selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





いとしの未来くん/吉田ゆうこ 【Canna】


〔2013/12/26〕


★★★☆☆

「よく言えば純粋、悪く言えば馬鹿」親友の日平からそう評
され、誰にでも優しく、人を疑うことを知らない未来くん。
そんな彼が、同性から告白され付き合うことに。心配する日
平をよそに、未来くんは恋の甘さと辛さを知っていき・・・・・・。
“いとしい”ってどんな感情?心の繊細で柔らかいところに触
れる、吉田ゆうこ初の長編作。

日平と未来は家が隣同士の幼馴染で、未来は父親が海外転勤
のため、日平の家に居候させてもらっている。人を疑うこと
を知らず純粋な未来は、男の先輩から告白されて付き合うこ
とに。そんな未来を心配する日平だったけど、未来は悲しい
結末を迎えても尚、自分を好きだと言ってくれる人を信じて
好きになってしまい・・・。

というわけで、純粋な未来が3つの切ない恋を経てやっと、
いつも傍に居てくれた日平への想いに気付く・・・という話。
うん何か、萌えとかではなかったですが、漫画として面白か
ったです。好きと言われたから好きになっちゃう未来が浅は
かだけど、自分のちっちゃい恋愛容量の中であがいてる感じ
が愛しくて。確かに付き合う相手があれだし、可哀想で嫌な
気持ちもしたし、日平のことが眼中に無いことにもモヤッと
させられ、色々と何かもっと、視野を広くしようよ〜と思っ
てしまうんだけど、初めての恋愛ごっこに夢中になっちゃう
気持ちも良く解って。

そういうモヤモヤはあるんだけど、ずっと好きな子を見守る
日平目線で描かれていたので、ラストに日平が未来に、彼ら
に対して誠実な恋をしていたよと言ったときに、あぁ未来は
未来なりに恋愛しようと頑張ってたよね〜と色んなもやもや
がストンと塊になって落ちてきて、気付いたらウルウルして
しまってました。
ちょっと変わった雰囲気で多少痛々しい感じもあるのですご
く好きというわけではなかったですが、エンディングを見て
みれば、面白いものを読めたかなという感じです。今となっ
ては表紙の未来にキュンときます。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ


コメント:いとしの未来くん/吉田ゆうこ 【Canna】






悪玉/吉田ゆうこ 【Canna】


〔2012/11/26〕


★★☆☆☆

高校生の森崎は、ほんの出来心でしてしまった初めての万引き
現場を社会人の羽良多に写メで撮られてしまう。秘密にしてほ
しいと嘆願する森崎に、「僕の言うことを聞いて、暇潰しに付
き合ってくれるならいいよ」と 羽良多が“ゆすり”をかけてきて
・・・・・・!?生きることに無気力な羽良多と、小さな罪を犯して
しまった森崎。うまく社会に適合できない二人の逃避行の終着
地とは・・・。

表題作は、前中後編の3話。
有名大学への推薦も決まっている高校生の森崎は、つい出来心
でしてしまった万引きの場面を、リーマンの羽良多に見られ、
写メで撮られてしまう。黙っておくお礼に、自分の言うことを
何でも聞いて暇つぶしに付き合ってもらうという羽良多に度々
呼び出されるうちに・・・。

というわけで、呼び出され色々と強要される恐怖と、でも自分
を脅していた人も脅されていて、そこに共感が芽生え・・・みた
いな、何か独特の雰囲気がある話でした。
読み終えてまず思ったのは、あぁ好きな人は好きだろうな・・・
ということ。少ない説明の中、表情などで自分で感じ取らなけ
ればならない、どちらかというと雰囲気漫画なので、自分的に
はあまり好きな感じでは無かったです。ショートムービー的な、
わかりやすさよりも空気を大事にしている感じはするので、ピ
ントが合えば面白いんだと思います。

『ノンフィクション』は、前後編の2話。
同性愛のドラマに出ることになったが、経験がないため上手く
演じることができずにいた啓が、相手役の文世と普段も一緒に
過ごすうちに・・・というような話。
どちらかというと、表題作よりは明るめなので読みやすかった
んですが、これも何か、芝居なのか現実なのか妄想なのか、パ
ッと判断がつかなくて、心理描写的にもぼんやりしているので、
あまり得意なパターンではなかったです。

テイストがカシオさんっぽいなと思っていたら、お友達のよう
ですね。独特の繊細な雰囲気がハマる人はハマるのかなと思い
ます。能天気寄りな話が好きな私は少しモヤッとする感じでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ルールの染みた身体/吉田ゆうこ 【F-book】


〔2011/9/21〕

★★★☆☆

校内一のバイオリニストで、いつも注目を浴びてる《松
下真》。彼の友人である俺は、真にひときわ熱い視線を
送る《佐多》の存在に気付いてしまった・・・・・・。真と行
動を共にする俺にも、《佐多》の一途な視線が突き刺さ
る。ひょんな事から本人と接触する事になった俺は・・・。
『ラブソング・トゥ・ミー』『秘密』『パートナーシッ
プ前・後編』『ふたりぼっちの食卓』・・・など、アンソロ
ジーで執筆した作品に加え、27Pの大幅描き下ろし作品
『少女、35歳』を含む、吉田ゆうこ初の短編作品集。

どれも恋愛初期の初期、やっと相手のことが気になって
きたかも・・・というところで終わるので、結構な物足りな
さがありましたね。でも独自の世界を持っていて、淡々
とした中にもちゃんとキャラが呼吸をしている感じがあ
るのでスッと自然に入ってくる感じで、これであと一盛
り上がりあって結論がちゃんと出るともっと面白くなる
んだろうな〜という。今回はかなり薄味でしたが、空気
自体は好かれるものを持っていると思うので、次回楽し
みにしてますv

『ラブソング・トゥ・ミー』があらすじの話。
友人・松下を見つめる、後輩・佐多の存在に気付いてい
た豊が、佐多のことをいいなと思い始めるという話。
思わず、え?終わり?と口に出してしまいましたw

『ふたりぼっちの食卓』は、節約のために友人3人で自
炊をしていたところから、1人が抜けて・・・と残りの2人
の中に芽生えていく話。すごくとりとめもない場面も多
いですが、そういう邦画的な雰囲気も悪くは無いなとい
う感じ。実は1回目読んだ時、出だしの時系列のおかし
さに、ん?となったり、ぼんやりとした空気に内容薄い
なぁと思いましたが、読む毎に味わいが出たような。

『パートナーシップ前・後編』は、クールな秀才・高木
と、田舎から転校してきた里という高校生同士。高木に
は優秀でなければならないという柵があったんだけど、
それが里によって・・・という話。これは恋愛の話では無い
かな。でも里の、穏やかな性格にクセっ毛で下がり眉と
いう可愛らしさには癒されました。

『秘密』は、大学進学で上京した信夫が1年ぶりに帰郷。
そこで偶然再会した同級生の土呂は、何故か女子の格好
をしていて・・・。
え〜!?結局秘密が明かされないとはw なんという放置
プレイ。

『少女、35歳』は、35歳の誕生日を、友人・かおると
健三に祝ってもらうはずだった純一郎が、その日、十数
年も想い続けてきた健三が、17歳の女子高生とあっさり
結婚したと聞かされて・・・という話。友人として心から
信頼されているだけにもうどうしようもないという、結
構残酷な話でしたね。こういうのもバッドエンドという
のかな。続きがあったら面白そう。

そういうわけで、全体的にもう少し先も見たいのにな〜
という話ばかりだったので、物足りなさは残っています
が、何かちょっと変わった空気を持っていたのは面白か
ったです。次に期待。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール