selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





アヤカシ古譚(1巻)/臣士れい 【DUO】


〔2010/2/25〕

★★★☆☆

人の精を喰らう妖・小雪は妖退治を生業とする牢人・黒耀に
見初められ、以来カラダを交わす関係に・・・。一方的に小雪に
精と快楽を与える黒耀だったが、彼もまた妖にまつわる悲劇
の過去を抱いていた・・・。

土地を護るために人間と共存してきた妖の狐だったが、いつ
しか妖が人を襲うようになったことから人々の信仰心も薄れ、
今では忌むべき存在となってしまい、狐の栄養分である人間
の精ももらえなくなっていった。そんな狐の生き残り・小雪
が行き倒れていたところに通りがかったのが、妖退治を生業
とする黒耀。妖を敵にしているが小雪を気に入った黒耀は、
一緒に旅に連れていくことになり・・・

というファンタジー。表紙からしてかなりショタ臭プンプン
だったのであんまり期待してなかったんですが、小雪の健気
さが可愛いし、後に出てくる黒耀の初めての男(叔父)天河
や、天河に救われたツンデレ妖・瑪瑙など、キャラも立って
るし、設定も意外と凝ってるしで、中々面白かったです。
途中で小雪を助けてくれた、親切なお医者さん・月長が、去
り際に「小さな血族よ・・・」って言ったのも良かったな〜。

新人さんなのかと思ったら、結構10年くらい前から、ファン
タジー系を描かれている作家さんのようですね。
1本収録されている'99年の作品『独占欲』は、目の不自由な
弟にお前は醜いんだと言い続け、異常な執着心を燃やす兄と
いう話で、怖かったです。好きとか嫌いとかというほどの物
ではないですが、こういう作品も描いてたんだというのを知る
にはちょうど良いのかもしれませんね。

天河の腕のことも知りたいので、次巻も読むと思います。意
外にいけるぞ、ショタファンタジーw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








| 1/1PAGES |




イトラコナゾール