selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





追憶/小山田あみ 【SBBC】


〔2010/8/10〕


★★★☆☆

 “変人”の異名を持つ官能小説家・霧村の担当となった
森山。自堕落な生活を送る霧村に振り回される森山だ
ったが、作家の亡父と彼の編集者の話をした途端、霧
村の態度が急変する。荒々しく森山を抱く霧村・・・彼の
瞳に宿る哀しみの意味は・・・?
陸上部の幼なじみラブ「スタートライン」も同時収録!

官能小説家・霧村に指名され、担当になった森山。小
説家だった亡き父が、担当編集者との良い関係で生き
生きと仕事に取り組んでいた姿を見て、自分も編集者
になったと語る森山に、霧村は豹変。強引に組み敷か
れてしまう。その理由を探るうちに、父親達に関する
ある真相が浮き上がってきて・・・

小説の表紙で見るたびに、漫画は描かれないのかな〜
と思っていた方でしたので、今回はすごく嬉しかった
です。まぁしかし、確かに絵は綺麗だったんですが、
展開の滑らかさに欠けるという感じで、一度目が少々
読み難かったかなと。二回目読んでみたら大丈夫だっ
たんですが。
最初に先生が襲ったところも違和感でしたが、最後に
妙にラブラブになったのも、父親達のことを探ってい
ただけなのに・・・と、先生のことを好きになる要素が
見当たらないなど、現代の二人の話が表面的すぎたの
が気になるところ。というわけでラブラブな描写自体
は好きでしたが、そこに至るまでの二人の話に、あま
りそそられる部分が無く、やや雑さが感じられました。
でも父親同士の恋路としては多少感動できる部分もあ
ったりして、面白くないことも無かったです。和の雰
囲気が美しい絵に合ってて、そこは良かったと思います。

『スタートライン』は、陸上部の圭と、1コ下で弟の
ような存在の颯人という、幼馴染同士。
圭を好きな颯人、武田先輩を好きな圭、そのことを
知って圭と強引に関係を持った戸部先輩、そして陸上
の話・・・と何かちょっと、話がバラバラしていて、読
み辛かったですね。
一応、陸上に真剣に取り組み始めた颯人を見て、圭も
恋愛対象として惹かれていったということなんでしょ
うが、何かこの二人が最後にくっつくのが、すごく不
自然というか。圭に真剣さが無く、流されたという印
象。話に広がりを持たせようとして欲張りすぎたんじ
ゃないのかなぁ・・・

そういうわけで、綺麗な絵で、そういうポイントでは
色気もムンムンなんですが、話に色気が無いって言う
のかな。決して嫌いってわけでも無いんですが、もう
少しゆるさがあった方が、面白くなりそう。
わずかだけあった、表題作の甘いシーンが結構良い感
じだったので、いっそのことバカップルなど、ベタ甘
な話を描いてみてはいかがでしょうか。設定に力を入
れたことで、ラブが薄かったように思えたので。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール