selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





華恋/山田シロ 【HertZ】


〔2012/9/1〕


★★☆☆☆

藤代組の次男である柾のもとに、若頭・鬼嶋からかかって
きた電話は父・藤代組組長の訃報だった。だが、柾には実
家に戻りたくない理由があった。それは組長代理を務める
兄・戒の存在だ。高校時代、鬼嶋に組み敷かれている戒の
姿を目にした柾は戒に対する抑えきれない欲情を自覚し、
逃げるように家を出たのだった。それから七年・・・忘れたつ
もりだったのに、戒を見た途端、封じ込めてきた熱い想い
が甦り・・・ 矜持と欲望。男たちの禁断の愛、ここに誕生!

岩本薫さん原作。う〜んすみません。結構厚みがある割に
は大した展開も無く、淡々としていて薄味だったなという
印象。

兄に欲望を覚えた弟が、ヤクザの家を飛び出して7年。組
長である父の葬儀のため帰郷したら、やっぱり兄への想い
を自覚してしまい、また早く離れなければと思っていたの
に、組の問題が出てきてしまって、結局組長代理の兄の希
望通り、自分が跡目を継ぐことで、ずっと一緒にいられる
ことに・・・というような感じですね。

お互い好き合っている二人なんですが、兄は自分が養子で
あるということもあり、柾に組を継がせることを一番に考
えているため想いを表に出すことはせず、柾は兄と現若頭
・鬼嶋がデキていると思い込んでいるため、離れることば
かり考えていて・・・というのが延々続いてたなと。

そんな感じで、恋愛の話はもう少し兄のことを好きっぽい
鬼嶋なんかが絡んでくるのかなと思ったら、特に展開は無
かったし、ヤクザ関係の面でも、色んなヤクザが絡んでく
る割にはあっさり継ぐことに決めちゃったし、何か、全体
的にのっぺりとしていて、一度も、おぉこれはイイ!とテ
ンションが上がることがありませんでした。

ちょっと辛口で申し訳ないですが、厚みがあって、表紙も
艶っぽい感じで期待していたので、余計に残念感が。
コラボ的には違和感はなかったので特に問題ないのかなと
思いますが、もう少し描き手の方の個性があっても良かっ
たんじゃないかな〜と。
夜中に目が覚めて兄の膝に乗って泣く、子供柾が可愛かっ
たので、こういう過去エピソードがもっとあると、個人的
には嬉しかったのになという感じです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







SKY LINK/山田シロ 【HertZ】


〔2010/9/1〕

★★★☆☆

大学生の番 律輝(りつき)は登校初日、ぶつかって
きた男に「好みの顔」と言われ、嫌悪感を露にする。
だが、その男は講師の高木慎太郎で、その後もなにか
と律輝につきまとってくる。さらに苛立ちは募るが、
ある日、空を見つめる高木の悲しげな表情を見てしま
った律輝は、次第に高木が気になりはじめて・・・。

初コミックスの作家さんです。全4話。
特に目標も無く、諦めたような性格の律輝が、元ジャ
ーナリストで講師の高木に興味を持たれ、少しずつ変
わろうと思い始めるという話。

最初、雰囲気系でいかにもHertZな感じで、期待でき
そう・・・とか思ってたんですが、一向に平坦な話運び
にあらあら? でもまぁ何かこういうのもアリかな・・・
と思っていたのに、2話ラストで何故だか先生がキレ
気味に手を出しちゃったところで、あ〜あ〜やっちま
ったなとw 読み手としては、まだまだ8合目くらい
のテンションだったのに、一気にいかにもBLにしてみ
ましたよ的なキスを登場させてしまい、その後は省略
だらけのH・・・

律輝に付きまとう不良の意味も良くわからないし、高
木を崇拝する学生・南も中途半端だし、律輝の家庭環
境、先生にとっての死んだ友人の存在も微妙だし・・・
色々盛り込もうとした努力はわかりますが、全てにお
いて薄かったですよね。
そういう部分より、いきなり顔が好みというだけで講
師がそこまで興味を持ったということの説得力、そして
先生を嫌っていた律輝がどのタイミングで絆されたのか
など、二人の心の動きがもう少ししっかり描いてあれば
良かったのではないのかな〜。

絵柄はかなりステキで、仕事も丁寧だと思います。けど
流れのスムーズさに欠けていて、ブチブチと途切れてし
まい、読み辛かったのもかなり気になりました。
こういうカップリングは結構好きですので、頑張って欲
しいな〜という気持ちを込めてのダメ出しです。


『万華鏡の君(前後編)』は、呉服屋の息子・和と、金
髪碧眼のハーフ・幸(ゆき)という、幼馴染の高校生同
士。幸を好きなのに燻ってる和・・・というグダグダな感じ
が微笑ましくて、いかにも青春って感じでした。雰囲気
重視な表題作より普通っぽいのでわかりやすくて良かっ
たんじゃないかと思います。まぁでも、ときどきやっぱ
りブチりと途切れちゃう感じがあるんで、そこは要改善
かなと。

そんなわけで、ビジュアル面で惹きつける魅力は充分お
持ちだと思われますので、あとはやっぱり雰囲気重視よ
り、心理描写を濃くしてもらいたいですね。それで再び
お会いできることを期待してます。
表題作の攻めどころが間違っているのが、かなり惜しい。
もっと気持ちを昂ぶらせてから・・・ですよね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール