selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





SUPER LOVERS(6巻)/あべ美幸 【ASUKA】


〔2013/10/31〕


★★★☆☆

海棠家の4兄弟・・・長男・晴、晴と半分だけ血の繋がりを持つ双子
の次男・三男の亜樹と蒔麻、そして全員と血の繋がりのない末っ子
の零は今日も平常運転。だけど、夏休みだというのに相変わらず晴
の周りに群がる女達に、零のイライラは限界に。晴を手に入れたい
一心で「いつお前とセックスできる?」と切り出すが、晴に「子供
だから」と拒絶されてしまう。「弟」でいるだけでは足りない自分
と晴との溝にジレンマを感じる零。そんな時、晴の従弟・夏生が
「俺と悪いコトしようってお誘い?」と再び零に近づいて・・・!?
苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子の4兄弟が贈る、一筋縄じ
ゃいかないトラブル・ラブ第6巻!!

やっと出ました、6巻。
零の方は、晴を独占したい想いがどんどん膨らんでいって、家族と
いう形だけでは気持ちを持て余してしまうようになり、色々と危な
っかしい方向に行き気味でハラハラでしたね。でもこの、実に素直
で直結な思考がやっぱり可愛いv

晴の方は、こんだけ零ラブでいちゃいちゃしまくってるのに、何が
ダメなのか。単に年齢? 家族だからってのはあんまり関係無いよう
に見えるんですが。何というか、海棠両親との事故のトラウマも含
め、晴の方にずっとモヤが掛かっている状態で話が進んでいくので、
そこがジレったいし、この作品は何を言いたいのだろう・・・という
疑問にも。今回は特に、心理療法士・森先生が何度も出てきて何か
言いたげだったし、でもその割には、晴自体は特に思い悩んでる風
でもないし、何か周りだけが腫れ物扱いをしているような感じがし
て、ちょっと気持ち悪いというか、何だろうこの空気は・・・という
感じがしてしまいました。そして意外にあっさり、墓参りに行っち
ゃうのね・・・という拍子抜け感。

零と晴のやりとりは勿論、双子や養護教諭をはじめとする脇キャラ
との絡みも面白いので、読んでて楽しくて全然満足なんですけど、
改めてどういう作品なのか説明しようとすると、うん〜・・・という
感じです。までも全然飽きてないですし、今後も零の天然な可愛さ
を味わいたいなという思いはありますので、どう着地したら終了な
のかは疑問ですがw、とりあえず続きも楽しみに待ちたいと思いますv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







SUPER LOVERS(4・5巻)/あべ美幸 【ASUKA】


〔2011/12/1〕〔2012/8/31〕


★★★☆☆

【4巻】一つ屋根の下、兄弟水入らずで暮らす晴、亜樹、蒔麻、
零の海棠家4兄弟。晴と、零の関係もようやく前進したと思った
ら、突然晴の母・春子がスイスから来日することに。再会を喜ぶ
零に晴の気持ちは複雑。ところが、自分の出生や身元の秘密を偶
然立ち聞いてしまったことから、零の様子がおかしくなる。おま
けに春子が零をスイスに連れていくと言い出して・・・!?
別離!?晴のお見合い!?男同士の×××って!?

【5巻】自宅でカフェを営みながら暮らす海棠家四兄弟・・・長男・
晴、双子の次男・三男の亜樹と蒔麻、そして血の繋がらない末っ
子の零。ようやく晴の母・春子がスイスに帰国し平穏を取り戻し
たかと思った矢先、零が夏休み中にバイトをすると言い出した。
理由を言わない零に、反抗期かと慌てる晴だったが、零に「過保
護すぎる」と突き放され、かなりスネ気味。そんなある日、零は
晴とよく似た男「ナツ」に突然攫われてしまい・・・!?
苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子の4兄弟が贈る一筋縄じ
ゃいかないトラブル・ラブ。

5巻を読んだ後に4巻の感想を書いてないことに気付き、ま、後
でいっか〜と放っていたら、ほぼ1年経ってしまってましたw
ので、ついでにまた1巻から読み直してみたという。
今回はまとめての感想にします。

というわけで4巻。零といい感じにラブラブになってきて浮かれ
ていたハルだったけど、スイス在住のハルの母・春子さんが日本
に立ち寄り暫く滞在することになり、更に零をスイスに連れ帰る
などと言い出して・・・という話。

零の中のヒエラルキーのトップは春子さんなんだな〜wという感
じでしたね。無表情ながらも懐いているのが可愛いv 変に羞恥心
とかがないもんだから、年頃の子なのに、会えて嬉しかったとか
素直に言えちゃうのがめちゃめちゃ可愛いですよね。
しかし春子さん自体は、人間としてはカッコイイのかなとは思う
けれど、母親としての欠陥具合にはイラッとしちゃうんですよね。
いくら陰で見守っていたと言っても、育児放棄だよな・・・と、亜樹
が本気で怒ってたのがすごく解る。までも、ハルと零を会わせてく
れたことには感謝ですけどね。この人に限らず毎度女性陣が、BL
にしてはちょっと不思議な立ち位置なのは、ベテラン作家さんだ
からなのかな〜という感じが。
あとは、タヌキをおじいさんに返しに行くくだりにはウルッとし
たし、ナチュラルに性的な質問をする零に戸惑う十全や保健医は
笑えて楽しかったです。

5巻では、おじいさんのアパートの片付けのバイトをすると言い出
した零にハラハラのハルだったり、ハルに似た雰囲気を持つ従兄弟・
夏生が登場したりと、またしても少々ゴタゴタが。
ハルがもたもたしてる間に、零が着実に成長していってるなという
感じで微笑ましかったです。
世間的にはどうも、ハルの意思がハッキリしていないのがイラつく
という意見が多いかなとお見受けしたんですが、自分的にはこの、
家族と恋人の間でユラユラしながら、でも結構欲望を抑えなくなっ
てきているナチュラルなイチャつきっぷりに萌えっとできていい感
じです。あと、双子をはじめ、皆に仕方なく黙認されている感じも
面白いw

そんな感じで、再読してみてもやはり面白かったです。
6巻はまだでしょうかね〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







初恋/あべ美幸 【ASUKA】


〔2011/12/1〕

★★★☆☆

幼い頃、勇気を振り絞って伝えた告白を残酷な言葉で
切り捨てられた過去を持つ小泉尚人。ところが、入学
した高校で偶然自分を振った相模恭一と再会してしま
う。告白したことなどまるで覚えていないかのように
自分に接してくる恭一。そんな恭一に戸惑う尚人だっ
たが、ある日恭一が「好きだって言うなら今までどー
り仲良くするし、優しくもする」と言い出して・・・?
近くにいられるなら、優しくしてくれるなら、騙され
たって構わない・・・。あべ美幸が贈るピュア・ラブスト
ーリー!!「初恋」描き下ろし漫画&「Sweet vs Ho
me」も同時収録。

もしかしてまた、大昔の作品の新装版かな〜と思いつつ
恐る恐る手にしてみましたが・・・ やはりそうでしたw
'96年に冬水社から 『Sweet vs Home』 というタイト
ルで発売された物の、中の作品の順番を変えただけとい
う、旧版を持っている人には恐ろしく不親切な商法です
が、私はとりあえず読んだことがなかったのでそれなり
に楽しめたかと思います。

『初恋』があらすじの話。自分としては、尚人が恭一に
告白したのは小学校の卒業式だし、その後も好きだと言
っているのはてっきり友人としてだと思っていたので、
あれ?いつ恋愛の話に?という感覚がしてしまいました。
あとはまぁこれは古い作品なのでしょうがないですが、
コンパだ酒だハッパだと高校生がイキがってる姿や、や
たらダゼ口調なのが90年代過ぎて寒くて、その辺は結構
辛かったかなと。ツンツンしている恭一の気持ちもあま
り良く掴めなかったし、決して嫌いな話というわけでは
無かったんですが、残念ながらあまり好きな感じでは無
かったです。
描き下ろしの二人は全くの別人ですがw、この絵だった
ら読んでみたいですね。やっぱ時代と共に流行の絵柄と
いうものはあるもので、今の絵柄の魅力しか知らない自
分は、こんなに短い話でもやっぱり今のを見ると妙に落
ち着きます。

『Sweet vs Home』
高校生の達也は、若くで自分を産んだ奔放なモデルの母
親が、ある日突然自分の副担任の24歳・高岡と結婚し、
その3ヵ月後いきなり行方をくらましてしまったため、
高岡のマンションにお世話になることに。世間知らずの
お坊ちゃま・高岡が、母親に唆されて結婚したんだろう
と、いずれ高岡の元を出て自立するつもりの達也だった
が・・・。というわけで、頼りない7歳違いの義父と同居
することになって苛立つこともあるけれど、どんどん惹
かれていっちゃうという話でした。うんまぁ古いのは古
いですが、イキがってない分、私的にはこちらの方がい
くらか読みやすかった気がします。

そういうわけで、特別ここが好きという感じもなかった
ですが、過去に読んだ昔の作品よりは全然読みやすかっ
たのでちょっと安心しました。しかしここにきて、あり
とあらゆる過去作品を再発売するという角川の商魂に
少々疑問も。まぁどんなか気になって、とりあえず買っ
ちゃうんですけどねw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







SUPER LOVERS(3巻)/あべ美幸 【ASUKA】


〔2011/7/1〕

★★★☆☆

長男・晴、双子の次男&三男・亜樹と蒔麻、末っ子・
零は海棠家の4兄弟。零に「お前が望むなら俺はただ
の『弟』でいる」と言わせてしまったことを気にしつ
つ、変化のない日常を送っているつもりだった晴は、
亜樹と蒔麻に零が少しずつ見えない壁を作り始めてい
ることを指摘され戸惑う。一方、思春期特有の体の変
化に無自覚な零は学校で倒れてしまい・・・!?
苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子の4兄弟が贈
る一筋縄じゃいかないトラブル・ラブ第3巻!!

あ〜この、零の野生児ゆえの結構なズレっぷりと、ハ
ルが零だけ特別扱いで、ちょっとお母さんチックなと
ころもありつつメロメロデロデロな感じがホント楽し
いですねv
この二人の関係って一体何なんだろう〜。当然のよう
に一緒のベッドで寝たり、膝の上に座らせたり、ただ
いまでギュッとしたり、ごく自然にキスしたりと、ナ
チュラルにラブラブをやってくれちゃうんで、ニヤニ
ヤさせられっぱなしです。さすがニオイ系で来られた
作家さんだけあって思わずムフフとさせられることの
多いこと。しかも今回は、零にちょっと遅めの身体的
変化到来で、そういやそういうことも教えてなかった
よなとお手伝いもしちゃうという、更に踏み込んだ感
じになってきているのが非常に良い感じでした。いよ
いよハルが辛抱たまらん状態に〜?w

箸の使い方だけでなく色んなことを、たったひと夏で
全部ハルから教わった・・・と零が語る場面が大好きです。
この零という子の大部分がハルでできてるんだな、ハ
ルが居なかったらこの零にはなってないんだな・・・とい
うことを改めて思い知らされて、零の中のハルの存在の
大きさに、何度読んでもウルウルしてしまうんですよね。
1巻の野生児の頃の零を思い出してしまい、たまらなく
愛しい気持ちになります。
その後の、ハルの笑顔について零が語るシーンの、ハ
ルが零を抱え上げている1ページもそうだし、この辺
の過去の話を交えての演出の上手さには毎回泣かされ
てしまっております。

どういう話と説明するのが結構難しいタイプだと思うん
ですが、まぁとにかくハルが零を溺愛していて、零もナ
チュラルに受け入れていてと、ひたすらいちゃいちゃし
ている二人を見るのが楽しい話ですよとv
双子たちの、ハルの「零ラブ」への順応っぷりも面白い
し、天然・零に振り回されてる友人・十全も面白いし
(抜いたらすっきりしたと聞かされる場面は、何度読ん
でも一緒に吹き出してしまいますw)、二人を見守る周
りのキャラも楽しいですね。次回は春子さんがやってく
るということで、今までと同じく全く先の展開が読めま
せんがw、甘さも増してきたところですし、楽しみに待
ちたいと思います。とにかく早く続きが読みたい!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







LOST CHILD/あべ美幸 【ASUKA】


〔2011/5/1〕

★★☆☆☆

和真と直樹は双子の兄弟。今は両親の離婚によって別
々に暮らしているが、双子なのに全く似ているところ
がない二人の中には、常に互いに対する強い想いが存
在した。相手が妬ましくて羨ましくて、それでいて自
分だけが独占していたい。この恋とも愛とも呼べない
不確かな感情に、ずっと目を背けてきた和真だったが、
ある日直樹が「本気で和真のことが好きだから」と自
分を抱こうとする。抵抗する和真だが直樹は目を背け
ることを許さなくて・・・?この関係は恋よりも愛よりも
強い絶対的に確かなもの。あべ美幸が贈るドラマチッ
ク・ラブストーリー!

『SUPER LOVERS』の人気に便乗して出しちゃおう
新装版!wの第3弾(『バッシング恋愛』と同時発売)
は、デビュー作でもある'95年の作品です。
猛烈に惹かれ合う双子がどこまで行っても離れられな
い・・・というだけの話。 特にひねりも無く、その禁忌
に酔ってる感じがいかにも昔BLでしたね。
片方がバンドを始めたり、刺されたり、事故で記憶喪
失になったり、メジャーになったり・・・ 予想はして
いたけどやはりレトロ感満載で色々と厳しかったです。
すみません。古いBLはやっぱり苦手。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







バッシング恋愛/あべ美幸 【ASUKA】


〔2011/5/1〕


★★☆☆☆

誰もが目を奪われるほどの美貌を持つ村上圭介。その
外見に引き寄せられる人間は多いが、圭介は決して誰
にも心を許すことはなかった。そんな圭介に、クラス
の委員長で同級生の真崎勝矢は、ある事件をきっかけ
に急接近する。だけど誰に対しても優しい真崎の気持
ちを同情と誤解した圭介は、彼を独占するために真崎
が目を離せなくなるよう自分を傷つけていくのだが・・・?
どんなに痛みを伴っても、絶対に手に入れたい人がい
る・・・。あべ美幸が贈るハートエイク・ラブストーリー!

またまた超昔の作品の新装版ということで、元は'95年
発売のようです。
綺麗な顔のせいで男に犯された圭介が、その直後、好
きだった真崎に目撃されてしまい、以来何かと気にか
けてくれる真崎を手放したくないと思いながらも、同
情されているのが惨めで、つい気持ちとは裏腹な態度
を・・・みたいな感じですかね。

何か、微妙に気持ちの面が判り辛かったんですが、
攻も元々受のことが好きだったんでしょうか?それと
もそういう場面を目撃したから気になるように?にし
てはいきなり抱きしめて、守ってやりたいと思っちゃ
うのは変なので、やっぱ前から元々お互い好きだった
ってことなんでしょうかね。私がアホなのか、何か色
々とこの人達はどうしたいんだろう・・・と、駆け引き
の意味が良く理解できなくてですねw

まぁ一応、最初にクラスでコンパどうこうという話が
出た時に感じたほどの古さは、テンポの良さで感じな
くなって大丈夫だったんですが、レイプによるトラウ
マあり設定に、受が結構病んでる系だし、しっかりも
のの従姉妹・成美なんていう、できれば当人同士で解
決して欲しいと思っている私には邪魔と言えなくもな
いキャラに、付き合ってくれなくていいから1回だけ
キスしてなんて言う女子とか、明らかに当て馬な先輩
なんかも出てきて、何か色々とレトロ感が辛かったで
すね。こういう、少年期の危うさが描かれている感じ
がいかにも昔の作品だなと。
どうもこの時代のBLを面白いと思えない自分には、当
作品の持つ良さが解りませんでした。某所では結構好
きだという人も多いようですので、やはりここは、BL
歴の違いもあるのかな。こういうのを読むと、ついつ
いツッコまずにいられないんですよね、残念ながら・・・。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







君は僕を好きになる(1巻)/あべ美幸 【ASUKA】


〔2010/12/28〕

★★☆☆☆

元気で可愛くて人気者の高校一年生・中里遥が恋をし
たのは、同級生でバスケ部の大型新人・田島芳流。
何の根拠もないくせに「お前は絶対俺を好きになる!」
と田島に宣言をした日から、遥の果敢なアタックは始
まった。男に好かれて簡単に「はい、そうですか」な
んて言えるワケがないだろうと最初はそっけなかった
田島だが、遥に「友達」じゃないキスをしかけられ・・・
・・・!?

冬水社から'95〜'96年に全4巻で出されたものの新装
版・・・ということは知っていて、あまりにも古いし、元
のレーベルも微妙なのでスルーするつもりだったんで
すが、たまたま1巻だけ見つけたのでとりあえず読ん
でみました。 うん、微妙w

バスケ部の新人・田島に一目惚れした、元気っ子の遥
が、めげずにひたすらアタック・・・という話。
出だしの、バスケ姿を見た瞬間惚れるというノリがか
なり唐突で、レトロ感丸出しでビックリ。しかしまぁ
何とか読み進めてはいたんですが、遥のことを追っか
けている男子3人組は、こんな遥のどこがそんなに好
きなんでしょうね。私には彼らの存在自体が意味不明
でした。遥がモテキャラということをアピールしてい
るんだと思いますが、かなり古臭い演出ですw

あとは田島のサバサバ系の姉が登場したり、田島を好
きな幼馴染のナヨナヨな女の子が登場したりと、昔な
がらの女子キャラが出てくるのがまたレトロで、バス
ケで勝負を決めるという演出も、祖父がDVだという設
定も、何かもう、あらゆるレトロを味わった感じw
一応ちゃんと、これは90年代のBL・・・と、心を緩くし
て読んではいたんですが、今のBLが好きな自分には、
絵がどうこうでは無く、内容的にやはり厳しい感じで
した。

先に『Super Lovers』を読んでいるので、辛うじて
こういう時代だったんですね・・・という気持ちで読めた
けど、これをわざわざ再販する意味はあるのだろうか・・・
と、元々のファンでも何でもない自分は思ってしまい
ました。続きはもういいやw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







SUPER LOVERS(2巻)/あべ美幸 【ASUKA】


〔2010/12/1〕

★★★☆☆

血の繋がりのない末っ子・零の高校入学を機に、双子の
次男&三男・亜樹と蒔麻とも合流し、念願叶って兄弟4人
で暮らすことになった海棠晴。新居で始めるカフェの準備
で忙しく今までのように零と「ずっと一緒」にはいられな
かったが、零の様子は新しい環境や友達の登場にも相変わ
らずマイペース・・・に見えていた。ところがある夜、些細な
言い争いから零に本音を引きずりだされた晴は、酔いに任
せ零を襲ってしまい・・・?苦労性長男、超美形双子、野生児
末っ子の4兄弟が贈る一筋縄じゃいかないトラブル・ラブ
第2巻!!

前回、チビッ子だった零に散々泣かされたクチですがw、
今回は高校生になったし、現実社会の話が多いということ
もあり、そういうピュアで健気〜な場面でウルッとさせら
れるというのは無かったですが、これはこれで楽しかった
です。間に1ページだけある、ブラックベリーのくだりに
は、泣かされましたがw

1巻ラストで、晴が零を追いかけカナダに行ったその後、
日本に戻ってきて、零も高校に通い始める。住み慣れたボ
ロアパートを出て、新たに家を借り、やっと晴の念願だっ
た兄弟4人での生活を開始。ホストを辞めて、敷地内でカ
フェを始めることを宣言・・・という今回。もう少し進むか
な〜と期待していましたが、半年以上一緒に向こうで過ご
して、お互いが好きだということはわかっているんだけど、
やはり晴にとって弟という思いが強いこともあり、色々と
まだまだ先は長そうですね。
でもこの行ってきますのキスだったり、一緒に眠ったりと、
微妙ににおわせてくれる甘さには、ムフフフ〜と喜んでし
まいます。爪切りのシーンとかね〜w

まぁ正直、前回ほどの感動は無く、意外にあっさり読んで
しまったんですが、続き次第ではまた気持ちが盛り上がっ
ちゃうかもです。ただ、フラグが立っている晴の過去の女
は見たくないような気も。ま、最初から、ちょっと普通の
BLとは違う独自の味があるのはわかってたことなので、頑
張って受け止めますけどね。
しかしまた改めて1巻を読んでみましたが、このチビ零の
可愛さは最高でしたね〜。舞台がずっとカナダでも良かっ
たかもしれないw

どうやらこの人気に乗って'96年の『君は僕を好きになる』
を来月から4ヶ月連続でASUKAが発売しちゃうそうです。
どうするかな〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







SUPER LOVERS(1巻)/あべ美幸 【ASUKA】


〔2010/8/1〕

★★★★☆

「母危篤」という知らせに騙されて海外に来るハメに
なった高校生の海棠晴は、そこで突然「お前の弟だ!」
と零(れん)という男の子に引き合わされてしまう。
野生児で誰の言うことも聞かない零を必死で世話する
晴だったが、どうも零には出生について秘密がある模様。
おまけに、ようやく零が自分だけに懐き始めた矢先、
ある悲劇が晴を襲う。・・・そして5年後、成長した零に
再会した晴だったが・・・?

先日ルチルから『キッズログ』を出された葉芝真己さん
と同じく某社で結構昔から描かれている方ということで、
今回初めて読んだ作家さんですが・・・ 何ですか、この完
成度の高さは! 正直、表紙を見た感じ普通そうで、そこ
まで期待してなかったんですが、中の絵、超丁寧〜。
葉芝さんの描かれる子供の魅力も私の涙腺を刺激しまく
りでしたが、今回の零の可愛さ!ラブ薄いなんてどうで
も良いです。この子の行動はいちいち可愛くて好きです
し、幼いながらも色々と悟っているところが切なくて良
い! 晴の零との関わり方も好きだし、話もキャラも絵
柄も、見所がいっぱいです。いや、上手い。


売れっ子小説家で変わり者の母親と、9年前の8歳まで、
カナダの山奥で育った晴は、その後父親の居る日本に戻
り、今は父の再婚相手とその子供で中学生の双子の弟達
と暮らしている17歳。ある日母から呼び出され、カナダ
に出向いた晴は、そこで、元々施設にいて母親が3ヶ月前
に引き取ったという、日本語を話す8歳の野生児・零と
出会う。今まで誰にも懐かなかった零と、たった数日で
分かり合っていく晴。しかし晴の夏休みの終わりも迫っ
ていて・・・

あぁ、何度ウルウルさせられ、何度笑ったことか。
ここでその夏休み後の話を書いちゃうと、読んでない人
には楽しさ半減だと思うので。なんて、珍しく気を使っ
てみたりしてw まぁ、色々あって5年後に再会して、
また「新たに」関係を築いていく・・・とでも言いますか。

1巻修了の時点では、まだまだ恋愛要素は少なめで、ど
ちらかというと人間愛的な物語になっておりますが、内
容の充実ぶりから何の不満もありません。
すごく男前な選択をした晴に今後を期待しつつ。でもこ
の二人なら、一緒の布団で眠っているだけで、充分萌え
だよなという感じもしますし。

次巻は、晴のことを大好きな、ブラコン弟・亜樹と蒔麻
の登場も増えるようですね。今のとこ、二人の間に微か
なものを感じるような・・・というか、蒔麻が亜樹を好き
なのかも・・・みたいな匂いが・・・どうなんでしょうね〜w

まだ恐らく零の出生の謎など、少々辛い展開もあるのか
もしれないですが、非常に良いコンビですので、ツンツ
ンしつつ仲良くしてて欲しいものです。つか、この状態
にさらに甘さが加わったら、完全に萌え死にしそうなw
次は12月? ペース早くて嬉しいなぁ。楽しみぃ〜。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール