selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





楽園の鳥籠/紫藤かいさ 【CRAFT】


〔2000/9〕

★☆☆☆☆

・・・離れるくらいなら 殺す 謎につつまれた少年・ルノ
と神(シェン)が出逢った瞬間、運命の輪が回り始め
た・・・愛されることを願いながら、独りで生きてきた青
年と愛する心を疑われる少年が織りなすものぐるおし
い愛と孤独の物語。

表題シリーズが3話と短編が2本。 切なげな表紙に
センシティブBLを期待していたら、思い切りファンタジ
ーでした。しかも全く面白くない。というか、ほぼ意味
がわからなくて。それでも頑張って2話くらいまで読ん
でみましたが、あまりの意味不明さに、途中で放棄して
しまいました。描き下ろしだそうなので、自由度が高か
ったのかもしれないですが、しかしこれでOKが出ちゃ
うのが、さすが90年代BLって感じですね。
何の話なのかも説明できないくらい、相当マジでビック
リの、ひとりよがりなファンタジーでした。

あとの短編2本は、前に収録の『君を抱けば』が、かろ
うじて現代設定の先生生徒モノだったので内容は理解で
きました。しかし、何でこの二人に恋が芽生えるのかと
いう肝心な部分などがさっぱりわからないし、先生がや
たらと問題を抱えてる風なのに、それで結局何が問題?
って感じだし、最後はまさかの別離。う〜ん・・・
『魔導天使襲来』も科学がどうのこうののファンタジー
で、表題シリーズよりはいくらかマシでしたが、ほぼ意
味不明。

初の★無しにしようかと思いましたが、とりあえず短編
の5%くらいは理解できたので。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール