selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





アイロニードレスにさよなら/みよしあやと 【gateau】

〔2014/10/15〕

★★★☆☆

悲鳴とともに捲れあがる制服のスカート。ラッキースケベ、
と思いつつもそれを見ていた巡だが、スカートから覗いた
のは男物のボクサーパンツで・・・!?
「見てんじゃねぇよ、オッサン」女子高生の格好をした男
子高校生の名前は恵一。とあるきっかけで恵一を家に招く
ことになる巡だが、女子制服の謎は解けないまま。だが偶
然、恵一が女子の制服を着ている理由を知ってしまい・・・。
ココロとココロが結ばれる、初めての恋物語。貴方のココ
ロに寄り添うように、お届け。

高校進学前に母親にゲイであることを打ち明けたら、誤解
されて女子の制服を与えられてしまい、拒否できずにその
まま着続けている高校生・恵一。そんな恵一と亡くなった
母親が親しくしていていて、自分もゲイであることから、
巡は恵一のことが放っておけなくなっていき・・・。

最初に、何だこの女子の制服の似合わなさ!とギョッとし
たんですが、そこにこそすごく意味があったんですね。
母親も決して悪気があったわけではないんだろうだけど、
自分の息子がそうだという事実を上手く受け止められなく
てこんなことになっちゃってて、何か色々と胸が痛かった
です。恵一もはっきり否定しちゃえばいいだろうに、もう
自分でもどうしていいのか判らない状態になっちゃってる
姿が非常に切なかったですね。読みながら、今すぐ男子の
制服を着せてあげたい!という思いがこみ上げてきてしょ
うがなかったです。
多分でも、世間的にはゲイと言えばこういう程度の認識だ
ったりするんですよね。特に親世代は情報源が少ないだろ
うし。そこがまたリアルで心が痛い。

しかしまぁ、そんな少し重めのテーマではありますが、こ
のオッサン(一応まだ29だけどw)と、ツンツンしながら
も実はかなり素直な少年(17)の構図が萌える〜v
いーっぱい甘やかしてあげて欲しいですね。viva歳の差ラブ!

個人的には、巡が亡くなった母親をババア呼びしてるのが
結構ずっと悲しかったんですが、ラストで「母さん」に変
わったことに気付いてホッと。恵一と関わらなかったら巡
の中の母親像も変化することはなかったんだなと思うと、
巡り合わせだな〜という感じがして、また何か良かったです。
色んな迷いや初恋感など、気持ちがしっかり伝わってくる
けど大げさ過ぎず、程よく心地良い漫画でした。面白かったv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







隣で花さく音がした/みよしあやと 【gateau】


〔2012/5/15〕

★★☆☆☆

恋。それはヤンキーにも突然やってくる。黒髪・根暗な委員長
の一途さにちっこいヤンキーが心奪われたり、退屈な毎日への
挑戦とばかりにお付き合いを始めたり、サボリの定位置、屋上
でオトナな関係になっちゃったり・・・。登場カップル3組のその
後を描いた描き下ろしも3本入って大満足間違いなし★ヤンキ
ー達の青春を詰め込んだ中編読切集。


2011年にBBCから出た初コミックス『夕日に触れるその前に』
が結構いい感じだったので期待していましたが、何だか話の進み
方に滑らかさが無くて唐突で、何の話なんだろう・・・と思って
しまい前後を確認することが何度もあったり、技術面に関する
知識が無い自分でも判るくらい線が雑だったり、突如別人が描
いたかのような線になっていたりと、全体的にざっくりしてい
る印象でした。中を知らずに表紙だけで判断して読み始めると
ビックリするかも・・・。まぁ絵のことはともかく、内容のバラ
つき、読み難さがとても気になってしまい、あまり好みでは無
かったです。

『リスキーリスキー!』は、退屈な高校生活の中、幼馴染で親
友のナオに突如、同性恋愛をしてみないかと誘われた浩太。と
りあえず、ナオにされるがまま下半身を差し出した浩太は、や
がてナオの本心に気付き・・・と、幼馴染が出来上がる話でした。

『隣で花さく音がした』は、基本ツイてない男・鈴木が、クラ
スメイトの大島に、大島の友人・北村のことが好きだと知られ
てしまうけど・・・という話。何で大島が鈴木に惹かれているのか
唐突過ぎてよくわかりませんでした。
あと出だしの、家を出るところから前カップルが登場してのゴ
タゴタまでも、結構意味不明で。ワイワイさせたいのは良く解
るんですが、もう少し上手くまとめられたのではないかなと。

『さよならあっくん』は、1コ上のミケ君と関係を持っていて、
ミケ君の卒業を機に、しっかり告白するあっくんという話。
う〜ん、何か、クサくてちょっと苦手だったかも。

バカな高校で3カップルが誕生するという連作に、それぞれ描
き下ろしで後日談がついているという形だったんですが、それ
によって補えている部分もあるとは思うんですが、本編のノリ
とまたちょっと違うので、個人的には全部別のカップルの話の
ように思えてしまって、浮いていた印象でした。
何かダメ出しばかりになってしまい申し訳ないですが、期待し
ていた感じでは無かったです。

(2012/06/02)


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ぼくとネコと初恋交差/みよしあやと 【Daria】


〔2013/9/21〕

★★★☆☆

たいちゃんこと黒川泰介とまーちゃん・桐嶋匡夫は隣に住む
幼馴染みで親友。小学生の頃、両親の離婚でいつも元気な泰介
が泣くのを見た日から、彼を一生守っていくと心に決めた匡夫。
だが最近、何故か彼に欲情したりして・・・・・・。そんな折、泰介
が男性教師に襲われそうになっている現場を目撃してしまい・・・!?

1冊丸ごと同カップルの話で、6話収録。
高2の匡夫と、隣に住む泰介というお互いに大好きな幼馴染同
士が、親友から恋人同士へ・・・という話。
泰介が父親から暴力を受けていたり、男性教師からもちょっか
いを出されているという設定だったのでもっと重い話になるの
かなと思ったら、その辺は割と流す感じで、幼馴染独特の近さ
を生かしたラブラブ方面に重点が置かれていったので、個人的
には好きな流れでした。読み進めていくうちにどんどん二人の
ことが可愛くなっていった感じですね。

ストーリーとしてはそんなに特筆するほどのものはなかったか
なと思うんですが、二人がお互いちゃん呼びだったり、他が目
に入ってない感じがすごく微笑ましくて楽しかったです。二人
ともいい意味でアホっぽいのが可愛い。

特に印象的だったのは、保健室で色々しちゃったことにテンパ
ってズル休みをしてしまった匡夫が、「忘れて」というメール
を送ってきた泰介を、すごい勢いで追いかけてきて言った
「コンビニには行かない」「俺と一緒に 公園に行って キスを」
で次のページに移っての「します・・・」w
「して」「しよう」じゃなくて、決定の「します」なのが可愛
くて、キュンッときてしまいました。

とにかくまぁ、大きくモメたりすることもなく、穏やかに過ご
す甘口な二人に癒されました。
ラストに一緒に居る未来がチラリと見られますが、あえてボカ
してあることで、何か未熟な彼らなりに色々頑張ってきたんだ
ろうなとか想像してしまって、ウルッときちゃったりして。
その後の生活をはっきり見てみたい気持ちもあるけれど、勝手
に思いを馳せるのも悪くないな〜という感じです。

やっぱ、幼馴染BLっていいもんですねぇ〜v
あ、あれ?タイトルになってる割には、ネコはあんま関係なか
ったかもw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







片想いとパレード(前・後編)/みよしあやと 【BBC-DX】



〔2013/8/10〕


★★★☆☆

《前編》幼なじみの親友・鷹也に、長く、こじらせた片想いを
している東馬。「あいつのお姫様になりたい」「俺のヒーロー
はあいつ」乱暴な性格で口が悪いくせに、乙女思考回路な東馬
は、好きといえず自分の恋心を自虐し卑屈な考えに傷つく毎日
だった。しかも、大学に入って、鷹也には彼女が出来た。鷹也
の世話焼きと親密な親友としての接触は相変わらず。サークル
の先輩・米沢や謎の女も東馬に接近。とある変化が生まれ、片
恋は、手酷く東馬を傷つけ始める・・・。「それでも俺の世界は、
お前の一言で満ちる」

《後編》鷹也に触られると体が拒絶反応を示すようになり、も
う幼なじみすらやめるしかないと絶望した東馬。好きなのに、
避けたり逃げたり女の匂いをさせてみたり・・・・・・「俺、お前に
ついてる女の香水の匂い、嫌いだ」なのに鷹也は、そんな東馬
に・・・・・・キスをした。男っぽいあっさりした鈍感な性格の鷹也
の、横暴な「恋心」。それが暴かれたとき、東馬の片想いには
あまりに熱く甘い結末が待っていた・・・!

2冊同時発売です。
子供の頃から幼馴染・鷹也のことをずっと好きな東馬だけど、
鷹也にとって東馬は一番の親友で、大学に入り変わらずこのま
ま行くつもりだった東馬だったけれど、鷹也には彼女ができ、
二人を強引にサークルに誘ったヨネ先輩やその妹・街子には鷹
也に対する気持ちを気付かれてしまい、どんどん苦しくなって
いくけれど・・・という感じで、前半はひたすら東馬の片想い事情、
後半は鷹也が向き合ってくれて両想いへという感じでした。

結構評判が良いようですね。前半が切なかった〜という意見が
多かったようですが、正直私は、う〜んウジウジしてるな〜と
いう感じと、女の子が出張ってる感じがいまいちで乗り切れず。
後半は後半で、やたらポエミーな感じや、事故にあったり、周
りがやたらすんなり認めてくれる感じなんかは、うん〜都合い
いな〜と思いながら読んでしまったんですが、でも何か、読ん
でた時のメンタルも作用してか、気付いたら結構ウルウルきち
ゃってましたw

あ、あと、この作品の主軸である、お姫様云々というところも、
何か納得できなかったのは自分だけでしょうか。目が緑だから
って、男なのにお姫様ってどうなのかな。そのセリフだけでも
かなり特異なのに、同じセリフを別の子供が口にするっていう
都合の良さはちょっと・・・と。
全体的にご都合主義っぽくて演出がクサめなので、その辺も問
題なくしっくりくるという方は楽しめると思います。私は集中
力のないタイプなので、つい現実に戻ってツッコまずにいられ
なくなってしまい、結構な部分でくすぐったさがありました。

とまぁ、何かと気にはなってしまう部分はありましたが、前半
はあんまり存在感のなかった攻が、後半になって能天気さを爆
発させ、ぐいぐい引っ張っていくキャラになったので、ググッ
と読みやすくなったような気がします。
ただやはり、これは個人的な趣味なんですが、私はBLに女の子
のキャラはあまり欲しくないタイプなので、ここまでしっかり
絡んでこなくても良かったかなと。

最初はよく解らない存在だったヨネ先輩が、最後に「二人の片
想いに恋してたんだよ」という、えらくイケてるセリフをはい
たり、描き下ろしで恋人♂の存在が暗示されていたりと、何故
かとても前に出てましたねw
人が色々出てくる割にはまとまっているしテンポも良いので、
2冊だけど軽く読める感じで良かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







息をするよりキスがしたい/みよしあやと 【BBC】


〔2012/12/10〕


★★★☆☆

彰は日々キレていた。No.1の座も指名客も奪われ、口を開
けばケンカになってしまうライバルホスト・櫂斗のせいだ。
挙句、人前で乳首までなでられ怒りMAX!!・・・な時、一匹
の犬をきっかけに櫂斗の意外な“素顔”を知ってしまうv
頭が櫂斗だらけ・・・心臓が熱い・・・彰は櫂斗を強烈に意識して
・・・!? 読ませます!!ヒューマンラブコメv

櫛野ゆいさんの小説のコミカライズということです。
居酒屋でバイトをしていたところ、ホストクラブNo.1の九
龍さんに誘われホストになって2年の彰が、No.2の座を奪
っていった、イケメンで王子様系の櫂斗に勝手にライバル心
を燃やしていたものの、実は櫂斗は祖母と二人で古い一軒家
で平凡な生活を送っていると知り、やがて・・・という、勝手
に櫂斗のことを嫌っていた彰が、櫂斗の祖母と仲良くなった
りするうちに、何か気になってきてしまうという話。

ハーフのイケメンホストが、実はチャリ通勤の庶民派!とい
う出だしはいい感じかなと思ったんですが、何かこう、次々
エピソードがやってくる割にはそれぞれサラッと終わってい
て、特に気持ちの盛り上がりが見えないままいつの間にか
くっついていたような感じでした。きっと小説での紆余曲折
を盛り込むというのは大変な作業だと思うのですが、漫画派
の私としては、もう少しゆっくり心の動きだけを追ってみた
かったな・・・と。気になっちゃう、これは恋なのか!?とい
う感じだと思うんですが、友達でもいいではないかと思えな
くもない感じで、特に彰目線で描かれているので、櫂斗サイ
ドの動きが解り難かったかなと思います。

小説を読んでいれば、もう少し補完される部分は多いのかな
と思いますが、漫画だけだと尺の都合もあるため、結構説明
が足りてないんじゃないかなと思いました。ササッと進んで
しまうので、特に小説ではきっと盛り上がるであろう花枝さ
んの死の部分もあまり悲しみが湧いてこなくて、むしろ死な
せなくて良かっただろうと思ったくらいで。

作画の面では問題なく好きなので、画面的には満足。あでも、
ホストクラブにしては地味過ぎてリアリティが無かったのは
ちょっと気になるところですがw(客のことをトモコって呼
び捨てするものなんでしょうか?w)
あと、オーナーと九龍さんの関係もにおわせたままなのも
勿体無いなと。
みよしさんはまだこれが3冊目で、前回の『隣で花さく〜』
(感想上げ忘れてますね。後ほど。)よりは全然良かったと
思いますので、今後に期待したいと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







夕日に触れるその前に/みよしあやと 【BBC】


〔2011/6/10〕

★★★☆☆

「西の太陽なんて、沈むばっかだよ」イケメン・西野太
陽は建築科の学生なのに「家族」の住む家が設計できな
い。快活な南野は貧乏にして笑顔に影あり・・・そんな二人
が狭い部屋で、ラブに満ちた同居生活。やがて、お互い
の過去と傷が触れ合い芽生えた熱い恋心に、無自覚で不
器用にしか触れられない二人は・・・?

表題作は全4話の描き下ろし。
美大の油画科4年・南野の住む寮に、訳あって建築科の
イケメン・西野が入ってきて、同じ部屋で暮らすうちに、
お互いの傷が癒され・・・という、ナチュラルな話。

普通に綺麗にまとまっていて、非常に読みやすかったで
す。絵柄や話の進め方が自然な感じで、徐々に二人が打
ち解けていっている感じはしっかり伝わってきて好きで
した。でも何か、恋愛というより、友情が深まった印象
の方が強くて、どうも最後に一気にくっついちゃったの
が恥ずかしく感じたのは自分だけでしょうかw 一応、
シーズン毎に分かれているので、その間にも色々と距離
が縮まるエピソードなどもあったかと思われますが、そ
こを想像させるほどの甘さが、感じられなかったかなと。

ツンデレやオバカなど属性を特定し難い、あくまで普通
の二人なので、特に意見が合わなくてやりあうというこ
ともなく、誰かに邪魔されるわけでなく、全く波風の立
たない穏やかな感じで、そういうのも別に嫌いじゃない
ですが、いまいちインパクトに欠けちゃうのかなと。や
っぱある程度、デフォルメされた性格の方が面白いような。
折角の寮生活だし、元ヤンだし、もうちょっとドタバタ
しても良かったかもですね。

まぁでも、落ち着いて読めたので、大きく不満は無いです。
きっともっと抑揚のあるドラマチックなものを描かれたら、
すごくハマりそうな気がします。
短編2本は、表題作とはまた違った印象で、意外でした。
このガチャガチャさと表題作のナチュラルさが合わさった
くらいのを読んでみたいですねv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール