selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





こわがりだけど欲ばりで/木村屋かこ 【AQUA】


〔2010/7/12〕

★★☆☆☆

人の名前を覚えられない町村には「特別」が無い。
失踪中だった大学の同期・町村が、本間の前に一年振
りに現れた。本間が死んだ夢を見て心配してやってき
たというのだ・・・! 天然無自覚タラシの町村は、堅物
で真面目な本間の密かな恋心をよそに、大学四年の春、
何も告げずに本間の前からいなくなった。それ以来、
町村に何かを期待することはやめたはずだったのに・・・。
僅かな期待と下心を胸に、本間は再び町村の世話を焼
き始めてしまい!

表題作4話は、同人誌の作品を大幅加筆修正したもの
と描き下ろし。

ごめんなさい。正直大部分で意味が解りませんでした。
一応ストーリーとしては、思いを寄せていた友人が、
突然消えたくせにまた現れて。戸惑いながらもやっぱり
好きでしょうがない・・・ってなことで、多分きっと、極
単純なものなんだと思いますが、とにかくモノローグ
とかセリフが理屈っぽい上にびっしりあって、しかも
ブチブチ途切れるし、どっちのモノローグなのか解り
辛いし、色々と難解で読んでてストレスがたまってし
まいました。
そんなに説明しなくたって、もう少しこっちにも考える
余地くださいよ〜って感じで、素直に物語に入り込む
ことなできなかったように思います。勝手に、AB型っぽい
よな〜と思っていたら、本当にAB型の方だったw


あと『不穏な犬の幸福条件』『不安な犬の降伏条件』
という、商業誌掲載の2話もあるんですが、これまた
理屈っぽくって・・・ まぁこういう雰囲気BL的なものが
好きな人には良いのかなと思わんでもないですが、直球
好きな自分には、いいなと思えるとこは無く。

なんとなく、全体的にブレブレなんだと思います。もう
少し、これを描きたいんだっていう、例えば表題作なら、
とりあえずメガネの気持ちだけをどっしり作って、そこ
に肉付けしていけば良いだけのような。どっちの視点も
描こうとするから、読んでる方もどっちから読めば良い
のか掴めず、結局両方宙ぶらりんになってるのでは。
偉そうで申し訳ないですが、そんな感じです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール