 【GUSH】


〔2010/6/10〕

★★★☆☆

天才数学者の姉川には、常人とは違う世界が見えている。
それは天才すぎた彼の、幼い頃からの現実逃避の方法。
コミュニケーション不全のまま大人になってしまった姉
川に、興味を持って近づいてきたのは教え子の友坂。
人を怖がり小動物のように怯える姉川の手に、友坂は優
しく触れる。その目が言った。 ・・・逃げないで、可愛い
ひと。俺はあなたが好きなんです。

『エンド オブ ザ ワールド』『いたいけ。』『ソウル
トゥ スクイーズ』の3話。
天才すぎて人とちょっと違うため、奇異な目で見られる
のが怖くて現実逃避してしまう、天才数学者の姉川教授
が、ただ一人、良く話かけてくれる生徒の友坂だけは、
他の人と違うように感じていて、やがて友坂に愛される
ことで、その世界が変わっていく・・・という話。

ファンタジックな心理描写があったりして、かなり独特
の味があり、そんなに得意な感じでは無いんですが、何
故かキュンときちゃうのは、やっぱり姉川のピュアな部
分に因るでしょうね。子供がそのまま歳とっちゃっただ
けのような、決してオッサン萌えでは無い自分でも、カ
ワイイ〜vと思ってしまうキャラがお見事でした。
あと、姉川が12歳でアメリカに留学した当時の総一郎と
の話も良かったし、何か結構、気付いたらジワ〜っと感
動させられてたという。
年下が心からオッサンを「可愛い人」だと思っていると
いう構図に、非常に癒されました。


『ストーミー マンディー』は、ネットの出前サイトで見
つけたお惣菜屋さんにお弁当を頼んだら、届けに来たのは
無愛想な大男。態度は気に入らないが、懐かしい家庭の味
は気に入り、初めて感想を書き込んだら、次の注文時に、
その大男がコメントのお礼を言って、オマケを恥ずかし
そうに置いていき、次第に彼と会うのが楽しみになって
いく・・・という、気持ちのザワザワ感が何とも微笑ましい
話。何となく、え〜こんな普通の話も描けるんだ〜って
いう、新鮮な感覚でした。

『ウィンクテ』は、密林に潜むゲリラのアジトを調査して
いた中尉と部下・ソニーが、謎の部族民に捕らえられ、中
尉だけが、日に二度ほど射精させられるという儀式のよう
なものを受けるハメに。その姿に欲情を覚えるソニーだっ
たけど・・・ 最後はこれは夢だったのか?という、ちょっと
不思議テイストな話。部下の目の前で辱めを受ける中尉を
楽しむ話かと。

『課外授業』は、皇子に自慰を教えてくれと言われ、しぶ
しぶお教えする将軍。子供にいいようにされるオッサンを
楽しむ話ですね。

というわけで、今まで読んだ真行寺さんの中で、一番読み
やすい1冊だったと思います。後半、また独自の変わった
設定の話になり、黒っぽさが増していった感じはあります
が、そこまでとっつき難い設定でも無かったので、サラリ
と読めました。今回は特に表題シリーズが、この方の何か
違う一面を見れたようで楽しかったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







あの子にタッチ/真行寺罪子 【GUSHmania】

 
〔2005/5/10〕

 ★★★☆☆

聖サファイア学園の人気を二分する二人のプリンス。
品行方正な美貌の生徒会長・清藤里海と、大手ゼネコン
御曹司で「夜の帝王」の異名をとる不良・下田珠希。
近頃Hが不振でイケなくなってしまった清藤。「一度寝た
ら離れられない」テクと噂の下田に治療がてら抱いてもら
おうと生徒会室に呼び出す。ここに相まみえる学園二大
プリンス、テクニック対決の行方は・・・?

オバカなコメディの表題作は、淫乱会長と不良受(しかも
チェリー)の楽しい話。
あとは耳かき職人とホームステイの外国人、この作家さん
のオハコ的な外国が舞台のインチキ神父の話、ドジな忍者
、死神×大きな外国人・・・ と色んな種類で個性のある話が
入っていて、面白かったです。

と、まぁ普通に楽しいな〜くらいの感覚で読んでたら、最後
にすごいトドメを刺されてしまいました。
幼なじみが実はロボットだったという、超切ない話『未来は
僕等の手の中』。 私はコレ、出だしの子供時代の二人を
見たときから何かこみ上げてくるものがあり、終始ウルウル
が収まりませんでした。 24Pという、それほど長くない話だ
からこそ、無償の愛が凝縮されていたのかなと思います。
毒っぽいイメージの作家さんから、まさかの純愛。絶品です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。





↓ なんとな〜くランキング参加中 
 良かったら押してやってくださいヾ(´▽`;)ゝ


   にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村


イディット

イディット

¥5,229(税込)

スタイルックアンイーブンスキントリートメントクリーム

スタイルックアンイ…

¥3,990(税込)






ミルクのお値段/真行寺ツミコ 【GUSHmania】


〔2008/8/9〕

★★☆☆☆

「地図にない村」へ村医としてやってきたノイマン。
この村には乳産業を営む人々が暮らしていた。
彼らは牛のような耳や角を持ち、男女ともに乳首から
乳が出る・・・らしい。
そんな村人の中でただ一人、思春期を過ぎても乳の出
ない少年・ビビを診察することになったノイマンは、
ビビの乳を出すために様々な方法を試みるが・・・?

毎度怪しい系な話の多い作家さんですが、今作は可愛い
系の話に変えてきたか?と思いましたが・・・んー・・・
表題作はいきなり暗い医者から始まる割には、どうでも
いい感じに進んじゃうほのぼの系。あとは中東皇子と
SPに、何かよくわからん外人カプに、魔法使いと猫科
の植物とか、幽霊(?)とか、もうかなり苦手分野連発
にビックリです。かなり好き嫌いが分かれそう。異色。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





図書室のお兄さん/真行寺ツミコ 【GUSHmania】


〔2006/11/10〕

★★☆☆☆

さて、このタイトルと、怪しい表紙です。中身はどんな
でしょう。ズバリ・・・淫靡。
憧れていた司書のお兄さんが男の人としているのを見て
しまった少年が、それを見て欲情し、自慰しているところ
をお兄さんに見つかってしまい、抗えず・・・という、エロ。
でシリアスなのかと思ったら、最後らへんにギャグなタッチ
が出てきてちょっとつかめず。

それ以降、これはBLなのか。良くわからなくなってきた。
実は、アンドロイドと恋に落ちる『ホワットエヴァー』は、
主役の画家の魅力で、すごく面白かったんだけど。これで
萌えるかっつうと、それは無い。ということで、かなり
読み手を選ぶタイプのBLかな。

その『ホワットエヴァー』でのアサガオのシーンは、すごく
好きだった。あと掃除機にすがりつくシーンも。
どうやら基本ノリがアメリカンらしく、セリフもちょっと
ウィットに富んでて、漫画としては面白いんだけどね。
普通の青年誌の読んでるみたいだったかな。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール