selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





さよならチカちゃん/平喜多ゆや 【花丸】


〔2014/5/26〕

★★★☆☆

大代将也とチカこと赤木泰周は、17歳の恋人同士。田舎町
で、同性同士でこっそり付き合うことにスリルと少しの罪悪
感を感じながらもけっこう盛り上がっていた。でも親の都合
でチカが東京に行ってしまうことに。淋しく恋しい想いは一
緒なのに気持ちはすれ違ってしまい・・・!?
二人の出会いを描く「おやすみチカちゃん」ほか、シリーズ
5本に読み切り「思いでほたる明日ほたる」を収録。

田舎町でこっそりお付き合いしている将也とチカだったけれ
ど、チカの両親が離婚することになり、東京へ行く母親につ
いて行くことに決めたことから、離れ離れになってしまうこ
とに。だけどお互いを大好きな二人は、将来のことも考えた
りしながら遠距離恋愛を過ごしていくという話。

可愛い〜!相変わらず可愛いコ達を描かれますね。まだ自分
達の意思だけではままならないという微妙な年頃を、二人な
りに必死に過ごしているのがいじらしくて可愛かったです。
嬉しそうにチュッとキスをする将也も、温度は低めだけど
ちゃんと将也を大好きなのが見えているチカも、お互いを
大事に想い合っているのが伝わってきて微笑ましかったです。
チカの転入先で出来た友達・航とその彼氏・佳英の恋も、
ちょっと生々しさがあって面白かったですね。
どちらのカップルも頑張るんだよ〜と応援したくなりました。

『思いでほたる明日ほたる』は、11年前に田舎を飛び出した
朝柊と、朝柊を追い掛け東京に出てきた宗仁という年の離れ
た幼馴染の話。
朝柊が田舎を出る前日の話での宗仁が可愛くてウルウル。シ
ョタっ子好きには、大きく成長したのがちょっぴり残念なく
らいw 宗仁が一途でいいですね〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ここにおいで、お兄ちゃん/平喜多ゆや 【ルチル】


〔2014/2/24〕


★★★☆☆

母の再婚で、突然3人の弟ができた礼史。一人暮らしをして
いたアパートの火事をきっかけに礼史も家族と暮らすことに
なるものの、慣れない家族団欒に戸惑ったりほんわかしてみ
たり・・・・・・。しかも、同居し始めてから同い年の弟・詩伸の
様子が何だか変で!?

母子家庭で育ってきた礼史は、高校を卒業して土木工事の仕
事に就き、一人暮らしを満喫していた。ある日母親が、近所
の歯科医の先生と再婚することになったが、偶然にも先生の
息子である長男で高3の詩伸、三男で小学生の豊海とはそれ
以前に出会っておりとても懐かれていた礼史は、上手く距離
を測りながら兄弟としてやっていくつもりだった。しかし住
んでいたアパートが火事に遭ってしまったことから、礼史も
新しい家族と一緒に暮らすことになってしまう。それだけな
らまだ良かったのだが、詩伸は礼史に対して恋愛感情を抱い
ていて・・・。

というわけで、折角一人を満喫していたのにやむを得ず家族
と同居することになって、飄々とした同い年の義弟からの好
き好き攻撃に戸惑いながら、でも懐いてくる素直な三男の可
愛さや家族の温かさなんか実感しながら、これからどうする
かね〜と考えていく若者の話。

期待通りのほっこり〜v
クールだけど基本素直な詩伸は可愛いし、礼史の優しさとか
仕事にすごく真面目に取り組んでる姿は魅力的だし、お母さ
んはほんわか癒し系だし、末っ子は文句なしにキュートだし、
ファンジックに登場する末娘も可愛いし、中二病な次男は笑
えるしw(お父さんは影薄かったですねw)、相変わらずの
和ませられっぷりでした。

あとがきに「今後も平和なBLを平和に描いてゆきたい」とあ
って妙に納得。こういう日々の何気ない暮らしの中で生ま
れる小っちゃい幸福なんかを描くのが抜群に上手いですよね。
色んな細々としたエピソードが盛り込まれているのに、軸が
絶対にブレないので、読んでてすごく心地良いです。
あ〜今回も癒された〜v

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ふつうにかわいい/平喜多ゆや 【Chara】


〔2013/6/25〕


★★★☆☆

高校2年生の征と穂高は幼なじみ。昔はいつも一緒だったのに、
別の高校に進んでからは、距離ができて寂しい毎日。そんなある
晩、なんと花柄ワンピース姿の穂高を目撃!!部屋にはラブリー
なぬいぐるみやレースがいっぱいで、女装するのが趣味らしい!?
幼なじみの変貌に戸惑う征だけど、「征かわいい。かわいいもの
大好きv」と迫られちゃって!?オトメン×オトコマエ幼なじみ
のハイパワー・ラブ!!

平喜多さん初Charaも、期待通り安定の可愛さでした〜v
子供の頃はいつも一緒に遊んでいたけれど、別々の高校に進んだ
ことで疎遠になっていた幼馴染・穂高が、最近何やら自分の妹・
みおと仲良くしていると知った征。そんな時、夜中に女の子の格
好で出歩いている穂高に遭遇したことから、征は驚きつつも穂高
の理解者になっていくが・・・。

というわけで、女になりたいというわけではなくて可愛いものが
大好きで女装をしている、征のことをずっと好きだった穂高と、
「可愛い」という感覚がイマイチわからないけれど、穂高の趣味
は理解でき、でも恋愛という意味で自分が穂高に好かれていると
知るとちょっと複雑な征という、可愛い若者同士の話でした。

ただの女装趣味だけでなく、征に認めてもらうことで穂高が精神
的にどんどん強くなっていって、親ともちゃんと向き合えて、体
が大きくなってきたこともあり、自分の「可愛い」との向き合い
方に一区切りをつけるという成長物語になっているのが、切な可
愛くて良かったですね。
そういう変わっていく気持ちの中で、征への想いだけは逆に大き
くなっていくばかりで、色々手放してはいるけれど、ある意味自
分の中で最強に可愛い存在である征を手にできたことは何にも変
えがたい喜びなんだろうなというのがとても伝わってきて、ほの
ぼの〜っとしました。征もナチュラルに男前で可愛いんですよね
〜、これが。
カバー下にある、平喜多さんお得意のお子様時代の二人も、最強
に可愛いかったですv

短編『恋のデリシャスジャーニー』は、大学の夏休みを利用して、
車で二人旅をしている杉本と丹羽。大食いで幸せそうに食べる丹
羽にいつの間にか惹かれていた杉本は、この旅の最後に想いを告
白してスッキリし、丹羽から離れるつもりだったけど・・・という、
両片想いな二人の話でした。
これもまた、表題作とは違う感じで面白かったです。モリモリ食
べて、幸せそうに顔を紅潮させている丹羽の可愛いことv ガォー
に萌え死にましたw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







僕らのハートスロープ/平喜多ゆや 【ルチル】


〔2012/11/24〕


★★★☆☆

地味で冴えない学生生活を送っていた松田博彦は「転校を機
に自分を変える!」と意気込んでいた。初登校の朝、ヤンキ
ー風味なのになぜか大型犬に跨った幼児二人を連れた実椰と
出会う。最初は実椰をちょっぴり怖いと思ってしまった博彦
だが、ウラオモテのない、可愛いけどカッコイイ実椰の素顔
に触れるうち、友達以上の意味で気になりはじめて・・・・・・。
実椰の兄でホストの伊吹と、真面目な保育士道治の、じれっ
たい恋を描いた「ふたりのロングスロープ」も収録。

親が少し田舎にマンションを購入し引っ越したため、転校す
ることになった博彦は、前の学校では地味で冴えない毎日を
送っていたため、これを機会にメガネもコンタクトに代え、
爽やかな学生生活を送るぞと意気込んでいた。そんな登校初
日、マンションの横にある坂道を上の家から下ってくる、同
じ学校の実椰と、大きな犬に跨った、実椰の姉の子供で男女
の双子・とわとみれいに出会う。いきなり親しく話しかけら
れ戸惑う博彦だったけど、一緒に双子を保育園に送り届け色
々と話を聞くうちに、彼が見た目とは違い、家族思いの優し
い青年だと知る。それをきっかけに二人は直ぐに親しくなっ
ていくけれど、博彦は実椰に対して少し邪な気持ちを抱き始
めてしまい・・・。

というわけで、実椰は友人として屈託なく接してくれている
けれど、自分だけちょっと変な気持ちになっちゃってどうし
ましょう・・・という、基本は友情から何かがじんわり芽生え
ていく話ですね。そこに、双子も含めた実椰の家族も参加し
てワイワイとしていて非常に楽しい雰囲気で、あぁ平喜多さ
んらしいな〜という感じでした。

まぁしかし、あのキモ家庭教師は必要だったんでしょうかw
ほのぼのだけじゃなくて何か事件も・・・ということでこれだ
ったと思うんですが、ただひたすらキモいだけだったので、
はたして彼の存在に意味はあったのかなと。とりあえず博彦
が塾に行くことになって、ちょっと距離が空いてというだけ
で良かったような気もしますね。そういう意味では、実椰が
売られた喧嘩を買って怪我をする部分も、個人的にはあんま
り必要なかったような。まぁそれのちょうど中間に当たる、
車の中でボロ泣きなのは、非常に可愛くて萌えましたがw
つか、この可愛らしい絵のせいで、鼻水タレてる顔までが
めちゃめちゃ可愛いというミラクルw
物理的な坂道の上り下りが、二人の関係のアップダウンに絡
めてあるとは、中々シャレてましたねv

それと、実椰の兄・伊吹と2コ上の双子の通う保育園の保育
士・道治との腐れ縁的ラブが『ふたりのロングスロープ』。
色々、馴れ初めとかが読めて面白かったんですが・・・過去の
兄のチャラさが苦手だったw 疲れたなんて言わせるなんて
最悪だ。ま、今は一途な人になってくれたようなのでいいん
ですが、何かモヤッとしたものが残ったかなと。

そんなわけで、ここ最近の3冊(全てルチル)に比べると
あまりキュンとする感じが無くて、やや物足りなかったかな
と思いますが、お得意のお子様達が可愛いし、実椰も博彦も
素朴で可愛かったし、なんだかんだで楽しかったですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







恋の微熱がさめなくて/平喜多ゆや 【ルチル】


〔2011/10/24〕


★★★★☆

『恋の微熱がさめなくて』お弁当屋さんでバイトする蒼亮
は、ある日の夜道で常連客から「もう、おまけは要りませ
ん」と声をかけられる。あまりにぶっきらぼうな物言いに
驚くが、その客・柏谷のことがますます気にかかってしま
い・・・・・・。
『キミとひとつの夏休み』夏休み、祖父母の暮らす田舎に
帰省した智宏は、麦穂色の髪をして「会いたかった」と無
邪気に笑う少年・葵と出会う。葵に泣いたところを見られ
た智宏が、そのことは他の人に「ひみつ」だと言うと、葵
は何故か喜んで、自分の「ひみつ」も智宏に教えると言う
が!?

2つの作品が収録されてますが、表題作は勿論面白かった
んですが、後半の『キミと〜』が堪らなかった!ピュアな
想いにキュンキュンさせられ、思わず泣きまくってしまい
ましたw


『恋の微熱がさめなくて』は、大学進学で田舎から上京し
て数ヶ月の、お弁当屋さんでバイトしている蒼亮が、常連
客の薬剤師・柏谷さんが細くて白くてお魚のメニューしか
注文しないため、肉食えよと好意でオマケを入れたにも関
わらず後で文句を言われてしまい、最初は何なんだこの人
と思ったものの、徐々に話すようになっていき惹かれるよ
うに・・・という話。
得体の知れないヤンデレな感じのする無愛想な柏谷さんと
対照的に、あまり毒されてない良い意味で田舎の子な蒼亮
がえらく可愛くて、ほのぼのしました。風邪を引いて鼻水
姿の間抜けな蒼亮が可愛かったvやっぱ平喜多さんって、
色々と上手いんですよね〜。


で、表題作だけでも結構満足していたんですが、もう1つ
の『キミとひとつの夏休み』はもう、★5ですね。雰囲気
から話から、ホント上手かった!2話以降はずっとウルウ
ルしっぱなしで、何回読んでも同じように・・・というか、
彼らを知って読むと更に泣きどころが増えちゃって大変で
したw

夏休み、寮に居るのも気を使うし、自宅は父親が仕事が忙
しく留守がちなため、田舎の祖父母の家で過ごすことにし
た高校生の智宏。しかし訪れた祖父母の家には、見知らぬ
少年・葵が頻繁に遊びに来ていて、葵は智宏と会えること
を楽しみにしていたという。最初は葵のことが気に入らな
かった智宏。だが学校の友達とはちょっと違い、明るく素
直で優しい葵に、次第に友達になれるかもと思い始めた智
宏。そんな時、葵が二人だけのヒミツを教えてきて・・・。

いやもうホント、可愛くて切なくて、素晴らしい作品でし
たね。葵が一人で巣穴にいる姿、智宏が初めて笑ってくれ
たと泣く姿、帰らないでと訴える姿などの切なさは勿論、
はしゃいでる姿の眩しさも愛しくて、ひとつひとつの言動、
思考に、胸がギュッギュッと締め付けられる思いでした。
ピュアな葵に智宏が癒されたように、読み手も癒されます。
心が洗われるとはまさにこのことかと。

途中で何か嫌なことが起こったりしないだろうかと心配さ
せられましたが、そんな空気を漂わせつつあくまでほっこ
りでまとめてくるという、この微妙なラインを上手くキー
プしている感じが、余計に切なくて上手かったなと。ハッ
ピーエンドで良かったと心から思いますねv
何度も読み返したくなる素敵な作品でした。大好きv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







さんにんぐらし/平喜多ゆや 【ルチル】


〔2011/2/24〕


★★★★☆

小学生の幸司は、歳の離れた兄ちゃんとふたりぐらし。
そんなふたりの家に、兄ちゃんの恋人・陽樹がやって
くる。「さんにんぐらし」になり、賑やかになった家
は、前より何だかあったかくて、嬉しいことがいっぱ
いで・・・・・・。

去年いきなり3冊出てこれが今年1冊目という、まだ
まだ新人の作家さんですが、ハズレが無いですね。特
にこれと年末に出た『むくわれたいな。 』は大好き!

『さんにんぐらし』
父親の暴力に耐えかね、8年前に母親が出て行った。
父親も去年から居なくなり、6歳年上の兄・敦成と二
人で生活している中学生の幸司。そんな家に突然やっ
てきたのは、兄の恋人だという陽樹。だけど、兄がホ
モでも全然気にならないどころか、母親に捨てられた
幸司にとっては、もし二人の関係が壊れてしまったら
ということを考えて不安になってしまうほど、3人で
の暮らしが楽しくて・・・

という1話目は、幼い幸司から見た兄カップルの話。
一見チャラそうな兄が、どんだけ幸司を可愛がってく
れてきたのかということが、幸司の素直な目線でわか
ってウルウル。これは少し前に描かれた作品なので線
のタッチは違うんですが、心に訴えてくるパワーは今
と変わらず。素晴らしい。

そして『初恋と、それから』(全3話)が4年後。
高2になった幸司の恋の話。

大学を卒業した兄・敦成、有名レストランでシェフ見
習いとして働く陽樹と、変わらず3人暮らしをしてい
る幸司は、少し前からハンバーがショップでバイトを
始めた。その店には、幸司が5歳の頃、公園でいつも
一緒に遊んでいたという、1コ上で他校生の涌井先輩
がいて、優しい先輩のおかげでバイトにもすっかり慣
れた。そんなある日、突然先輩から付き合ってくれな
い?と言われてしまった幸司。しかし実は少し前から、
常連さんの渡辺さんのことが気になっていた幸司は断
ってしまう。しかしその後も変わらぬ態度で親しくし
てくれる先輩。そして何と渡辺さんが、陽樹と折り合
いが悪かったという陽樹の兄だという事実が判明して・・・

というわけで、憧れの気持ちを上手に消化して、自分
を好きだと言ってくれる先輩の気持ちに向き合って・・・
という恋の話だけでなく、そんな憧れの人・渡辺さん
が新しい家族を築き幸せになっていくのを見守る気持
ち、時間を置いて陽樹と渡辺さんが和解し、兄達の関
係も認められて本当に家族の形になっていく嬉しさ・・・
などなど・・・何だろう。大好きな人が幸せだと幸せ・・・
と思える幸司は間違いなく、陽樹の幸せを幸せと思う
兄の影響が大きいんだろうなという、三人で暮らして
きたからこその愛の形があって、何だかとっても素敵
でした。

また先輩がいいキャラなんですよね〜。最初、渡辺さ
んとの恋の当て馬なのかというくらい、地味なイイ人
キャラだったんですが、幸司がちゃんと選んでくれて
よかった〜と思わずにはいられない、すごく一途で可
愛いコ!病室での泣きべそシーンはたまらんかったです。

そしてそんな先輩目線の話『それからと、これから』
というのまで収録してくれているところがやるな〜と。

ささくれ立った心がまぁるくされてしまうような、ち
ょっとした説法のようなw、何とも穏やかな気持ちに
なれる作風でした。
相変わらず、お子様の描写がめっちゃ可愛いっ!しか
もカバー下のおまけ漫画まで絶品とは!まいったv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







むくわれたいな。/平喜多ゆや 【ルチル】


〔2010/12/24〕


★★★★☆

いつも「先生」を好きになっては失恋してしまう、高校
生の辰彦。大好きな従兄の篤杜は、辰彦の学校の教師で、
辰彦が元気がないときは優しいピアノを弾いてくれる。
実りのない恋の悩みを打ち明けるうち、いつしか恋愛対
象として篤杜のことが好きになってしまった辰彦。でも、
篤杜は従兄で、先生で・・・・・・。

小さい頃から、仕事で忙しい両親に代わって面倒を見て
くれたのは、ばあちゃんとイトコのあっちゃん。あっち
ゃんは3人兄弟の末っ子ということもあり、辰彦を本当
の弟のように可愛がってくれ、辰彦の一言で学校の先生
になったほど。現在は、辰彦の通う高校で音楽の非常勤
講師として勤務しているあっちゃん。そんなあっちゃん
にいつも恋の相談をしているうちに、辰彦は自分があっ
ちゃんのことを好きだったのだと気付いてしまうが・・・

ぶはっ。もう、こういうの大好きです。癒された〜w
いっつも眠そうで何にも考えて無さそうなくせに、結構
お腹の中にはモヤモヤを抱えてる受という、ちょっぴり
タチの悪い感じがワクワクしますね。
話としては、イトコで男で先生であるあっちゃんへの想
いに気付いてしまった辰彦が、静かにテンパるというだ
けのシンプルな話なんですが、何気に細かい伏線があっ
たり、思わずプッと笑ってしまう空気があったり、そこ
に挟みこんでくる幼少時代エピソードも抜群に可愛くて、
非常に大好きな二人でした。

実は辰彦よりずっと前から辰彦を好きだったあっちゃん、
というのも最初から判っているので、辰彦の素直なリア
クションにいちいちヒクッとしちゃう感じや、そっと見
つめる表情や、そういう1コマ1コマにも気持ちが現れ
ていて、年上あっちゃんが辰彦の成長を見守っている微
笑ましさと共に、今はそうするしかないという片想いの
微妙な切なさも感じられ、何だかやたらとキュンキュンし
てしまいました。そのあっちゃんの気持ちの補足が、描
き下ろし『いとこ同士は鴨の味』でがっつり読めたのも
非常に満足。付き合い始めた後の、あっちゃんの露骨な
辰彦への甘えっぷりってばw 耐えた日々がいじらしいで
すねw

高校生の辰彦も、これはこれで危なっかしくて可愛いで
すが、何より子供時代の辰彦が殺人的に可愛い!1コマ
目のぶっちゃいくな泣き顔と素直なセリフから心捕まれ、
リンゴ飴の甚平姿にヤられ、あれもこれも、カバー下漫
画まで、全ての辰彦が可愛くてたまらんかったです。セ
リフやちょっとした仕草など、可愛いと感じさせるのが
上手いですよ。ヤバイ、まじ可愛いw もっと見ていたいw

雰囲気的には、このボヘッと感が依田さんっぽいかな
とも思うんですが、あちらよりは毒が無くて無駄な遊び
(依田さんに対しては褒め言葉)が無く、フワフワ感が
強く幸せ感に思わずウルキュンしてしまうという点でも、
しっかりとした個性が感じられます。是非ともこれは、
かなりスローなテンポで読んで、まったり味わっていた
だきたいと思います。
過去2冊も面白かったですし、今後もっと好きな作家さ
んになってしまいそうな予感。とりあえず今回のこれを
保管して、何回も読んでニヤニヤしたい気分です。
あぁ可愛いv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ミラクルだとか恋だとか/平喜多ゆや 【ディアプラス】


〔2010/5/29〕

★★★☆☆

きらきらの大きな瞳で、まっすぐに背筋を伸ばして歩く
姿が印象的な隣のクラスの加勢くん。見ているだけで幸
せだった唯志だけれど、ある日曜日、弟を連れた加勢く
んとばったり出会い、自宅のお好み焼き屋に誘うことに
成功。美味しそうに食べる様子に思わず「可愛い」と言
ってしまい!?

全5作品と、それぞれの描き下ろしを収録。
サッカー部員・唯志の最近の楽しみは、隣のクラスの加
勢くんの、真っ直ぐな姿勢で歩いているのをこっそり見
ること。しかしそれ以上のことは望んでいなかった唯志
に、思わぬミラクル発生。加勢くんの歳の離れた弟が、
道端で唯志にぶつかってきたことから話すことができ、
すぐに調子に乗ってしまう性格の唯志は、勢いで自宅の
お好み焼き屋に招待してしまう。すると心の声がダダ漏
れて・・・

う〜ん、甘酸っぱくて可愛かった!
自分は調子に乗っちゃって結局引かれちゃうタイプだか
ら、加勢くんは見るだけにしとこう。それでも満足なん
だよな〜とか思ってたのに、思わぬチャンス到来で一気
に突き進んじゃう唯志のちょいオバカな感じ。そして自
分に好意を持ってくれて嬉しいのに、恥ずかしくて逃げ
ちゃう加勢のピュアさと、二人の必死な感じがひしひし
と伝わってきて、非常に微笑ましかったです。弟の可愛
さもグー。
あ〜でも、Hは要らなかったな。ギュッとして好きだー!
で終わって良かったのに。唯志が暴走を抑えつつ、数ヵ
月後にやっと・・・な方が萌えたのになぁ。でも面白かった
です。

『はるに咲くはる』は、一浪して大学に入学した久我が、
高校の卒業式の日に告白したきり会ってなかった、1コ
下の戸梶くんに声を掛けられて・・・という、最初から諦め
てた恋だったのに、実は相手も・・・なキュンと甘酸っぱい
話。表題作もそうですが、攻が自分を「順番間違えた 俺
の悪い癖だ」と冷静に捉えられているところと、それが
いざとなったら決して欠点でもないってとこが、何か可
愛くて好きだな〜と。

『泣いちゃえベイビー』は、高校生の直水(なおみ)と、
何年もあってなかった年上の幼馴染・きいちゃん。変わら
ず優しいきいちゃんに、また甘えてもいいのかなと、愚痴
をこぼしてスッキリして、アパートに入り浸るようになっ
た直水だったけど・・・ こっちも面白かったんですが、自
分的にはこれの描き下ろし『泣いちゃえベイビー その前
その後』での子供直水がめちゃツボって、思わず一緒に泣
いちゃいました。子供時代の些細な出来事なんだけど、違
う意味でキュンと切なかったです。

『駆けて恋して』は、男子高校生・壮太の家庭教師をして
いる大学生の矢野が、確かにちょっといやらしい目で彼を
見てたけど、告白されてしまってビックリという。ズレま
くりでとんでもない言動な壮太が面白かったです。ピュア
なのか、スレてるのかw バカなとこが段々可愛く見えて
くるから不思議です。

『ふつうの願い』は、同棲しているものの、片方は飲み屋
の従業員、片方はリーマンということで、すれ違いな日々
のカップル。向き合う時間は無くても、お互い大好きって
いう、バカップルですね。エッチの途中で、ケーキを間違
って食べてたことを恥ずかしがる受が、可愛すぎる〜w

そういうわけで、全部面白かったです。そしてチビッコが
すごく可愛くて、特に直水は、もうこの鼻水涙な顔は、ず
っと眺めていられるくらい大好きです。
家庭教師の話だけが少し古いこともあり、若干テイストが
違うんですが、他の作品にある、何とも言えないまろやか
さは、クセになりそうです。ひとつひとつの恋を、すごく
大事に思いながら描いているような気がします。前作『ね
こになりたい』も面白かったし、今後も楽しみ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
にほんブログ村 BL漫画







ねこになりたい/平喜多ゆや 【ルチル】


〔2010/02/24〕

★★★☆☆

芳征(よしゆき)と史芳(ふみよし)は双子の兄弟。それぞれ
に好きな人がいて、そして、それぞれに少しずつ変化が訪れて
・・・。初々しいカップルたちの恋するドキドキを、優しく大切に
描いた作品集。

こんなほんわかな表紙だしルチルだしで、正直あんまり期待し
てなかったんですが、中の絵はもっと上手で、恋のドキドキが
詰まってて、かなり良い感じでした。表題作シリーズが全4話
+描き下ろし。

『今度のにちよう日』は、双子の弟・史芳(ふみ)と友人・哲
滋(てつじ)。哲滋に密かに片想い中のふみは、哲滋との友人
としての日々は楽しいんだけど、苦しくもあって。そんな時、
兄のゆきに彼女ができたと知り、自分が男を好きになってしま
ったことに、益々悩んでしまって・・・と、二人が付き合い出す
までの話。結局、ゆきの相手は彼女じゃなくて、彼氏だったん
ですけどねw 青春。双子ちゃんが、可愛いだけじゃなくて普
通にちゃんと男の子らしいのが良いんですよね。

『ねこになりたい』は、双子の兄・芳征(ゆき)と、彼氏・梓
が最初に仲良くなった時の話。席がえで前後になったんだけど、
梓が家で猫を飼っているため、猫アレルギーのゆきはクシャミ
が止まらない。そんなことがきっかけで話すようになった二人
だったけど、ゆきは梓のことがどんどん可愛く思えてきて・・・
という、受ちゃんが、攻のことを心の中で可愛い可愛い言うの
が可愛い話。途中、梓が猫アレルギーなゆきを気遣いすぎるあ
まり上手く通じ合えなくて、ゆきがイライラしちゃったりして。
そういう可愛いだけじゃない男子な部分が良いなと。
1話目と共に、双子ちゃんの鼻水萌え〜w 鼻水ふき取ってやっ
て直ぐキスとか、見たことないしw

『またたき、ふたつ』は、それぞれの恋、ステップアップな話。
先にHしちゃったふみと、もうちょいなゆきが、それぞれ今持
ってる精一杯の気持ちで相手と向かい合うという、全力なとこ
が微笑ましい話でした。双子だけど、好きになったタイプが違
うというのが良い感じ。梓の「す」「すけべ」に萌えたw その
後、舐められてるのに思わず笑い出しちゃうゆきも可愛い。初
いな〜。

『あめあがり』は、3年になるんで進路を決めないといけないん
だけど、ちょっと家庭がごちゃついちゃってる哲滋が、若干不
安定で、ふみとすれ違い気味・・・という話。何〜このふみ、カワ
ユス〜。癒されました。

描き下ろしの『Wデート』は、2組一緒にブラブラという話。
近い将来のことなんか語り合っちゃったりして、ほのぼの。
と、ここまでが双子の話ですが、とにかく可愛い。上手く説明で
きてないのがもどかしいんですが、あまり駆け引きとかそういう
面倒なことをしないで、素直に気持ちをぶつけあう子達だったの
で、読んでて色んな部分でキュンキュンしちゃいました。表情
もすごく良いし、本当にこれ初コミックス?と、得した気分です。

あとは短編が2本。『恋するブックワーム』は、彼女がいる才治
の本を読む姿に惚れた知雄が、2番目でもいいからと付き合い始
めるんだけど、お互いにそれだけではいられなくなるという話。
彼女と別れろとは言えない男と、別れろって言って欲しい男が
ごちゃごちゃとしてますよw 深みは無いですが、ノンケ男がヤら
れているという事実に満足です。

『the hollowing out』はビデオ屋でバイトしている22歳のゲイ
・三木が、年下のノンケ・植草くんにトキメキながらも、色々と
考えちゃってモヤモヤ。でも・・・ という、シンプルさが良い話。
一番古い('07年)ので絵の感じがだいぶ違います。こうやって
見ると、かなり成長してるw

そんなわけで、双子のシリーズ、面白かったです。楽しくて、結
構何回も読んでしまった。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








| 1/1PAGES |




イトラコナゾール