selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





小説家と家政夫/梶ヶ谷ミチル 【onBLUE】

〔2014/7/25〕

★★★☆☆

大学生の日下部尚樹は、ある日家政夫バイト先の人気作家・
仙石原元がゲイだと知ってしまう。「〆切明けでたまってた
んだ」と押し倒してくる仙石原に抗おうとするが、お得意様
の機嫌を損ねてはと、なすがままに・・・。それ以来、次第に過
激になる仙石原のスキンシップで尚樹は知らなかった感覚を
開発されてしまって・・・!?
テクニシャンな隠れ肉食系作家×愛され魔性な家政夫のご奉仕
メイクラブ生活v

腰を痛めてしまった祖母に代わり、人気作家・仙石原の家で
家政夫のバイトをさせてもらうことになった尚樹。最初は失
敗ばかりだけど、料理も気に入ってもらい段々と慣れてきた
矢先、先生がゲイなのだと知ってしまう。しかも締切りあけ
で溜まっているからと、下のお世話まですることになってし
まって・・・。

家政夫がシモの世話という設定が安直なBLでどうなのかなと
あんまり乗り気じゃなかったんですが、しょっちゅう膝の上
に座らせられてナチュラルに乳首をイジられているのは何か
可愛くて和みましたw 
そして結果的には、結構好きな作品。強引に無理矢理やって
るという感じでなく、先生が上手いこと誘導している余裕っ
ぷりと、ぼんや〜と流されてしまう尚樹のオバカさんっぷり
が微笑ましくて、何かこの気合いの入ってない触れ合いに妙
な色気を感じまくってしまいました。アングルに拘った露骨
なエロより、こういうねっとり感の方が好きだなと。

梶ヶ谷さんにしては俗っぽい設定で、しかし大きな盛り上が
りはないので、今までの作風から期待しているとちょっと違
うという感じになるのかなと思いますが、歳の差、経験差ラ
ブが好きな私は大変楽しく読めました。普通だったらツンデ
レ受を持ってきそうなところ、あくまでぽやぽやした素直で
世間知らずな受に終始したのが自分的にはツボでした。
言ってみれば、ちょっと塩気が足りないんじゃない?という
薄味のスープみたいな味わいなので、物足りないという意見
も多いようですが、今の自分にはこのマイルドさが合ってい
たようです。普通に満足。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







夜まで待てない/梶ヶ谷ミチル 【onBLUE】


〔2013/7/25〕


★★★☆☆

「しがらみのない男と後腐れのないセックスをしたい」
新宿二丁目。夜のバーで向井修司が出逢ったのは、狼のように
精悍で強引な男・桐原だった。特定の相手を作らないようだと
聞いて桐原を気に入った向井は、その晩久しぶりに抱かれる側
となり、桐原に翻弄される夜を過ごす・・・。
一晩だけのつもりでハメを外した向井だったが、翌日、大学で
隣の席に座ってきたのは昨夜の男。桐原に再び関係を迫られた
向井は・・・。

3冊目のコミックス。
ファーストコミックス『放課後の不純』で、受の子・水谷の良
き相談相手でありながら何気に狙っていた年上の幼馴染・修ち
ゃんの話になっています。前作のキャラも出てきますが、読ん
でなくても特に問題はないと思います。

後腐れなく寝るだけの相手を求めてバーに来ていた修司が、特
定の相手は作らないと噂される好みの男・桐原に遭遇。向こう
は男連れだったにも関わらず、そっちを反故にして修司の元に
戻ってくるなどまんざらでもない状態に、とりあえず久々に受
として寝てみた修司だが、相性は抜群。しかし1度きりの遊び
だと思っていたのに、実は二人は同じ大学で・・・。

そんなわけで、体から始まって、なし崩し的に続いちゃって、
どんどんハマっていくという話。王道ではありますが、このあ
る程度遊び慣れている二人だからこその、体は簡単に何度でも
近付くけれど、気持ちの面が宙ぶらりんになっているという
絶妙な遠回り具合に萌え萌えしてしまいましたw
何というか、桐原のオス臭さがすごく好きv バイトが酒屋とい
うのもポイント高しw そんな自信満々の男が見せた最終話のマ
ジ告白なんかもう、堪らなかったですね。
エロ自体はそんなにエロい描写ではないんですが、個人的には、
呼吸が聞こえてきそうな接触具合など、発する空気に色気を感
じるタイプだなと思います。あ、そうですそうです、この表紙
みたいな感じ。

あとはおまけで、『放課後の不純』の沢木×水谷カップルの卒
業から2年後(付き合って丸4年)なんていうのも見られたり
して良かったですね。こっちもちゃんと、大人になってきてる
んだな〜という。

『放課後〜』の方は若さが暴走してるなという感じでしたが、
今回はしっとりめと、また違う感じのものが味わえて面白かっ
たです。こういうのも描けるんだなというのが判って嬉しかっ
た。でも今のところ、前回の『成長痛』が一番好きですね。
少し大人の大学生も良かったですが、高校生特有の青臭さ、甘
酸っぱさの表現もお上手なので、またその路線も期待してますv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ


コメント:夜まで待てない/梶ヶ谷ミチル 【onBLUE】






成長痛/梶ヶ谷ミチル 【onBLUE】


〔2012/4/25〕


★★★★☆

田舎の高校に合宿でやってきた柏野すばるは、ひとつ年上の
図書委員、夏目圭に出会う。早朝の図書室でのひと時、すばる
は圭の色素の薄い眼や、雨に濡れた肌が気になってしまう。自
分より背の高い、同性の年上相手に不埒な夢を見て動揺する中、
合宿が終わり、圭から「手紙を書いてよ」と文通を持ちかけら
れる。互いに手紙を送り合うふたりだったが、とあることをき
っかけに、すばるは返事が書けなくなり・・・。

2冊目のコミックスで、丸々このカップルの話でした。
デビューコミックスも面白かったんですが、若さが暴走してい
る感じのBL的展開を意識しすぎていたのか、勢いはあるけれど
あまり深みが無いような印象だったんですが、今回は程好くブ
レーキをかけながら、意識して掘り下げて描かれている感じが
見られ、結果、ときめきも感じられる大満足の内容でした。
こういう青臭いBLって、実はありそうであんまり無いような気
がするので、このまま青春路線で引き続きお願いしたいですv

で、また、実は読んで2ヶ月以上経つというのに、何度か読ん
ですごく満足したまま放置していたので、とりあえず今再読して
みてやはり面白かったものの、正直、あの初見時のトキメキを
思い出せるのか、自分・・・という不安たっぷりな状態なんです
がw、何とか頑張ってみます。


『164cmの5月』
東京の高校に通うバスケ部の1年生・すばるは、ゴールデンウ
ィークに顧問の母校であるド田舎の高校を合宿で訪れた。そこ
で朝早く目覚めたすばるは、何気なく入った図書室で、図書委
員の当番だという3年生の夏目に出会い、それから何となく夏
目のことが気になるようになり会いに行くように。ある日雨に
濡れた夏目を見た翌朝、すばるは夏目とのいかがわしい夢を見
てしまう。東京へ帰る当日、早起きして夏目と過ごしたすばる
は、携帯を持っていないという夏目の提案で、文通を始めるこ
とに・・・。

というのが出会いの話。タイトル通り、まだ164cmのこの間
まで中学生だったすばるが、ちょっと小生意気な感じで可愛い
ですね。恋とは気付いていないけれど、何か気になってしょう
がなくてという、はっきりと言葉に表せないそわそわ感がいい
な〜と。
東京に帰る当日、前がすばるで後ろに夏目さんが立ち乗り状態
の自転車で、猫が横切って急ブレーキをかけたら、夏目さんが
背中にドンと引っ付いてきたのが気に入ったらしく、再発進し
たら今度は何もないのに急ブレーキをかけてみて「いい・・・なん
か これいい・・・」と心でつぶやくのが可愛くて笑えました。

『169cmの8月』
楽しく文通を続けているすばると夏目。夏休みを前に夏目から、
8月に夏祭りがあるから遊びに来ない?と誘われ、出かけたす
ばるだったけど、祭りで同級生達に囲まれる夏目を前にしたす
ばるは、何とも言えないモヤモヤを抱えてしまい、その場を離
れるが・・・。

すばるが、自分の知らない夏目さんを知っている人達に嫉妬と
いう話。でもちゃんと追いかけてきて、俺はすばるといたいの!
と言ってくれた夏目にキュンでした。
しかしここでちょっとしたトラブルで、夏目にムラッと来てし
まったすばるが、夏目を押し倒そうとして一波乱。それがきっ
かけで二人の文通はちょっと途絶えてしまうんですね〜。

この、自分のやらかしてしまったことに腹を立て、ふてくされ
ながらもおにぎりを食べて美味しいと思うすばるのくだりと、
早朝に自分に何も言わず帰ってしまったすばるにプンスカする
夏目という、どちらも何気ないシーンなんですが、未熟な子供
らしい姿が出ていて、何か好きです。

『174cmの11月』
黙って帰ってしまって1ヵ月後に届いた夏目からの手紙を、自
分のしたことの負い目もあり、読めずにいるすばる。そんな時、
夏目は大学の下見で一人で東京を訪れることになり、直前にす
ばるに会えないかなと手紙を出していたものの、すばるはこれ
も読んでいなくて・・・。

電車を乗り過ごして変な所まで行ってしまった夏目が、すばる
に思い切って電話。すばるは迎えに行く電車の中で、読めてい
なかった夏目の手紙を読むという話。
何だろう。誠実な手紙の内容が素敵なんですよね。それによっ
て、逃げてばかりだったガキな自分を反省するすばる。でもそ
んなしっかりした言葉を紡ぐ夏目だけど、見知らぬ土地で一人
ぼっちはやはり心細かったようで、すばるの顔を見てウルッと
来ちゃうのがたまらなく可愛かったです。何なんでしょう、こ
のムードvしかも吸い寄せられるようにしたキスも良かったし、
その後すばるのベッドにもぐりこんできて、「誘ってんの!?」
と言われて「うん そうだよ」と返す夏目〜v 散々エロエロを
読んできた者からすると、さしてエロな描写では無いと思うん
ですが、この初々しい所が逆にすごくエロく感じてしまう妙。
気持ちが伴っているからか、何だかすごくそそるエロでした。

『176cmの3月』は最後の章。
クリスマス、新年と、夏目が受験生ということもあり会えない
けれど、お互いを想う二人。そして大学に無事合格し上京が決
定した夏目の実家に、引越しの手伝いに来たすばるは・・・。
夏目の家族が旅行で不在ということで、居間でちょっと盛り上
がり、2階に移動して盛り上がり・・・と、がっつく姿が若者らし
くて可愛かったです。

こうやって書き出してみると、話としてはそんなに大そうなも
のでは無いんですが、何か仕草とか表情とかとても未熟だから
こそ正直な二人が微笑ましくて好きでしたv若さゆえの不器用
さや雑さみたいなものがちゃんと感じられるのが、リアルでい
いんですよね。 身長が伸びていく体の痛みと、初めて恋をし
て感じる痛みと、あちこち瑞々しくてすごく良かったです。

最初は、圧倒的にすばるの方が子供っぽかったのに、終わる時
にはすっかり夏目を覆うことのできる体と心に成長していて、
たった1年足らずでこんなに変わっていくものなんだね〜と、
中々感慨深いものがありました。
もしかするとこれは、若者を見守るような気持ちで読める、私
のようなちょっと上の世代の方が面白く感じられるのかもしれ
ませんね〜。良い甘酸っぱさでしたv
次はどんな青春物が読めるのか、これからも楽しみにしたい作
家さんです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







放課後の不純/梶ヶ谷ミチル 【onBLUE】


〔2011/4/25〕

★★★☆☆

放課後の教室、それまでろくに話したことのなかった
陸上部の沢木と帰宅部の水谷。ふたりの関係は、沢木
が仕掛けた強烈なキスから始まった。密室の保健室、
図書室、自宅、修学旅行・・・・・・。2人はおそるおそる、
しかし濃密に恋を深めていく・・・。心騒がす秘密のカッ
プルストーリー!

明るい沢木と地味なメガネの水谷という、それまで接
点のなかった二人が、沢木が放課後の教室で水谷にキ
スをしたことから、恋に発展していくという話。

正直、1話目のキスから始まってというくだりが、唐
突過ぎてしっくりこなくて、この初めてBL描きました
感はダメかな・・・とか思ってたんですが、細かいところ
は抜きにして、がっつく性春として読めば、意外に面
白かったと思います。
保健室で図書室で、親のいる家で、美術室に図書室に
修学旅行でと、ありとあらゆる場所でキスしまくって
ますので、この秘密感は確かにムラムラッとくるなとw

ただ某所で良いと言われているほどの良さを感じなか
ったのは、やはり沢木がヤルことばかりに熱心で、ど
うもただの性欲魔人にしか見えなくてですねw 果たし
て水谷は本当に沢木でいいのかい?流されてるだけじ
ゃないのかい?と少々不憫で。もう少し沢木の方にも
水谷じゃないとダメなんだという部分、精神的なとこ
ろを見せてもらいたかったかなと思いました。最後の
教室のシーンは良かったけどw

しかしまぁ、沢木のガツガツとしていてややデリカシ
ーに欠けるやんちゃ具合と、最初は眼中外だったのに
流されちゃってまんざらでも無くなって、でもモジモ
ジという水谷のナチュラルさ、普通の男子だからこそ
のエロさ、シチュエーションのあるある感からエロへ
のスイッチするいやらしさなど、どこかでこんな恋愛
が繰り広げられているのかも・・・という妄想スイッチを
押してくれる感じは悪くなかったと思います。

そのナチュラルさがなんとなく、どこかのブログでお
目にかかったことのあるような話だった感じもするん
ですが、まぁ周りに気付かれないように逢瀬を交わす
二人は可愛いかったので、まずまず堪能できました。
次も期待してます。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール