selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





二度目の恋/山田ロック 【ihr HertZ】


〔2014/5/31〕


★★★☆☆

浅野和紀は子どもの頃から従兄の賢也が忘れられずにいた。
会えなくなって10年以上たっても、他に好きになれる人は
いなかった。そんなある日、飲食店の店主・三木と出逢う。
口は悪いけれど何かと気にかけてくれる三木。しかし、友達
に告白され悩んでいた和紀は、友達に対する曖昧な態度を
三木に咎められ、 突然キスをされて・・・!?

子供の頃一緒に住んでいて兄弟のように育ったイトコの賢兄
こと賢也のことが忘れられず、会社員になった今も恋人を作
ることができず、苦しい夢を見てしまう和紀。ある日とある
飲食店の前で友人・本田に告白されたところを、店主の三木
に見られ説教されてしまう。以来、店に通うようになった和
紀は、口は悪いけど優しい三木を意識するようになって・・・。

最初、三木=賢兄なんじゃないかな〜と思っていたんだけど、
あまりイメージが一致する感じはないし、何より和紀は気付
いてないようだし、その線はないな・・・と思ったら、やっぱ
そっちなのー!?という。うん〜、それならそれで、もう少し
上手くやって欲しかったかも。

これって結局、どっちも気付いてなかったということで良い
のでしょうか?
賢兄は出会いの時点で気付いてたのかなと思ってたけど、
最後のネタばらしのコマでびっくり顔になってましたしね。
(それにしても、ここのコマ割の読みにくさw)
和紀も途中、賢兄の部屋に飾ってある写真を見ても気付いて
なかったし。お互いに境遇が一致し過ぎなのを変だと思わな
かったんだろうかなど、何か色々と気になる部分があって
モヤモヤしちゃってます。

口うるさい大人と危なっかしい若者という年の差のある二人
のやり取り自体は面白かったので、いっそのことこういう奇
を衒ったオチじゃなくて、お互いにトラウマを乗り越えて新
しい恋を始めるぞというシンプルな話で良かったんじゃない
かなという気がしました。何か惜しい作品かも。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







羽化/山田ロック 【Baby】


〔2013/8/24〕


★★★☆☆

「僕は必要のない存在だと思ってた・・・」
晶は小さい頃から女の子として生きるように強要されてきた。
隠れるようにして生きることに、面倒から逃げて生きることに、
自分に、辟易していた。ある日、母親から暴力を受け満身創痍
の中村と保健室で出会う。苦境の中でも前向きに生きる中村に
あこがれ、自分が本物の女だったらと考えてしまう。
自己嫌悪と葛藤を繰り返しながら成長する、17歳の物語。

後継者争いから逃れるため女の子として生活している高校生の
晶が、いつもケガをしてやってくるヤンキー風な生徒・中村と
保健室で出会い、辛い境遇でも自分を見失わない中村に惹かれ、
自分も自分らしく生きようと目覚めていくというような話。

大人の都合に振り回され、それでも必死で生きている彼らが
健気で何か泣けました。特に、母親から虐待されている中村と、
その弟・裕太の頑張りがいじらしくて。こういうの弱いので、
読み終えた今も、傷だらけの裕太の姿を見るだけで涙が出てし
まいます。

ただ、全編商業未発表作品ということもあるのか、話がバラバ
ラしていて読み難いなと思う部分があったり、重苦しい設定の
割には最後はサクッと終わってしまって、これは解決したのか
なぁ?という感じだったので、少し消化不良に思った感もあり。

あとは、そういう不憫という部分で心打たれはしたけれど、恋
愛の話としては、少し印象が薄いかなという感じも。晶の兄の
話も良かったですが、できれば後日談4コマのような2人+1人
の生活ももっと見てみたかったですね。しかし裕太可愛いな〜v

そういうわけで、少し気になるところもありましたが、中々読
み応えのある内容で、思ったよりイタ過ぎない感じで良かった
と思います。面白かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







犬と烏と約束の丘/山田ロック 【POE BACKS】


〔2011/3/24〕

★★☆☆☆

ある日怪我を負った「烏のまだら」は、動物病院に
保護される。そこに住む「犬のはやぶさ」は人なつ
こく、最初は戸惑うばかりのまだらだった。心を許
して語る、烏がしんだあとの世界。それが寂しいと
いう吐露に、はやぶさは「特別な丘の話し」をする。
宝もの、好きな人、ずっと一緒、読み終わったあと、
きっと胸に幸せな言葉がキラキラ溢れる。

半分近くのページを占めているのが、表題作のカラ
スと犬の擬人化の話。これはまぁ、少々荒さが気に
なるものの、ある程度の長さがあるので、割と読み
やすかったです。二人のふれあいという部分では
すごく好きだったし、毎日窓辺にお見舞いの品を届
けるくだりなど、ほっこりとする感じは良かったと
思うんですが、どうしても何か、色んなことが端折
られているような、途切れ途切れな感じがして、完
成度としては気になってしまうところ・・・。

あとは、蜂の擬人化『Sweet Honey Bee』、コー
ヒー屋の孫達の話『たばこ屋通りカフェオレ番地』、
ハロウィンの話『Jack』、年の差カップルの話『A
 cat』、図書委員と野球部員の『図書室の主』が収
録されていて、色んなパターンが楽しめる・・・と思う
んですが、いかんせん同人誌を読みなれていないの
で、このざっくり感にどうも馴染めなくてですね・・・。

どれもいつでもクライマックス、どれも続編みたい
な・・・。お行儀良く、起承転結に並んでいるのが好
きな凡人には、いまいち良さがわかりませんでした。
他所では好きだという人は少なくないようですので、
擬人化スキーな人なんかは共感できるんじゃないで
しょうか。まぁこういう荒削りなものを、まんま本
にしちゃう威勢の良さが、このレーベルの色でもあ
るのかな。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール