selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ベイビー☆メイビー/かいやたつみ 【ダイヤモンド】

 
〔2002/12/13〕

★★★☆☆

「ああ 神様・・・ 幸せな恋愛がしたいです・・・!」
本気だった彼にあっさりフラれてしまった芝ちゃんは、友達
の誘いで合コンに出かけた。そこで好みの男子発見!
しかし彼、湯島くんはちょっと変わってる上にイヤなヤツ!?
また報われない恋の予感がする芝ちゃんなのだが・・・。

表題作3話+描き下ろしと、短編2本。
結構本気で好きだった彼氏・根津に、寝たらあっさりとフラ
れてしまった芝。そんな不幸な芝は、友人・千住の誘いで
合コンに参加する。そこに遅れてやってきたのは、結構タイ
プな男・湯島。だがノンケにフラれたばかりで、惚れても仕
方がないんだと、ブレーキをかけた芝は、ヤケ気味に飲み
まくってしまい、気付けば湯島と裸でベッドに! 慌てて逃
げ帰るが、翌朝学校で、元彼・根津の横に何とその湯島が
いて・・・

というわけで、本当は芝ちゃんが根津と付き合う前から、芝
ちゃん狙いだった湯島。なのに芝ちゃんは湯島の存在には
まったく気付いておらず。で湯島に頼まれて、千住がセッテ
ィングした合コンで・・・というわけです。ノンケに惚れちゃいか
んと思いながらも、理屈じゃなく、どんどん湯島に囚われて
いく芝ちゃんが、ちょっぴりオバカで可愛いです。
強引な湯島も、ナイスアシストな千住も飄々としてていいキ
ャラ。

そんな千住くんと1コ下の転入生・郁の話が 『究極キュート』 。
オヤジ相手の援交をしていると噂のコが、すれてるのかと
思いきや、千住に惚れてピュアな部分を見せ、千住も直球勝
負でこられることにハマってしまうという、一見チャラい同士な
んだけど、お互い一途になりそうで、続きを見てみたい二人。

『夏のミサイル』  両親が2歳のときに離婚したため、ほと
んど会ったことの無かった父親が病死し、葬式に行った潤也
は、そこで父親の恋人(養子)だという年上の男・雪生に出会
い、一目惚れしてしまう。以来、頻繁に雪生の家に出入りする
ようになった潤也は、ある日気持ちを抑えられず、雪生を抱く
が・・・ 雪生さんはそんなに歳じゃないです。んーと30くらい?
そんな彼が、これまで老け専だったのに、年下に攻められる
って、何か萌えるw

表題作の描き下ろし 『ベイビー☆ベイビー』 は、3年の秋で
受験間近な2人。芝ちゃん愛されてるな〜ってな感じにラブ度
が上がってて、間違いなくバカップルになりそうなニオイがプン
プンなのがよろしい。あ〜なんかいいわ、この2人。
ちなみに、芝ちゃんと湯島のその後は、花音から出ているコミ
ックス『肉体関係』 に収録の『アンチドラマチック』 という話で
描かれています。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。

 

↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村


セブンアンドワイ






これを恋とは言わせない/かいやたつみ 【HUG】


〔2009/1/30〕

★★★☆☆

もしかして俺ってインラン!?

太郎は、楽しいキャンバスライフを夢見る大学1年生。
けれど、教務課の磯にいきなりナンパされて気分はサイアク。
しかも、飲み会でソイツと再会!酔っ払いからかばってもらっ
たものの、気付ばお持ち帰りされていて!?ベッドの上で突然
告白され、驚きながらもせまってくる彼に逆らえず・・・。

という太郎と年上のいけすかないメガネ(でも実はいいヤツ
らしい)の話が表題作で表紙の二人。全3話。
その前に太郎の父親で、ミステリ作家兼客員教授の白坂先生と
研究室の助手で先生の大ファン・小山のラブ『これを恋と言う
のなら』が5話。で両者ミックスの描き下ろし『これも恋の
なせるわざ』が1話。

ゆっくり恋をしていってる先生達と、流されるままの勢いで
進んじゃってる息子達と、二通りのラブが堪能できて、楽し
かったです。ただ、淡々と話を追っていく感じで、あまりと
きめきなんかは無かったかな。今回も得意の女子が出てくる
んだけど、これが毎回ズケズケタイプで、あんまいい気分じゃ
ないんだよなぁなんて思ってしまうのは私だけでしょうか。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







青春なんてラララ/かいやたつみ 【花音】


〔2001/6〕

★★★☆☆

圭市はせつない程春太のことが好き。春太がその気持ち
を知るよしもないままほろ苦く幸せな二人きりの時間は
過ぎていく。「春太・・・ずっと二人でやってこーな」望むの
はいつだってたった、ひとつ。だが幸福な痛みが終わる
事件は起きた。

高校の親友・春太に誘われギターをはじめ、二人で路上
ライブをするようになって4ヶ月の圭市。それは圭市に
とって、二人きりの時間を確保するための手段であった
が、春太が音楽プロデューサーに声を掛けられたことか
ら、ある事件が・・・ の割にはサラッと終わっちゃったなぁ。
まぁ初々しくていいです。

あとは、双子の兄・和実と身体の関係があるくせに、自分
に好きだと言い続けてくる陽介に、戸惑う弟の二葉の話
『好きって言わない!』、
陽介が二葉のものになったことで、自分が陽介を好きだっ
たことに気付いてしまった和実と、和実に冷たくされても
果敢にアプローチしてくる他校生との『好きかもしれない』
など、色んなテイストの話が入っていて面白かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







キスしよう手をつなごう/かいやたつみ 【花音】


〔2000/6〕

★★★☆☆

恋人だからといって好きのバランスが同じとは限らない・・・
そんな悩みを常に抱える男・守(マモ)と愛しの恋人・夏樹
(ナツ)が送る不器用で蕩けるような同棲以上新婚未満の
恋愛生活。

これの新装版『Party』で読んでたのに、間違って買っちゃっ
いました。まぁだけど、意外と覚えていないもので、楽しく
読めたので満足です。可愛い。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







肉体関係/かいやたつみ 【花音】


〔2004/8/30〕

★★★☆☆

大学で知り合ったクールな男前の鳴沢に興味本位で
「今度犯らせろよ」と声をかけたら、その日のうちに
犯られたのは俺の方。
カラダだけの関係だと割り切っていたはずなのに、今
になって、鳴沢を好きなんだって気付いてしまった。
振り返れば誘うばかりの一方通行の恋。肉体関係しか
ない鳴沢に今更「好き」なんて恥ずかしくって言えない
俺は・・・!

表題作を含めて5編。表題作は今更好きだと言えない
倉田が、元カノに恋愛相談するのがアホで可愛らしくて
良かったです。結局ラブラブだし。
『2月の雨』は無銭飲食のガキを拾っちゃうという話で、
とんでもない感じがいい。『アンチドラマチック』は、
これの前に出たコミック『ベイビー☆メイビー』の続編
ということですが、これ単体でも全然面白い。同級生が
晴れて恋人になって同棲中で、すれ違い生活だけどやっ
ぱりラブラブという話。こういう二人好き。

以降はお仕事ものが2編。普通に面白かったけど、自分的
には前半のストレートに感情出ちゃってる大学生ノリが
好きでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





パーティー/かいやたつみ 【マーブル】


〔2006/7/12(旧:2000.6)〕

★★★☆☆

ナツを手に入れたのに・・・
恋人同士になっても、不安が拭えないマモル。
美大を舞台に繰り広げられる日常、恋と夢と友情をめぐる
学園青春ボーイズラブストーリー。

花音さんから出てた『キスしよう手をつなごう』の新装版の
ようです。「恋と夢と友情」ってほど熱い話でもなく、マモル
×ナツカップル日常&たまに苦悩、みたいな、ゆるめの話かな。

やっぱ、こういう中に一人だけイケてる大人がいると、その人
のラブが気になって仕方ないと思ってしまうのは仕方がないよね。
それがBLマジック。そのカプもさりげにフェードアウトしたし、
まぁ、全体的に雰囲気味わえって感じでしょうか。





レンズ越しの微熱/かいやたつみ 【HertZ】


〔2005/12/1〕

★★★☆☆

「一緒に住まない?」 「断る!」
今をときめくIT企業の社長だが、実はアキバ系オタクの
タケオは17年間ずっと想い続けている相手がいる。
オレ様な性格でアンチ萌え系、しかも大のオタク嫌いの
フミちゃんだ。何度フラれてもめげないタケオだったが、
ある日、フミちゃんとデートすることになって!?

とことんワガママ、頑固モノのフミちゃんをナゼだか17年も
思い続けているタケオは、素直で優しいヘタレメガネ。
「おまえ、ほんっとに俺が好きなのな・・・」ってフミも自覚
できるほどにタケオはフミちゃん大好きなんだけど、フミは
ホモじゃないしな・・・と。フミも自分の性格に多少難アリな
とこも解ってるとこが面白い。「タケオよ・・・ 何でそんなに
俺が好きなのよ・・・」 ホントだよ・・・

そんな2人の恋をアシストするのが、フミの弟でタケオを尊敬
しているショーゴと、タケオの秘書をしている女子・川原さん。
特に川原さん、最初はタケオを狙ってる風だったのに、フミ
が潜在的にタケオの事を好きだということを暴き、とにかく
ズケズケ言ってくれるので、頑固なフミにムカツク読者として
は、もっと言ったれ〜!と、痛快。

結局ねばり勝ちのような恋ですが、あの素直じゃないフミが
あっさり受になっちゃうくらいにはタケオを好きだったという
ことで、何だかこっちも勝った気分ダゼ。
なかなかくっつかないけどテンポ良く進んでいくので、とても
続きが気になって、気付いたら結構クスクス笑ってました。
3年後は普通にラブラブだったし、良かったな、タケオ。





不敵ない音楽/かいやたつみ 【HertZ】


〔2008/1/9〕

★★★☆☆

注目の新人ピアニスト 常磐国緒は、最愛の叔父の死に
よってピアノへの熱意を失っていた。ピアノを弾く理由
がない・・・ どん底の人生に投げやりだった国緒の前に、
ある日、奇跡が起こる。調律師 長谷川由比との出会いだ。
「俺のピアノを調律してほしい」と頼む国緒だが、あっさ
り断られてしまう。その上、由比が若手NO.1ピアニスト
山之内光司の恋人だという噂を聞いて…!?


ワンコ攻×不器用受らしいです。
国緒は一人で飲みに言った店で偶然、叔父の音に似た調律
をする男 由比に出会い、自分の調律をお願いするが、
断られてしまう。それは叔父の死によって落ち込み、いい
加減な演奏をしてしまった国緒を見ていたからだった。

国緒は何とか彼に調律してもらえるよう、本気でピアノに
向かい合う。そして実は、そんな国緒を由比は5年前から
知っていて、しかも国緒の調律をしたいとその世界に入った
のだった・・・

うん、話は結構面白いんだけどね、絵がね。なかなかもう
この人はこれ以上成長することはないんだろうね。丁寧なん
だけど、口がいっつもほへ〜って開いてるので、全部同じ
表情に見えてしまって、それだけで面白さが半減するかな。
味っちゃ味なんだろうけど。鈴木ツタ系?

オタク受も、幼なじみラブも楽しかったので、基本この人
嫌いではないんです。ただもっと滑らかさが出たらいいのにねー。





ラブトレ/かいやたつみ 【マーブル】


〔2005/1〕

★★★☆☆

母親が電撃再婚で玉の輿に!社長令息となった晃司は、
新しい兄弟がいる金持ち学校へ転入するハメになって
しまった。初めて会った兄弟は、なんと美形双子!
しかもあいさつ代わりと唇を奪われてしまった!
晃司の今後の受難を予感させる1日目だったのだが・・・

全くヘテロな晃司が入ったのは全寮制男子校。そんで、
双子の弟 仁の熱烈アピに次第にほだされるわけです。
と、話は普通なんですが、これに、仁のセフさんのラブが
あったり、他にも色んな恋があり、そういうシフト具合は
楽しかったです。表紙(裏表)を良く見たら、4組とも
載ってました。可愛い。
ただ、金持ちなのも、双子なのもあんま関係ないような
気もするけど・・・と思っていたら、表紙中にそのような
作者さんのコメントがありました。はい。でも「全寮制〜」
というだけで萌えなので良いです。

しかし、BL界での全寮制男子校のイメージは、がっつり
ホモが当たり前。ということで、実際の男子達が知ったら
ショック受けるかもねぇ。とかいいながら、実際はもっと
すごかったりしてねぇ。なーんて、腐な思考が・・・





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール