selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





奇跡の恋人/如月弘鷹 【BBC】


〔2010/8/10〕


★★☆☆☆

ある日突然、上条が黒岩の部屋を訪れた。「3年前
の夜」の出来事を、忘れられない黒岩は大混乱。
しかも上条は幼い子供を連れていて「これは俺が産
んだお前の子だ」と言い出して・・・!?
確かな筆力と暖かさ、深い情愛を今の時代にこそ届
けたい、人気作家の芯になった初期作品を集めた初
BL本の新装版。

2000年にビブロスから発売された作品の新装版で、
全6本収録。当時で、5〜6年前の作品が・・・と言っ
ていますので、90年代中盤あたりのものばかりで、
結構なレトロ感です。最初の3本は割かし面白かっ
たんですが、後半は、白い画面にポツポツと挿入さ
れたモノローグで、いかにも90年代ニュアンス系と
いった感じで、う〜ん・・・

あらすじの話『IMAGINARY LOVERS』は、3年前
に一度だけ関係を持った、大学時代の4年を一緒の
部屋で暮らした上条を忘れられない黒岩の元に、上
条が子供連れでやってくるという話。これはまぁ、
今でも充分いけそうな、ライトBLって感じで良かっ
たです。

『BROTHERS』は、親の再婚で兄弟になってしまっ
た二人が、距離を測りかねてるという、恋愛未満な話。
『至上倫理学』は、10年来の幼馴染同士が、親友から
恋人に・・・という、ベーシックな話。

あとの3作品『創生児』『賭』『D・H』は、全く面
白くないというわけでもないんですが、とにかく昔っ
ぽいので、何か他の未発表作品とかと入れ替えられな
かったんだろうか・・・と。
まぁ、今のかなり美しいものとは全く違う絵柄に、軌
跡が見れた、という感じでしょうか。
ちなみに、表紙が今の絵柄で、裏表紙は昔の絵柄と、
同じ構図で見れるので、違いがハッキリわかって面白
いですね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







KEEP OUT/如月弘鷹 【ルチル】


〔2009/12/24〕

★★★☆☆

警備会社から派遣されたボディガード・冬姫が護衛する
のは、大財閥の御曹司・各務。優秀な冬姫は問題なく仕
事をこなしていた。しかし、隙あらばセクハラじみたア
プローチを仕掛けてくる依頼人・各務の人格には大いに
問題があって・・・・・・!?

ひちわゆかさんの小説とのコラボということです。
テロリスト対策部門に所属していた冬姫は、大財閥の若
当主・各務の身辺警護を任されている。以前とは違って
はいても、仕事自体に不満は無かったのだが、各務のセ
クハラにはいい加減困り果てていた。しかもこの任務は、
冬姫に一目惚れした各務の仕業で・・・

というわけで、何かと命を狙われる各務をガードしなが
らも口説かれ・・・という、チャラい各務が面白いライトな
序盤から、次第に冬姫の過去が明らかになるというシリア
スな展開に。そして冬姫の上司・門倉と、各務の秘書・シ
ェンイーのカップルも交えつつ、二人が解りあっていくと
いう流れになっていて、結構厚みのある本なんですが、テ
ンポが良かったので、サラサラッと楽しめました。

正直、絵の美しさは認めるものの、話がいまいちだなと
思っていた作家さんだったんで、あんまり期待はしてなか
ったんですが、さすがに小説家さんとのコラボだけあって、
ストーリーに無駄がなく、中々の読み応えだったと思います。
萌えまではあとちょっと何かが足りないというか、脇カップ
ルの方はかなり萌えだったんですが、主役カプはコメディな
部分の方に萌える感じでしたね。突然プロポーズしちゃう
各務のアホさとか、仕方なく一緒のベッドで寝たのに、起
きたら自分から各務を抱き枕状態にしてた冬姫とか、冬姫
の無防備な顔に理性が切れそうになって悶える各務とか、
こういう場面の分量がもっとあっても良かったような気も
します。まぁでも、楽しかったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








ウチの探偵知りませんか?/如月弘鷹 【BBC】


〔2008/12/10〕

★★☆☆☆

お仕事絶賛募集中な探偵コンビ、龍之介と時雨。
ヒマで貧乏な日々はラブラブHで潤いを得ています。
そんな時に舞い込んだ仕事は地味〜に猫探し・・・の
ハズが!?・・・お互いに秘密、アリ。でも、信じてる。
それが“相棒”。

絵が綺麗だし、二人がラブラブなところは、すごく萌え
ます。しかし、内容としては探偵の話の割には、龍之介
の実家(ヤクザ)の話がメインになっていたり、肝心の
二人の馴れ初めの説明が少なかったりして、折角の
バカップルを楽しめなかったんですよねぇ。探偵、ヤクザ、
ゲイバーなど、設定に凝りすぎて、全体的に薄味になっ
ちゃってる感じ。というのは前に読んだ作品でも思った
わけですが・・・ 絵はステキなのになぁ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







兄弟限定!/如月弘鷹 【ASUKA】

 
〔2005/3/29、2007/3〕

★★★☆☆

2巻まで(以下続刊)

生き別れの父が死んだと知らされ、8年ぶりに昔の我が家に
帰ってきた総一郎。そこで初めて存在を知った二人の兄、
長兄 雅東&次兄 要と三人で暮らすことに。
ところがある日、その兄2人の情事の現場を見てしまう!
ワイルドな雅東には「俺のものになるか?」と迫られ、艶っ
ぽい要にはなぜか押し倒され・・・
やがて芽生えた想いは、「兄弟だから」なのか、それとも…? 

あらすじには「超美形な兄2人に翻弄される総一郎の、
トラブル&ラブ・コメディ」とありますが、どこがコメディ
ですか。めちゃめちゃシリアスですよ。楽しい兄弟バトルを
期待していたのにさ。

まぁ結局、仲良くしたくなさそうだった兄達には、それぞれ
トラウマとか亡くなった父に対する想いがあったりして、という
ことでしょうが。正直引っ張りすぎ。実はコレ、2巻出るまで
2年もかかっているんです。きっとリアルタイムに待って
た人は大変だったでしょう。

んで、2巻はどうかというと、結局要のトラウマメインに
なってまして、総一郎が要を好きだと言ったりしてますが、
だからと言って要が答えるわけでもなし。それどころか、
雅東と要の方が全然印象強いし、むしろお似合いだし、もう
いっそのことこの2人でいいやん、と思ったりして。

まぁ3巻あるってことは、総一郎とくっつけてあげるわけ
ですよね、おそらく。この展開からそうなるってのが想像
しにくいわけですが、それならば、まぁ見てみたい気もする
んですが、いかんせん話が暗い。どんどん落ち込む。そんで
ちょこちょこお邪魔キャラが出てくるんだけど、多すぎて
めんどくさい。なんか全体的に雑雑としていて、落ち着かない。
絵は美しいんですがね。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール