selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ふたりの特別授業/花森みと 【Canna】


〔2012/9/26〕

★★★☆☆

宇田川は人に嫌われるのが恐くて、必要以上に明るく振る舞っ
ていた。だが課題で近寄りがたい雰囲気の渡部と組むことにな
り、話しかけたところ「お前みたいなやつ、大ッ嫌い」と言わ
れてしまう。ショックだったものの、やがて率直な物言いをす
る渡部といるのが心地良く感じ始める。彼に好かれたいと思い、
素直に気持ちを伝えた宇田川。いつしか渡部は、大切な「本当
の友達」となっていたが・・・・・・。

2冊目のコミックスで、3つの話を収録。
中学時代、地味で友達がいなかった宇田川は、人に嫌われたく
ないという理由から、高校に入ってからは無駄に元気なキャラ
を演じている。ある日課題で、クラスの中でも常に一人で近寄
りがたいオーラを出している渡部と組むことになってしまった
宇田川は、いつもの調子で話しかけ、打ち解けてもらおうとす
るが、渡部はそんな宇田川に、お前みたいなやつ大っ嫌いなん
だけどと冷たく返す。正面切って嫌いだと言われてしまった宇
田川は、正直に自分がキャラを作っていることを打ち明けるが、
他のクラスメイトに合わせつい、渡部の悪口を言ってしまい・・・。

というわけで、最初は渡部に嫌われていたオバカな宇田川が、
次第に嫌われたくないという気持ちになり、自分を偽らずに
接するうちに、渡部もこいつは悪気はないんだなと少しずつ理
解してくれるようになり、二人の気持ちが変化していくという
話。全3話+描き下ろし。

ほわっとした雰囲気で、恋愛よりもまずは、友達以前に相手に
してもらうというところから始まるので、恋愛の話としてはや
や薄いのかなと思いますが、自分的には、何かこの宇田川のバ
カなキャラと世界観がすごく好きでした。怒られて眉毛を下げ
てシュンとしていたり、海にはしゃいだり、めげずに後を追い
かけている様子が子犬みたいで、ほんわかしっぱなしだったな
と。それで最後にグイグイ押して自分が攻になるとか、そんな
とこだけ妙に要領がいいのかお前は!というw
欲を言えば、もっと先まで読みたかったなという感じですね。
付き合ってからの宇田川の無邪気ゆえのタチの悪さをもっと堪
能してみたかった気がします。

『君へのきもち』 スイーツ好きのため、調理部部長の小峰先
輩に頼まれ、放課後に試食をしたりしている朋。しかしそんな
朋に厳しく接してくるのは、同じ図書委員の黒瀬先輩。小峰先
輩は優しくて好き、黒瀬先輩は意地悪で苦手・・・と思っていた
朋だったけど、小峰先輩から、実は二人とも朋のことが好きで、
子供の頃から何かと競い合ってきた二人は、どちらが朋を落と
すか勝負をしていると聞いたことから、朋は不器用な黒瀬先輩
のことが気になるようになってしまい・・・。
という、攻2受1の構図。しかしこれ、攻二人は?・・・と、微
妙に香っている感じがするのが面白いですね。個人的にはこの
後、逆に朋のアシストにより先輩達がくっついちゃうの希望な
んですがw

『ひどくてあまい』は、劇団仲間の吉倉のことが好きな真が、
芝居で男の恋人同士を吉倉と演じることになってしまったこと
から・・・という友人同士の関係が少し変化するという話。
これはちょっと、物足りなかったかな。恋愛未満なのがという
ことより、攻の心理描写的に。

というわけで、ズバッと恋愛の話を読みたいという人には少々
薄味だろうなと思いますが、ほんわかと気持ちが芽生えていく
感じが楽しめ、私は好きでした。表題作のふたりが可愛かったv

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







恋に落ちてください/花森みと 【Canna】


〔2011/5/26〕

★★★☆☆

みんな不幸になればいいのに・・・幼い頃から不仲な両親
を見てきたせいで、歪んだ性格になってしまった高校生
のナオ。幸福そうな人を傷つけることでしか、心のバラ
ンスがとれなくなっていたナオは、恋人ができたばかり
だという化学教師・瀬戸の見るからに幸せボケした態度
に苛立ち、彼を誘惑しようとするが・・・。

表題作は、家庭環境から歪んだ性格になってしまった
外面の良い高校生のナオが、幸せそうな科学教師・瀬戸
を誘惑して傷つけてやろうと思い立ち近づくが、ニブい
先生は全然なびく素振りも無く、それどころか毎日先生
の元を訪ねていくうちに、つい自分の辛い境遇を話すよ
うになってしまう・・・と、生意気でワルぶってたコも素
直になったら可愛いじゃんvという話。
ややざっくりしてるかな・・・とも思いましたが、後日談
で甘めな二人が見られたことにより、良い感じに満たさ
れました。これでも充分面白かったですが、もっと細か
な心理描写がわかるよう、長い話で読んでみたかったです。

『今宵、猫を探しに』は、飼い猫・ウリを閉め忘れた窓
から逃がしてしまった本屋のバイト・吉村が、ほとんど
話したことのないバイト仲間の大学生・波多野が猫語を
話せると聞き、一緒にウリ探しをして欲しいとお願いす
るという話。波多野さん、猫目w 話としては、ただ一
緒に探してるうちに打ち解けて、もしかしてこれって恋
の始まり?というような何でもない話ですが、何か雰囲
気が良くて微笑ましかったですね。このピュアな二人が
どんな恋を繰り広げるのか、大変気になるところです。

『からまるココロ』は、半年前にカットモデルを引き受
けたのをきっかけに、美容師・優馬と付き合っている律。
でも極度の髪フェチである優馬は、自分の本体よりも髪
の毛が一番みたいで・・・という話。もしかして彼が好きな
のは髪だけ?というのは、フェチの彼を持った時によく
あるパターンで、そこは若干新鮮味に欠けましたが、ま
ぁ可愛いからいいかなと。

『想っても、叶わない』は、人間・トキオに恋してしま
った妖精・ノーマが、愛の言葉を口にしたら解けてしま
うという魔法を使って人間の姿になりトキオと会うよう
に。やがて二人は想い合うようになるけれど、ノーマが
好きだと言ってくれないことに哀しそうな顔をするトキ
オに、やがてノーマは耐えられなくなり・・・という話。
バッドエンド?という終わりですが、いやきっと幸せな
続きがあると思いたい。というか描いて欲しかった〜。

『恋が咲いた日』は、リュミエールとジュビーという、
お隣同士に住む猫の話。ほわほわっと可愛い話でした。

絵柄的には、宝井理人さんとか最後の話は紺色ルナさん
とか、その辺のイマドキな感じで、非常に見やすいし雰
囲気もありました。内容はやや荒いところが気になるも
のの、定番の先生生徒から、猫語にフェチに妖精に猫・・・
と、色んなパターンを見せてもらえて満足。
がっつりファンタジーよりも現実味のある話が好きな私
としては、猫語の話が一番好きでしたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール