selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





くらやみにストロボ/ハヤカワノジコ 【マーブル】


〔2013/11/30〕


★★★☆☆

高校生の新と正太朗。幼なじみの2人だが、長い間、新は正太
朗への想いを隠して過ごしていた。これまでも、そしてこれか
らも言うつもりのない「好き」という言葉。しかしある時、正
太朗から思いもよらぬ告白を受け・・・・・・。幼なじみから恋人へ、
変化する関係を繊細かつ濃密に綴るきらきらラブストーリー。
2人の友人である澤山&長谷のビミョーな関係を描いた番外編
も収録!

3冊目のコミックス。
人気のある男子の写真を撮っては、女子に買ってもらうという
プチ商売をしている写真部の新が、女子に人気があってしょっ
ちゅう告白されるようになったバスケ部の幼馴染・正太朗のこ
とを、商売を言い訳に写真に撮り続けているけれど、実は正太
朗のことが好きで・・・という片想いの話から、今度は両想いと
判ったものの、周りにバレることなどを恐れる新がグルグル・・・
というような話。

土台はとてもベーシックですが、まぁとにかくピュア可愛いv
ちょっぴりオネガな新の恋心は勿論のこと、新の前ではヘタレ
な正太朗からも本当に新のことが好きなんだなというのが伝わっ
てきて、その真っ直ぐな揺るがない想いが、上手く新を引っ張っ
ていってくれているのが端々から感じ取れて、微笑ましいったら
なかったです。じりじりじれったいんだけど、これが二人のペー
スなんですよね〜。
大人になればちゃちゃっとやり過ごせることも全力で悩んじゃっ
て、相手の気持ちが変わってしまうことに不安を感じたり、たか
が手を繋ぐということにさえ色んな問題を絡めまた不安になって
と、この年頃だからこその視野の狭さが愛おしかったです。いや
久々に、イイ青春BLを読んだv

あと、正太朗のバスケ部の友人で若干ホモフォビアというか二人
の関係を素直には受け入れられなかった澤山と、新と同じクラス
の長谷の話『空せ視に灯り』が1話。
澤山はプリプリしてるし、嫌われていると判っていてぐいぐい行
っちゃう長谷はあざといし、どちらも決して好きなキャラではな
いんですが、何か気になっちゃうというw 続きもあるんでしょう
かね。

ベーシックなテーマを、独特の表現力で雰囲気マンガ一歩手前の
ところでドラマチックに展開させてあって、すごくいい塩梅でした。
恒例の、間に入る4コマのアホさも好きw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







夜空のすみっこで、/ハヤカワノジコ 【HertZ】


〔2013/7/19〕


★★★☆☆

あの時、僕は星の形をした鍵で、消せない暗闇を閉じこめたんだ・・・
小学校の教師である星野には、高校時代、憧れていた人がいた。
同じ天文学同好会にいた、ひとつ上の須藤先輩。その先輩と再
会したのは、高校卒業から11年が経った後だった。生徒の保護
者として星野の前に現れた須藤は、星野に告げる。「おまえと
はもう二度と会いたくなかったんだ」と・・・・・・

高校時代に好きだった先輩が、11年ぶりに生徒の保護者として
目の前に現れ動揺する小学校教師・星野が、何とか想いを殺し
て担任と保護者という関係でやっていこうとするけれど、どう
しようもなくまた惹かれてしまい、一方先輩・須藤の方も、突
き放すような態度を取りながらも・・・という、お互いに燻って
いる二人の話でした。

うん。雰囲気があって面白かったです。前回感じていた、抽象
的な表現の判り辛さのようなものもほとんどなく、でも程好く
そういう表現も用いられている感じで、自分にはちょうど良か
ったです。
まぁ正直、先輩の言動が少々掴み難く、どうしてこの人はこん
なに頑ななんだろう・・・男を好きになっていく自分がそんなに
嫌だったんだろうか・・・とずっと疑問な感じだったので、恋愛
の話としては何かあんまり、解ったような解ってないようなと
いう感じなんですが、その分、星野の方は素直だったのでスッ
と入ってくる感じで解りやすくて良かったです。高校時代の星
野が可愛ゆいv

あとはやはり、息子・翔太の生意気可愛さが堪らなかったです
ね。友達の大樹と喧嘩した後の話とか紙飛行機の話とか、彼な
りに色々抱えているんだなと、切なくてウルウルしてしまいま
した。ちなみに、翔太母の立ち位置が良く判らなかったのは自
分だけなんでしょうか。須藤は彼女を恋愛感情で好きだったわ
けではないんですよね。まぁ翔太を残してくれたり、須藤に星
野への気持ちを自覚する一言をくれたりと、重要なキャラでは
あったんだけど、このサバサバキャラを好きかと言われると、
ちょっぴり微妙かも。

そういう感じで、割と好きなところとどうなんだろうと思うと
ころとあった感じなんですが、最終的には先輩も素直になって
くれたし、上手く行って良かったぁ〜という気持ちになれたの
で満足です。

話も面白いですが、絵そのものも魅せ方も、ものすごく魅力的
なので、つい何回もパラパラ見直して、お、この表情いいなv
と味わってしまいました。基本ドラマチックな演出なんだけど、
フッと力の抜ける感じがあったり、間に挟まれている4コマや
カバー下などの、フフフと笑える感じもいいですよね。
帯によると、こちらの作品のスピンオフの連載がスタートして
いるようですが、これは大樹と翔太ですかね。それは楽しみv
『えんどうくん〜』の続編も始まっているようですし、どちら
もコミックスになるのを楽しみに待ちたいと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







えんどうくんの観察日記/ハヤカワノジコ 【HertZ】


〔2011/10/1〕

★★★☆☆

高校生の津田は、ある日、席替えで無口で無表情な遠藤と
席が前後になった。ささいなきっかけから交流が生まれ、
今までまったく知らなかった遠藤が見えてくる。ほくろ、
首、髪、ちょっとした表情の変化。けれど、もともと他人
への関心が薄かった津田は、近づく遠藤との距離に焦燥感
を覚え・・・・・・

席替えで、人に無関心で髪型への執着も無い遠藤の後ろの
席になった津田が、遠藤の髪を切りたがっている友人・神
崎との仲介したり日々遠藤を観察するうちに、気になり始
め・・・という若者の話でした。

とにかく絵の魅力と、二人が急激に接近するところで空気
が一変する感じ、色気が抜群でしたねv二人が初めてキス
する、まさに焦燥感からくる「衝動」が前面に出ているシ
ーンは、その迫力に思わずビリビリきてしまいましたw
ただどうしても、雰囲気から察しなければいけない抽象的
な部分も多かったので、結構な箇所でこれはどういうこと
だ?と思ってしまった感じがあり。これでもっと、雰囲気
以上に物語のわかりやすさに重点が置かれるようになった
ら、更に好きになっちゃうだろうな〜と思います。
まぁとにかく、繊細な空気はなかなか無い素晴らしさだっ
たので、次回を大いに期待してます!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール