selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ボディガード絶対服従!/青飯ミサコ 【Daito】


〔2011/5/25〕

★★★☆☆

ヤクザの組長・嵩木のボディーガードをすることになった
元自衛官・大紀。だが、強引な嵩木に言いがかりのように
押し倒されて、カラダを繋がれ感じさせられてしまう。さ
らには衆人環視のもと野外で犯され、マエに綿棒を入れら
れて・・・。なぜか大紀に執着し、執拗にカラダをもとめる
嵩木。大紀の男のプライドが快楽に服従するとき、二人の
間に芽生える感情とは・・・。

元自衛官で不祥事からクビになった大紀は、なんでも屋を
始めた。そんなの大紀の貼ったチラシを見てを呼び出して
きたのは、自分の用心棒を任せたいという、ヤクザの組長
・嵩木。しかし何かと理由をつけては、カラダを好きにし
てきて・・・。

というわけで、ちょっぴり生意気な青年が、ドSなヤクザ
に抗えず、やがて離れられなくなってしまうという、まさ
に絶対服従に持っていかれてしまうという話。
大紀は自衛官時代に、親友に拳銃を奪われ、その友人が人
に向かって発砲。それが元でクビになっていて、いつかそ
の持ち去られた銃を取り戻したいという思いもあるようで
すね。

携帯配信ということもあるのか、1話1Hな感じなので
あまり深くは無いですが、ヤクザ絡みのエピソードとエロ
のバランスが良いので、トントンと楽しく読み進めること
ができました。何よりやんちゃな大紀がメロメロにされて
グズっている感じが非常に可愛らしく。まぁ綿棒は、個人
的にはムズムズしちゃうので苦手なんですがw、ひたすら
やられっぱなしな姿は、オバカっぽくて好きです。

現在出ている『上・官・命・令』とどこか似たような匂い
のする設定ですが、こちらの方が単純明快なので、自分と
しては断然読みやすかったです。
まだ続くようですので、更にどんな感じにメロメロにされ
てしまうのか、嵩木がどんなセクハラをかましてくるのか、
楽しみにしたいと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







上・官・命・令(2巻)/青飯ミサコ 【BL Rockets】


〔2011/2/28〕

★★☆☆☆

二等兵・小笠原巷は、肉体的支配者でもあるレバント
少将の出征中、同軍に所属する幼馴染みの愛に守られ
ていた。距離を置いたことで、レバントの愛、レバン
トへの想いに気づき始めた巷だが、さらなる上官が仕
掛ける「復讐劇」に巻き込まれ・・・。
 
思ったより早く2巻が出ましたね。
経済破綻し崩壊した日本の一部を支配した、アメリカ
軍基地が舞台。
自分の地位向上と、巷を輪姦した日本兵に罰を与える
ため、自ら出征したレバント。その間、巷を護る役目
を、巷を子供の頃から大事にしてきた幼馴染の撰弥に
託す。撰弥が自分のことを想ってくれているのを良く
理解している巷は、レバントの留守の間、撰弥に身体
で奉仕するが・・・

というわけで何か・・・忙しい話ですねw
最初はレバントに一方的に気に入られ、性奴隷にされ
ていた巷が、やがて本気になってきたレバントの想い
に気付くも、レバントは出征。その間、撰弥と関係を
持つ巷。そこに新たにやってきた、レバントに恨みを
持つアラマン大将に目をつけられちゃった巷は、また
もや強姦のピンチに・・・と、何だこの堂々巡りw

ひとつひとつのエピソードは、それなりに楽しいんで
すけど、あんまり話が進まないし、巷はアホだしw、
レバントも何がしたいのか良くわからんし・・・でも決し
て面白くないというわけでもないんですけどね。もう
少しちゃんと先が見えるような話にしてくれればいい
ものをとw この辺が携帯配信専門って感じでしょうか。
すわピーンチ!みたいのは度々あるんですが、だから
と言ってそれによって話に深みが出るわけでもなく。

しかし、巷ってこんなに幼い感じだったんですね。そ
もそも生い立ちとかが描かれているわけでもないので、
その辺の曖昧さもいまいちキャラを掴めていない理由
かもしれないです。
何か、全部の構想が出来て描いたというより、最初と
最後だけ決めておいて、間は適当に盛り上げエピソード
で埋めました、的な雑さが気になるんですよね〜。楽し
くないってことも無いんですが、何が言いたいんだろう
か・・・っていう。どうでもいい系?w


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







禁断発育期/青飯ミサコ 【KAREN】


〔2010/12/27〕


★★☆☆☆

「やらしい先生だなぁ」そういって遙山は、浅野の中
に挿したモノを焦らすように出し入れする・・・。生徒の
遙山に誘われるがままに関係を持ってしまった、あの
日。以来、それをネタに脅され、遙山の性欲処理をする
日々。教え子に弄ばれる度、自己嫌悪に苛まれる浅野だ
が、罪悪感と羞恥心でボロボロになりながらも、カラダ
は悦びに打ち震え・・・。生徒×教師の禁断愛ほか、ガテ
ン系、リーマン、脱チェリーなど艷男たちの恋愛を5編
収録!

表題作は、生徒・遙山のことを気になっていたことを
本人に悟られ、されるがままに関係を持ってしまった教
師・浅野だったけど、実は遙山は意外と本気だった・・・
という、先生受の話。まぁ良くある感じで。

『ヤツは美貌の星』は、本当はイケメンなのに、普段も
Hの時もビン底メガネ、夜はアイマスク、洋服のセンス
も無いというダサい秀星と付き合っている悠介は、そん
な秀星も可愛いと思っていたのに・・・
見た目だけじゃなく、中身も悠介に惚れて欲しかった・・・
的な、これもまぁ良くある話でしたね。

『誰にもナイショのリハーサル』は、友人・輝を好きな
恭吾が、誰かと付き合う前のリハーサルをしておこうと
天然な輝を言いくるめ、Hな関係に持ち込んだけれど、
罪悪感で・・・という話。初めて可愛い系の受が出てきて、
あぁこういう感じだったら好きかもと思った作品。
受ちゃんのチビ絵は可愛いんですが、普通の絵になると
途端にバランス悪くなっちゃうのが残念。

『処方箋あげます』は、MRとMSというパートナー的
存在の二人。MSの八木さんは、厳しい人だけど、やっ
ぱり好きで・・・という、ワンコ的なMR・綾部が頑張る話。
受になっちゃったのねw 薬屋にした意味はあんまり無
いような。

『恋』は、厳しい彼氏に戸惑っていたら、過去に恋愛の
トラウマを持っていたためで・・・というような話。頑張
れ年下って感じですかね。

何でしょう。妙に怒り顔が多くて、シリアスな感じの時
がどうも苦手。ムキになりすぎ!みたいな、若干イラッ
とします。前作でも感じたように、やっぱ神崎さんに結
構似たテイストではありますが、そういう部分を意識し
ているのかいないのか、男クサさにもこだわり過ぎてい
るように感じてしまうのは私だけかな?
そういった点でも、『誰にも〜』みたいなオバカちゃん
で肩肘張ってない感じの話をもっと読んでみたいところ
ではあります。
シンプルなので解り難いという部分は無く、ササッとは
読めました。あとはやはり、絵柄の不安定さ素人クサさ
が抜けてくるといいのにな〜といった感じでしょうか。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







上・官・命・令/青飯ミサコ 【BL Rockets】


〔2010/11/19〕


★★☆☆☆

崩壊した日本で生きるため米軍に入隊した小笠原巷(こう)
は、基地の最高司令官・レバント少将との賭けに負け・・・。
下される卑猥な命令、与えられる濃厚なセックス。生意気
だが純粋な巷に対し、次第に少将の心が傾き始め・・・。 基
地内にひそむ強姦・輪姦の罠・・・幼馴染までもが巷の体を
凌辱する、屈辱と恥辱のミリタリーBL!!

またもや新レーベル。携帯サイト「まんがこっち」で配信
されている作品ということで、以下続刊です。

米軍に占拠された日本で軍隊に入った巷が、上官・レバン
ト少将との賭けに負けて凌辱され玩具状態。そんな時、年
上の幼馴染・撰弥が入隊してきて・・・

というわけで、強気な二等兵・巷と関係を続けるうちに巷
の心も欲しくなったレバントと、子供の頃から大事にして
きた巷を取られたくない撰弥の三角関係に加え、レバント
に飼われていることから巷の体に興味を持った他の兵士達
に巷が輪姦されたり・・・という感じ。

軍服とか凌辱、服従とか好きな人にはそれなりに楽しいで
すかね。作品の持ってる雰囲気は、神崎貴至さんのような
感じなんですけど、何かこれと言った個性が無いような。
キャラもいまいち見分けづらいですねぇ。
内容は思ったよりありがちで、今のところ特に面白いと思
える部分はありませんでした。ただ、愛に目覚めたレバン
トが、自らの地位を示すため、また巷の敵を討つため前線
に出る・・・という展開が待っていますので、それ次第では、
良い感じになるのかもしれないですね。続きは2011年春
ということですので、機会があれば読みたいと思います。
う〜んでもまた、違う凌辱シーンがありそうなのが、何か
あんま気が進まないんですがw
ちなみに来月にはKARENからも単行本が出るようです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール