selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





七月の交差点/高緒拾 【バンブー】


〔2012/12/27〕


★★☆☆☆

美大受験のための予備校・たまよし美術研究所専属寮、
福寿館寮生の浪人生・ハルは同室のナツから熱烈な好意
を寄せられている。天才肌だが絵以外はからっきしなナ
ツの面倒をみるうちに彼の窮地を救ってしまったらしく、
ラブ光線は激しくなる一方。受験で一杯一杯なハルは一
度はナツを拒絶するが、拒絶しても拒絶してもめげない
ナツに徐々に流されほだされて・・・!?
「三月某日、クマを拾った」から連なる美大受験生たち
のセンチメンタル・サマー・デイズ、ハルナツシリーズ
最新刊!

前作 『三月某日、クマを拾った』の中に収録されていた
表題作のスピンオフ『六月のヘンゲンさん』の続きです。
これは、前のを読んでいないとちょっと解り辛いかもし
れないですね。読んだはずなのに人間関係が良く理解で
きなかった人がここにいますのでw

美大受験のための予備校・たま研の寮で同室のダメっ子
なナツを面倒見るうちに好意を向けられてしまうものの、
親に無理を言って3浪中のため絵のことだけで精一杯で、
かつて同志の女の子が恋愛沙汰で絵の道から挫折したこ
とも知っているため、ナツの想いを見て見ぬふりしてい
たハルだったけど・・・というような、恋に芸術に奮闘する
芸術家の卵同士の話でした。

一生懸命なナツが可愛いですね。序盤の、ハルと一緒に
帰りたいからと必死に帰りの準備をする姿とかププッと。
しかし、ハルの気持ちが判り難いからか、何で最後この
タイミングで受け入れたんだろう?みたいな。全裸はい
やらしくて良かったですがw、全体的にやはりちょっと
話が掴み難くて、嫌いではないんですが好きというとこ
ろまでは行きませんでした。そして引き続き、ヘンゲン
さんって何なんだろう?という疑問は残り続けるという。
何か、絵描き達の話だからか全体的に皆、不思議ちゃん
寄りな感じですよね。あ、そういえばあの子、どうして
あんなに焼きそばパーティーに固執してたんだろうw 可
愛いけど。

まぁでも、何やら色々と鬱々としていたハルが、オバカ
ちゃんなナツに絆されて、ちょっといい感じに綻んでき
たのは面白かったです。できればあまり重苦しい話は抜
きにして、最後の番外編のような陽気な部分をもっと見
たかったなという感じでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ


コメント:七月の交差点/高緒拾 【バンブー】






三月某日、クマを拾った/高緒拾 【バンブー】


〔2011/6/27〕

★★★☆☆

芸大美大受験生のための予備校である、たまよし美術
研究所の専属寮・福寿館に住む講師の川瀬久也は穂積
という名の男と知り合う。穂積の自暴自棄な行動に振
り回されるうちに、川瀬は穂積が今も囚われているあ
る過去への想いを知ることになり・・・!?大人の切ない
恋を描いた表題作ほか、たま研新入生の“ハル”と“ナツ”
のシリーズも収録した著者初の麗人コミックス!!

いつもは相方・神室晶さんとの連名ですが、今回はお
一人での作品のようですね。 表題作は2話。

芸大予備校の講師であるキューちゃんこと久也が拾っ
たのは、15年前に同じ呼び名キューちゃんという親
友を亡くした男・穂積。大学進学で上京する前日に告
白され放置していたら、一年後に事故で亡くなってし
まい、初めてその友人に対する気持ちを自覚。しかし
どこにも進めずにいて・・・と、過去に囚われた穂積を
久也が救うというような、慈善事業的な話でした。

確かに穂積の想いは昇華されたかもしれないですが、
何かもやもやとしたものが残りますね。これまでず〜
っとそうやって生きてきたのか?という。穂積が女性
と同居しているというのも唐突だったし。

面白くないというわけではないんですが、少々ポイン
トが掴みにくい展開だったかなという感じでした。
1ページ目で超ヒゲヅラがきたときには、キタクマ!
とテンションが上がったものですがw、残念ながら自
分的萌えな展開には至らず。二人をがっつりとくっつ
ける方向で行ってもらえると良かったんですが。

『六月のヘンゲンさん』(全4話)は、その寮で同室
のハルとナツという学生同士の話。どこかミステリー
のような空気が漂っていて、結構ラブからは遠い話で
したね。途中でナツが絵を描けなくなるんですが、そ
れまで描けてたのに何で?つかヘンゲンさんって何?
っていう。一応ここで終わりでは無く、まだ続いてい
る話のようなので、今後は多少はラブっぽくなるんで
しょうか。表題作で主役の久也が、ここではハルの先
輩モクとデキてることにも説明が欲しかったりと、色
々と不明な点が多いです。

そういうわけで、表紙、タイトルから期待していたよ
うなライトな恋の話ではなく、どこか重苦しさのある
感じでした。こういう雰囲気も決して嫌いではないん
ですが・・・ラブ不足かなぁ。まぁでも、続きを楽しみに
したいと思います。
神室さんとので読んでないのは『ランブル・ラッシュ』
と『秘密のくちづけ』ですかね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール