selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





赤い目をした少年は/佐倉ハイジ 【ルチル】



〔2009/10/24〕

★★★★☆

“ただの友人の弟”だと思っていた了から、泣きそうな
顔で「好き」と告げられたサラリーマンの良行。了が
「望みがない」と諦めて他の男に目を向けようとして
いた、まさにその瞬間、良行はのこのこと現れてしま
ったらしいのだ。それ以来、キッパリ拒絶することも、
かと言って受け入れることもできずにいたが、めげず
に健気に(ときに図々しく)慕ってくる了に、やがて・・・?

気付けば1年以上ぶりのハイジさんの新刊です。ウレチィ。
話は、リーマン・良行が、友人の弟で高校生の了に一途
に愛され、可愛くて仕方がなくなっていくという、それ
だけの話です。元々の脱力具合に加え、レーベルもルチ
ルなもんでエロも無しなんだけど、ほのぼのを貫いて作
った空気感はさすが絶品なので、これはこれで良いのです。

今回は、了がお子チャマで、ちょっぴりオバカちゃん風だ
ったのが、良行の庇護欲を駆り立てるような形になってい
て良かったですね。
イカ焼のタレが頬についているのを拭ってもらって、
「・・・もう!」って言いながら でへっと笑顔を見せたりとか、
「男は俺だけにしとけよ?」って良行にからかわれて、真っ
赤になって「・・・どうかな・・・」と言った後に、振り向いたら
ドアにぶつかって「鼻ぶった!!」と半べそになったりとか、
過剰な日焼けに苦しむ姿とか(良行のオカン姿、超ウケ!)
、色んな可愛い了に良行と同じくメロメロでした。

そういうお茶目なところと、ふいに見せるマジモードのラブ
シーンの何とも言えぬギャップ。これに何度やられたことか。
そして受溺愛が一番伝わってくる、大好きな体格差だったの
も良かったですね。膝にすっぽり収まるサイズ。
そんなに激しくもないキスだけでこんなにドキドキさせられ
ちゃうんですから、この人が本気でエロを描いたとしたら、
私は萌え死に必至ですね。

そういうわけで、今回はほのぼのメインだったので、キュン
の回数自体は少なかったんですが、たとえ毎回顔が同じだろ
うと、背景が白かろうと、それも全て味なんだからそんなこ
とは問題無し。むしろそのシンプルさと、エロに頼らない内
容で、ここまで萌えが描けるというのがスゴイと、改めて思
いましたです。やっぱり好きだな〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








この手でよければ/佐倉ハイジ 【ASUKA】


〔2008/8/1〕

★★★★☆

家事が苦手で風呂嫌い。超マイペースなフリーライター・
早瀬さんの家に居候することになった潔癖高校生・将ちゃ
ん。大雑把で片付けが苦手なうえに自分がホモであること
を清々しいほどにオープンに宣言しちゃうマイペースな早
瀬さんの世話を焼く将ちゃんだが、次第に早瀬さんへの特
別な気持ちに気づき・・・?

あ〜キュンだ。
初っ端、ゲイビデオを口をポカッと開けて観る早瀬さんと、
そんな早瀬さんに「いやらしい」と言っちゃう将ちゃん。
お風呂嫌いで、正直清潔だとは言えない早瀬さんのと自分
の洗濯物を一緒に洗うのを嫌がる将ちゃん。そしてイジケ
る早瀬さんに駄目押しで「本当にくさい!」と言っちゃう
将ちゃん。そんな自分は毛虫のように嫌われていると自覚
している早瀬さん。「くさい!」って・・・もう、ここからラブが
始まるのか?と不安さえ覚えさせられるような、そんなスタ
ートなのに、どうしてこんなに萌え〜な空気を出しちゃうこと
になるんでしょう。ハイジマジック。
あ〜可愛い可愛い。ほんと、可愛い。

『愛はどこだ』
やたっ!メガネ。
「寡黙な元刑事×子守&家事に追われる苦労青年のミスマッチ
ラブ」です。日留川さんが、おそらく亮のことを好きなはずなのに
ちょっと邪険に扱っちゃうとこがいい。そんなだけど大好きなんだ
よってのが後で感じれるのがいい。できればもっとゲロ甘いとこま
で見たかったので、もう一話欲しかった。

『星の願いは』
わけあってウリ専ボーイの流星28歳。新入りなのに長老扱いで
若い子達にボロクソ言われ、頑張ってSMやったのに、「つまら
なかった」と言われ、そんな散々な中から恋に堕ちちゃうとこが
可愛い。サラッとしたオチもウケた。

というわけで、今回は『この手でよければ』『愛はどこだ』
とも年の差ラブでしたね。何でかな、何でこの人のキスシーン
ってこんなときめくんだろう。ふざけてる部分との落差のせいも
あるし、素直じゃない受の性格のせいもあるし。そしてやっぱ
り、攻が本当に大事そうに抱きしめちゃうところが一番ときめく
要因だろうなぁ。
そんでいつもどおり、一番大好きな体格差だし。
何より攻の、首肩背中のラインが大好物!の自分には鼻血モ
ンですよ。癒されるなぁ〜。
二ヶ月連続で新作読めるなんて、幸せ〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





大人になっても/佐倉ハイジ 【drap】


〔2008/6/25〕

★★★★☆

その人はいつも大きな背中を丸めて、それはもう真剣に、
マンガを描いていた。
高校の頃の先輩で、斉川さんという人。斉川さんは今、
どうしているだろう・・・。
数年振りに再会した斉川と三園。二人の恋の行方は・・・。

萌える萌える萌え〜る。
もー待ってましたよ、新刊っ。
1ページ目から主役が白目とかありえなさすぎ。

例えばギリシャに旅行に行っちゃうとか、アシスタントが
外人だとか、そんなこと後になって全然関係なくって、そ
こいらの温泉でも良かったし、ふつーに日本人で良いはず
なのに、そういう伏線とか全く無視な中で繰り広げられる、
ゆるいノリツッコミが楽しくて楽しくて。

ほんっと、出てくるコらがみんな魅力的なんですよねぇ。
今回、メインにメガネがいないという快挙(?)でしたが、
全く問題なく、むしろ脇でどこまでもアホ〜な空気を醸し
出してくれたサブめがねの後藤と野口が、相当ふざけてて
ツボでした。

ゆるゆるでオチの固まってないエンディングでも、どうして
かぜんっぜん腹も立たない。これを味として楽しませること
のできる面白い空気を出す人だ、ホントに。
そんでホッペ触ったり、キスしたり、抱きしめたりの密着
具合が、露骨なエロより色っぽかったりすんですよね。


かつて高校の先輩後輩だった二人が、漫画家と編集として
再会する『大人になっても』が2編。これはもう少し続き
を読みたい。
斉川さんと飲めて、頬を染める三園に、斉川が
ホッペをつねっとしながら「何だその顔 春の新色か。」
うふふ。いいわぁ。

干渉されたくないのではないかと一歩引いている大人と、
寂しいと言えなかった高校生の『君と不毛なラブストーリー』。
引き止めるシーン、イイ。まず誤る、と誠実な南淵さんがステキ。

連れ子同士の義兄弟ラブ『好きって言って許されますか』が
2編。弟が相当ヘタレで楽しかった。「にぃ にぃ」連発可愛い。


もうね、ヒイキだろうと言われても構やしません。
好きです、好きです。何回でも言います。好きです、ハイジさん。
あっさりめの絵の中に、魂こもってるんすよね。
キャラが生きてるな、恋してるな、と。ドラマチックでも
何でもないんですけど、心動かされるのですよ。

あ、忘れてた、表紙もイイ。大体いつもこんくらいの体格差
なんだけど、見たまえ、この攻の手の位置と、背中の丸め
具合。「デカイ攻が受に接する際に丸める背中フェチ」には
たまらんです。受の収まり具合もヨシ。
あ〜どんどん新作出して欲しいのぉ。





暴れる犬/佐倉ハイジ 【ASUKA】


〔2006/4/28〕

★★★★☆

5歳下の貴利に、子供の頃から猛烈に懐かれていた祐次(28歳)。
いつの間にかスーツの似合うオトナの男に成長した貴利に、
未だに懐かれる日々。オトナな反応を心がける祐次だが、
ストレートでマイペースな貴利の慕い方に、カラダもココロも
惹かれてゆき・・・

年下超ヘタレワンコ(しかもメガネ)攻め×年上オレ様リーマン
受けです。
貴利の素直で可愛い愛情表現と、祐次のオトナを装ってるん
だけどグルグルしてる感じが、ユルくてステキなハイジワールド。
ハイジ作品、このヘタレ×オレ様が基本ですが、何とも毎回味の
あるキャラが登場してくれて、飽きることないですなぁ。

これには途中で祐次の元カレ 洋一が出てきます。この人がまた
貴利とは違うチャラっとした男で、そん時は、おいおいオッサン
邪魔してんじゃねぇよ・・・と思ったものですが、実はこの後の『迷
える狼』でカレが主役です。
初っ端祐次とのシーンから始まって、あれ結構マジだったんだ、
何だオッサンいいやつじゃん、と思ったら、その次のページで、
何とこのチャラいオッサンの職業が、小学校の先生ときたもんだー。
マジ噴出した。しかも歯が痛いと子供たちにばれて、見して
見して〜と口をいじられたりしていて、もうこれだけで、この人
のキュートさにやられてしまいました。ほらね、やっぱハイジ作品
で嫌いなキャラなんて出てこないのよ。皆可愛いの。


『迷える狼』
小学校教師の洋一(36)は、8歳年下で可愛がっていた彼氏祐次に
振られたばかり。
同僚の小野君(25)に誘ってもらった飲み会で、祐次に似た感じの
昇君に会い、気になる洋一は、皆と別れた後、昇を追いかけた。

そして何故かくつろぐためにホテルへ。(「オレのバーカ
ハイ玉砕」がウケるぅ)昇のペースで、淡々と一緒に風呂に入り、
歯を磨く洋一だったが、昇が積極的な子なのか、事務的なのか
イマイチ掴めない。それでもこちらの誘いには素直に応じてくれる
昇だったが、終わった後はあっさりと別れてしまい・・・

ちなみに昇くんの職業は歯医者さんです。偶然小学校の近くの
歯医者に行ったら、再会できたという。そしてあの時なんだか
そっけなかったのは、照れくさかっただけだということも判明。
思った以上の可愛さに、益々惚れていく洋一です。

あーもぅ。オッサン可愛い。思った以上のヘタレっぷり。
出会った時から昇君のこと、ドストライクで、かわいいな、って
何回もつぶやいている、そんなあんたが可愛いよ!
いやいやこれぞヘタレ攻め萌えの醍醐味。堪能ですよ。





お世話やきます/佐倉ハイジ 【ドラコミックス】


〔2005/9/3〕

★★★★★

あぁもう。ありえないステキヘタレ(この場合、ヘタレ度が
高すぎるという意味)に、ヤバイ完璧ヤラレタ。悶え死に
するとこやった。
またいつものように、何かわからんとこで、ツボに入って
しまって、ユルユルヘタレワールドのとりこに。
ハイジちゃん上手すぎ。


手嶋は、可愛いけれどワガママな後輩 雄一のことが大好き。
いつも何だかんだと迷惑を掛けられっぱなしだったけど、
それも好きだからいいように使われてやっていた。果たして
そんな手嶋に報われる日は来るのか・・・

ハイジさんお得意のメガネヘタレ攻め×小悪魔後輩受け、
もうずっと見ていたい組み合わせです。
ヘタレがいちいち心でつぶやく自分突っ込みとか、雄一が
地元に帰ってくるって言ったときのフルフルに至っては、
もう何回見ても笑い続ける自信があります。

数々のワガママは、気を引きたいがためってのが可愛いでは
ないですか。そりゃ、お世話もしたくなるってもんです。


『あまい痛み』
人のあまりいない島で、別荘の管理の仕事をして暮らしている
美浜は、ある日休暇で別荘にやってきた国津さんに会う。
優しくしてくれる国津さんに次第に惹かれていく。それは
寂しかっただけなのか、人恋しいのか、解らないけど・・・

おぅ。微妙にムッツリっぽいところが良かったぞ。


『愛と笑え』
倉持は加尾と暮らしている。ある日、自分が知らないうちに、
加尾がボーイズバーでバイトを始めたと聞き、慌てて店を
確認に行く倉持。そのバイトも人が良くて断れなかったらしい。
自分と一緒に住むというときも、倉持が気に入ったところに
住みたいと、本当は何かと理由をつけてそばに置いておきたい
倉持に対して、嫌な顔ひとつしなかった加尾。本心はどうなのか
知りたくて・・・

有難う。またしてもヘタレメガネくんです。しかもこちらさらに
ボンヤリくんです。告白シーンはキュンです。
オチ、うけた。しかもねちっこかった(笑)


『どうぞ手を』
親友園田に彼女ができ、すっかり取り残された気分の水野。
美味いものでも食べれば気がまぎれるかと、入ったいつもの
店で、うっかりお金を忘れ、店員の野宮さんに借りることに。
翌日返しに行ったことがキッカケで親しくなるが・・・

クールな年下攻めです。マフラーのくだりの、じんわり
近づいていく感じがよいです。





思い知れ。/佐倉ハイジ 【ASUKA】


〔2005/1/29〕

★★★★☆

折角だから連発でアップです。
先ほどの『感応喫茶店』収録「思い知れ。」のシリーズはこちら。

最初から、ハイジワールド全開です。なんかこう、後ろの
ワキの人たちの表情とか、ちょっとした仕草までいちいち
可愛いなぁ。


『知る思い。』
平穏を求めて山の中にある男子高に来たのに、寮で同室の
何故か野蛮で強引で不器用な先輩本郷と、うっかり恋人同士
らしき仲になってしまった小川。
素直になれずケンカばかりの毎日だったけど、春を迎え
ついに本郷の卒業が・・・

前回のでは、まぁ男しかいないし、お試しみたいな始まりの
2人だったけど、何かとぶつかりながらも今も上手くいっている。
自分の方が好かれていると思っていたのに、全然連絡して
こない、不器用なオレ様人間本郷のせいで不安ばかりの小川。

あーもう、このオレ様のさりげない優しさがくるよねぇ。

『思い知れ。』
本郷が卒業して一年、まともに会えなかった2人だが、小川が
卒業し、晴れて本郷の近くのアパートに引越し。
家賃で悩む小川に、俺んトコに住めばいいのにと言いながら、
大して嬉しくもなさそうな本郷。とりあえずアルバイトに精を
出す小川だったが・・・

久しぶりに一緒のベッドで寝て、本郷が腕枕してるとこと、
起きて小川の顔眺めてるとことか、いいっス。
断然一回目より切ない感じが増してる。ま、でもやっぱ無神経
男本郷なんで、ちゃんとオチもあるけどね。

『思い知れ。』
付き合い始めて五年経ち、本郷の押しが弱くなったと感じ
ている小川は、飽きられてきたような不安に。そんな時、
本郷が卒業後、小川の同室だった佐々原が結婚することに。
二人揃って式に出席し、二次会へ、というところで、本郷は
先に部屋を取って休むという。二次会を楽しむ小川だったが・・・

あーこの電話からの流れ、超萌えですー。
電話の内容も、小川のモノローグも、2人のやり取りも、かなり
グッときちゃいます。お互い何してやれるわけでもないけど、
このままが良い、っていう想いが、切なくて・・・・・・・と
思ったらオチが〜!やっぱこの男、ムード無ぇー(笑)ってか
言い忘れてた。本郷のつなぎ萌え〜。
ベッドの上でユラユラしてんのが、えらい面白い。



『芽吹くみどりに』(前後編)
六葉は遅刻常習者で勤めている設計事務所の社長雑賀さんに
いつも怒られている。
住んでいるアパートが取り壊しになるため、友人の店を
訪ねた六葉はあっさり断られる。そこに偶然現れた
雑賀さんと食事することに。帰り道、クローバーを二つ重ね
て六葉にし、嬉しそうに六葉の名前を連呼する雑賀さん。
そしていよいよ引越しを決めなければならないという時、
行く所のない六葉に、雑賀さんが家に来いと言ってくれて・・・

雑賀さんは六葉を気に入ってるからいつもお世話してるし、
家に呼んだんだけど、まーったくそういうことに免疫のない、
メガネ受がどんどん雑賀さんを好きになっていって、ぐるぐる
しちゃってるヘタレぶりが良いなぁ。





感応喫茶店/佐倉ハイジ 【ASUKA】


〔2004/3/26〕

★★★☆☆

ハイジさんの読み始めたら、何回も読んでしまって、
全然進まなくなるんだよなぁ。しかもこれの中に
収録されてる「思い知れ。」がこの後一冊になって
出たのがあって、そっちも続けてまた読んでしまった。
こうやって読んでみると、これは最近のに比べてかなり
ライトな感じがする。そんでもやっぱ独特の雰囲気は
大好きです。「夜にむすぶ」がキュンだった。

『感応喫茶店』
突然思い立って会社を辞め、純喫茶のマスターとなった
久原。会社を辞める前にキスされて、反射的に拒んだ
ことから気まずくなるのかと思いきや、何もなかった
ように頻繁に足を運んでくる元同僚の藤波。
実はそれ以前から、藤波に特別な感情を抱いていて、
また藤波の想いにも気付いていた久原は・・・

ヘタレはもっとヘタっててもいいな。

『思い知れ。』
親の海外赴任で農業高校の寮に入った小川は、変わり者の
先輩 本郷と同室になる。どこまでも俺様な本郷のペース
に巻き込まれてばかりで・・・

このときはあんまり恋っぽい感じじゃなかったのね。
ま、一応馴れ初めが知れてよかったです。

『ちなみに僕は』
お調子者の崎戸と大人しい町田君は付き合って半年。
誰にでも調子のいい崎戸がどこまで本気なのかが
分からなくて不安になって・・・

『夜にむすぶ』
末は金井の父親の紹介で、一人暮らしの金井の家に居候中。
金井の事が好きな末は、毎日のように金井に俺が好きだろう
と尋ねる。それは好きになってという願いだった・・・






お味はどうですか?/佐倉ハイジ 【ASUKA】


〔2003/5〕

★★★★☆

『お味はどうですか?』『その後はどうですか?』
文化祭準備の最中、クラスメイトの三倉に突然なぜか
構われるハメになった荒木。肉好き、ジャージ好きで
何を考えているか分からない三倉に振り回され、挙句
の果てにキスまでされて・・・

ジャージなのに色っペー。
「荒木の匂い 煽られんだよ」


『だから何だよ?』『お前なんか大好きだ』
会社に近いからと、後輩端島(メガネ)の家に頻繁に
泊まりに行く上野。だけど自宅近くの支店に転勤に
なってしまって、わざわざ会いに行く理由もなくなっ
てしまった。

あーこの最後にって挨拶しにきたとこ、すごい萌え。
ヘタレ攻め全開。

そしてそんな2人が、メガネの陰謀により、ちょっと
旅行。こうなりたかったはずなのに、メガネの攻め
っぷりにちょいビビッてる先輩が可愛いっす。


『何が欲しいか教えてよ』
1年の青木はサッカー部に入ろうと部室を訪れるが、ダラ
けててやる気なさげ。そこの顧問半藤(28)に踊らされる
少年。家に行ってもあっさり帰されて、気は無さげ。

おー見事な誘い受け。うヘゃって声出ちゃいました。
いやいやHシーンまで味がある。


『「わかってほしい。』『わかってほしい。の続き』
友達のお兄ちゃん加治さんと、17歳の恒。
好きで空回り。いいっすねー。夜のオフィスプレイです。
体格差&年齢差萌えー。





俺様なペット/佐倉ハイジ  【ASUKA】


〔2001/9〕

★★★★☆

全然更新できんなぁ。
何?BLって。少女漫画と違って一回読んだだけじゃ満足
できん。濃いのよ、恋に関しての描写が。相手に対して
キモチは直球、なのに態度は変化球、みたいの連発なので
何度読んでも面白い。だからハイジちゃんとこで止まって
しまって、早く更新したいのに、他のも読みたいのに、
他のも読み直したいのに、時間が全く足りません。
ま、地味に亀更新で。


01年のなんで、ちょっと絵が違う。
5本入ってます。Hなしだね。

『俺様なペット』
大学中退以来、無気力で最低レベルの生活を送るモトオ。
気になって、どうしても世話をしてしまう幼なじみの
ハジメ。モトオのためにも突き放す決心をしたハジメだが・・・

オンボロアパートに住む無職のモトオが心配で、頻繁に
食料差し入れているハジメ。なのにモトオ兄に甘やかさない
でくれと言われ、あれ?何でこういうことになってんだ?
と考えてみれば、思い当たるのはモトオの子供の頃からの
自虐癖の数々。
だけど今回だけは、世話やかないと決めたけど。

モトオがちゃんとしてないのは、ハジメの気をひくため。
これはモトオが攻めでOK?すんごいダメダメなコです。

『リモコン。』
直は、ピントがずれてるためにジーサンと呼ばれている、
喜一(メガネ)をちょっとからかってみることに。
自分を変えたいと思っている喜一に、お前のためだと、
振り回す直だったけど、気付けば、なんでこいつは俺の
言いなりになってるんだ?と。

あーメガネの芯の強さがいいねぇ。


『てつ・らぶ』
やることない佐原は、ある日コンビニの前で、鉄道オタの
サラリーマン宮本(25 童顔)と話すようになる。

何やろう。こう、ちょっとした立ち振る舞いにも味がある。


『酩酊ドッグナイト』
客引きをしている柳は、酒を飲むたび何かを持ち帰り、家は
ガラクタだらけ。ある日、仕事中に、以前アルバイト先で
一緒だった白岩に会う。目が覚めたら家に白岩を持ち帰っちゃ
ってた柳。何でかカラダにアザがある白岩・・・

Mですね。白岩が誘い受けでOK?


『春が来ても夏が来ても秋が来ても』
美容師理人は、先輩の兵庫さんが好き。なのに兵庫さんが
本部に異動になってしまい、気持ちを伝えられないまま。
ある日、返し忘れたCDを、わざわざ兵庫さんの方が
取りに来るという。 ここでもう兵庫さんの気持ちが出て
るから、既に最初から両想いなのに、あーなんてもどかしい
んでしょう。この後、兵庫さんイギリスに半年行っちゃいます。

ってか、この帰ってきてから、想い倍増みたいな兵庫さんに
萌えです。えーなぁ、この5ページ、キュンキュンです。





投げやりの夜/佐倉ハイジ  【ディアプラス】


〔2007/9/29〕

★★★★★

ヤバイ。(←4行目への掛詞)
先日より急に目覚め、アホのようにBLを読み漁っている
ため、全然アップできてませんが。だって楽しいんだもん。
完璧ハマった。ヤバイ、ハイジワールド。
どうするオレ!?萌え死に寸前。

数冊読んでわかったね。
自分、「ヘタレ攻め萌え」だと。またこのハイジさんのが
ダントツ、ヘタレ攻め×強気受けの構図がとても素晴らしく、
ドストライクというか、いっそのこと頭部にデッドボール
で死んでもいい。ホント、マジ、ダイスキ。

「受け攻め度チェック」で自分の診断してみたです。
○○さんは【強気受】です!
相性がいいのは・・・へたれ攻・鬼畜攻
あー大正解。そのとおりです。強気受けキャラを見るたび、
自分みたいやなーっと思うです。天邪鬼やけんね。

というわけで、この最新作、メガネスーツ黒髪
デカイ攻めが二本で、幸福です。
(二作目はメガネではなかったけどそれでも好き)
もちろん、このキャワユイ強気受けがいるからこその
魅力であります。あーもう、どうしていいかわからんが
何かに恋している。ハイジか?ハイジを愛してしまったのか?
イタタ。


『投げやりの夜』
吉野の部署に新しく入ってきたのは、優秀だけどなんだか
ウザイ橋元。そんな彼から過剰にスキンシップされたり、
手作り弁当を持ってこられたりと、毎日激しく付きまとわ
れて、吉野はすっかり疲れきっていた。
だがある日、ひょんなことから橋元と一夜を過ごしてしまい・・・

あ〜メガネぇ。あんたはどうしてそんなにアホなのぉ。



2人のやりとりが面白すぎる。メガネ頑張るなぁ。
吉野が部下の村井君にセクハラするのがウケる。しかも
取引先のヒトからも狙われてる。


『お仕えしません』
二年前、デザイナー内藤の元に、情熱的に押しかけてきた
アシスタントの博田くん。実は行くトコなくてどこでも
よかったと知ったときには後の祭り。もう博田くんに愛情が
芽生えていたという。それでも近くに置いておきたいのは
見てるだけでも幸せだから。
そんな気持ちを微妙に否定されているような気がする内藤
だけど、実は博田も・・・

攻めが「かわいい」って心の中で言うのが、超萌えるん
ですよねー。
密かにぬっちょひっつき兄も気に入っている。
オチもいい。


『馬鹿でもいいだろう』
池内は厳しいけどたまにかわいい上司の大多が好き。ある日
たまり場にしていた水田に彼女ができて、遊び場がなくなって
しまい、2人きりで過ごすことに。いっぱいいっぱいな池内
に対して全く動じない大多。オレばっかり好きで・・・

池内、素直でかわいい。上手く伝わらないもどかしさがイイ。


そんなわけで、もう愛してます。今日はこれだけ二回も三回も
読んじゃって、全然進みません。何?この幸せなキモチ。





| 1/2PAGES | >>




イトラコナゾール