selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





乙女心に恋心/ゆくえ萌葱 【Canna】


〔2014/3/26〕


★★★★☆

女装に興味がある真面目で純朴な大学生・桃司は、思い切っ
て訪れたウィッグ店で、店長の成瀬と出会う。ちょっぴりSで
“似合わない女装萌え”の成瀬に気に入られた桃司は、バイトと
して雇われ、看板娘・桃子ちゃんとして女装デビューを果たす
ことに。いつでも優しく見守ってくれる成瀬に次第に惹かれて
いった桃司は、成瀬の気持ちを確かめたくて・・・・・・!?

これは、表紙+帯を見たときから何かピンと来るものがあった
んですが、期待通り、非常に可愛くてもだもだしましたv新しい
扉を開けてしまった的なw 店長により熱く語られる「男らしい男
のする似合わない女装萌え」にまんまとハマってしまって、桃子
ちゃんが愛しくてたまりませんでした。
序盤は彼のピュアさに癒され、終盤は健気さにウルウルさせられ
と、ただのギャグじゃないところがすごく好みv

というわけで、お客さんとしてやってきた、女装に目覚めたばか
りのごつい体の大学生・桃司の可愛さに惚れたウィッグ屋の店長
・成瀬が、彼に女装をさせてあげるためにバイトとして雇い、自
作の服を着させたりするうちに・・・という話。

桃司の恥じらいっぷりがいちいち可愛いんですよね。最初の泣き
出しちゃうところから出会いのシーンから、採寸で裸にされて必
死に乳首を押さえてるところから、店長のキスを正座で待ってる
姿と、あらゆる姿が愛らしくて堪らなかったです。
そんな自分を卑下しがちな桃司に、可愛い!と主張し続ける店長
の必死さw でもただイジるだけじゃなくて、桃司をしっかり包み
込んでる感じ、それに桃司も励まされどんどん可愛くなっていく
様子が、愛があって良かったです。店長が桃司の言動にいちいち
きゅんきゅんさせられちゃってるのが楽しいv

あと、脇役の常連客・田中さんが、空気を読めるコでさりげなく
融合している感じが面白いですね。彼が「早く戻っておいで桃子
ちゃん 店長がずっと待ってるよ」と心でつぶやくシーンはじんわ
り染みてかなり好き。
桃司の同僚・道川の態度は最悪でしたが、ざまーみろー!なオチ
に爆笑ですw 田中さんは、最初に出てきた時に「サイバー系が
似合いますね」って言われていたこともあり、その線では全然考
えていなかったので、やられましたw しかもカバー下でまた別の
展開になっていたので、更にざまーで爽快。までも、最後はちゃ
んと謝りに来たし、根は悪い奴ではなさそうなのでそれも含めて
不快感が払拭される展開でしたね。

そういうわけでホント私、普段は女装とか割と無関心派で、何度
かゴツい女装も見かけたことはあるけど特にどうとも思ってなか
ったんですが、この桃子ちゃんの体と乙女っぷりの合わせ技には
非常にときめきました。ピュアでいじらしくて、心から幸せに
なって欲しい!と思えるコですね。可愛い可愛い可愛いv
何度読み直してもウルウルきちゃいます。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







睨めば恋/ゆくえ萌葱 【GUSH】


〔2013/5/10〕

★★★☆☆

今日も感じる鋭い視線・・・突き刺すように俺を睨んでいるのは
スポーツ科のヤンキーで名前は“竜之介”。会う度に理由もなく
ガン飛ばしてくるけど、何故か気になる。だって、笑った顔が
すごく可愛いから。道を歩けば喧嘩を売られる不良集団のボス
のくせに、すごく優しく猫を触ったり、甘党だったり、料理が
うまかったり、実は気遣いの人だったり・・・ヤバい、これは完
全にハマる! ゆくえ萌葱のヤンキーラブ見参!

3冊目のコミックス。
短編1話を除いて全部同カップルの話でした。
友達から、ちょっと美的センスに問題があると言われている
猫好きで生徒会役員の2年生・志摩が、ある時から3年のヤン
キーで竜之介という男からしょっちゅう睨まれるようになって
困っていたところ、実は竜之介は、志摩が普段から仲良くして
もらっている生徒会長の友人だったことから、二人は鉢合わせ
することに。しかし恐い顔とは違って甘党だったり猫舌だった
りと、意外な一面を発見していく度に、志摩は竜之介を可愛い
と思い始め・・・。

いや〜ヤンキー受、良かったですv しかも志摩の方もちょっと
「可愛い」に関する感覚がズレていることで、こんなのが可愛
く見えることになっちゃっているというミラクルw エプロン
つけてスゴんだ顔でお料理している姿なんて、とても可愛くは
ないですよねw でもそれにいちいち萌えている志摩の変さとの
相乗効果で、可愛く見えてしまうイリュージョン☆
個人的にはブラコン兄の話はナシで、もう少し二人だけのいち
ゃこら話を読んでみたかったような気がします。最初の、会長
のいたずらによる鉢合わせから猫舌発覚までの流れと、4話の
出だしの、二人でご飯食べながらチューして竜之介がデレると
こが特に面白かったです。

『思い出ドラゴン』は、ヤンキーの英太が、新しい校務員・西
田と、どこかで会ったような気がしていたら・・・という話。
これは少しバラッとしていて読み難かったんですが、内容は嫌
いじゃなかったです。でもやっぱり短いせいもあって愛情面が
解り難いので、すごく良かったというところまでは行かず。折
角なので、もう少し長いスパンでしっかり味わってみたかった
です。

というわけでヤンキーな一冊、楽しかったです。作画的にとて
も向いていると思いましたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







パラレルライン/ゆくえ萌葱 【GUSH】


〔2012/8/9〕

★★★☆☆

ゲイの一弥は、専門学校に入学早々、顔の可愛いらしい港と
いう男子に惚れた。しかし、港の隣には二郎といういけすか
ないヒゲの男。一弥と二郎、港をめぐる戦いが始まる・・・と
思いきや、いつも一緒にいて言い合いしているのは、ヒゲの
アイツ。「アイツの悪口を言っていいのは俺だけだ」 この独
占欲ってやつは、もしかして・・・。一人の受をめぐる攻vs攻
の攻防は、いつの間にか恋に・・・!?

2冊目のコミックスで、表題作は2話。
服飾系の専門学校に入学した一弥が、可愛い系の港に一目惚れ
したものの、同じように港を狙う二郎というライバルが。しか
し真剣にデザイナーとしての将来を考えている二郎とデザイン
のことで対立したりするうちに、実は二郎へのこの執着は、好
きだという想いからったのかと気付く・・・という、カワイコちゃ
ん狙いの攻と攻がくっついちゃうという話でした。

いつもぎゃんぎゃんと言い合っている二人が、何の前触れもな
くフッと気持ちを自覚するというテンポが不思議で面白かった
ですが、ん〜?そうなるかな〜という疑問も少々。ただ何かと
対等で常に横並びな二人が、この先どんな恋をしていくのだろ
う・・・とワクワクする感じはいいですね。それだけにもう少し
続きを読ませてくれても良かったのかも。

『名前を呼んだら』は、昼休みに学校裏の公園で一人で寛ぐの
が好きなまっちゃんが、そこでボクシング部の1年生と出会い、
一緒に過ごすように。学校内で会っても知らないふりをして、
名前さえも知らない二人が、互いに惹かれ合うように・・・という
高校生同士の話。何かこう、青春くさいのが恥ずかしかったん
ですが、秘密な感じにはドキッとしました。
誰かが悪口言っているところに反応するというパターンは、先
程の作品でもありましたね。

『まっすぐ飛び立て大空へ』は、優一と翔という、陸上部で同
じ棒高跳びをしているライバル同士。これも結構青春くさいの
で、何か恥ずかしさがありましたが、作者さんはこういうのが
好きなんだろうな〜と思っていたら、あとがきにそうあったの
で納得。ノーマルなスポーツ青春モノを腐変換できる方などに
好まれそうな作風でした。

『カフェ・ラテ・レター』は、常連客で世界中を旅するカメラ
マン・小太郎のことを密かに想っていて、待ち続けているカフ
ェのマスター・種という話。言えない気持ちがラテアートに込
められているという乙女チックさが可愛らしく、もだもだして
しまいました。

全体的に青春くさいのと、最後は赤くなってまとまっちゃって
る感じが続くのが少々気になりますが、何かパキッとしていて
読みやすかったです。前回よりはラブ成分が多めになっていた
と思います。次はどういう風に変化していくのか楽しみです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







見栄張りあってすれ違い/ゆくえ萌葱 【Canna】


〔2011/6/27〕

★★★☆☆

広告代理店の人事部で働く生真面目な山本には苦手な男
がいる。それは同じ会社の営業部に所属する、遊び人の
桜坂だ。正反対の二人だったが、社員寮が隣というだけ
の理由で社内ではライバル兼コンビ扱いをされていた。
桜坂とは絶対に親しくなることはないと思っていた山本
だったが、ある夜、鍵を失くしたという彼を部屋に泊め
ることになってしまい・・・!?

あらすじの表題作は最後に収録の1話と描き下ろしの計
2話で、その前に別のリーマンカップル(二人の先輩で
ある深川)の話『冗談めかして一直線』が4話収録され
ています。

『冗談めかして一直線』
製菓会社の営業で勤続3年の田町は、仕事相手である広
告会社の社員・深川に日々迫られ、セクハラ三昧の毎日。
王子様のような容姿で女の子にも人気の深川が、自分に
対してみせるのは、まさにストーカーとも言える執着。
全てが冗談のようでマジな深川に、やがて絆されていき・・・

というわけで、イケメンなのに変態な深川にグイグイこ
られて、適当にあしらいつつも・・・という残念リーマン達
のコメディでした。
どちらかというとあまり色気の無い話なので、がっつり
好みというわけではなかったですが、明るい変態、スト
ーカーなのにキラキラしているという深川のキャラもあ
り、気軽に読めて楽しかったです。こういう二人を好き
な人は多そうなので、世間受けはするんじゃないかなと
思います。個人的にはもうあと少し、何かが足りないかな。


『見栄張りあってすれ違い』『すれ違うのもほどほどに』
チャラ男・桜坂とクソ真面目な山本という正反対の同期
リーマン。桜坂のことが苦手で、関わりたくないと思っ
ていたのに・・・。とこちらも流され系。でも実は1年前に
酔った桜坂にキスされたことから、どうやら気にはなって
いたようですが、そこで素直にはいけない山本が可愛かっ
たです。生真面目な人がフイと道を逸れてしまう感じって
萌えます。

カバー下、ウケましたw ギャグが良いテンポで散りば
められているので、恋愛云々を考えなければ、漫画と
しては充分面白かったです。ただBLとして気に入った!
というところまでは行かなかったので、次に期待したい
と思います。とりあえず、大きく不満は無く楽しく読め
たので満足v


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール