selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





嘘のち本音、ところにより恋/印東サク 【ディアプラス】


〔2012/6/30〕

★★★☆☆

仕事はできるが天然な弁護士・文(ふみ)は悲しい別れをした
幼馴染みの央暁(てるあき)と再会。文は再び会えたことを喜
ぶが、央暁に「人違い」と言われてしまう。しかし文を突き放
すのには何か事情があるようで・・・・・・!?
冷血やり手リーマン×天然系弁護士のワケアリの恋v

子供の頃、勉強はできるがぼんやりとした性格のため同級生に
からかわれていた文をいつも助けてくれたのは、4つ年上の幼
馴染・てるること央暁だった。ある日央暁の父親が事業で失敗
し、一家が夜逃げしてしまったことから離れてしまった二人。
しかし央暁の当時の助言もあり弁護士になった文は、顧問を務
める会社で央暁に16年ぶりに再会する。だが央暁は、人違い
だと文を遠ざけようとして・・・。

というわけで、子供の頃助けてくれていた、自分にとっての正
義の味方・てるくんに再会し、今度は自分がてるくんを守る!
と奮闘する、ちょっとボケボケな弁護士くんの話でした。

いや〜これ、序盤の1・2話がかなり好きでしたv 何と言って
も、文のマイペースっぷりが可愛い。最初の小学生時代の「て
るるるるる」に始まり、再会してからの喰らいつきっぷりw
ある意味ストーカーか!という感じなんですが、何より冷たい
ようで実はてるくんも文をずっと好きだったんだろうなという
のが見て取れるので、何だかやりとり全てが微笑ましくて楽し
かったです。印東さんってこういう感じも描けたんだなという
新たな発見。

3話からは、てるくんが家族を貶めた相手へ復讐する話になっ
ていくので、割とシリアスな展開ですね。しかしここでも、ボ
ケっとしているようで実は色々考えてる賢い文の活躍に、思わ
ずニヤッとしてしまう感じがあったり、中々読み応えがありま
した。まぁただ、てるくんがこれまで復讐のために長年冷酷に
やってきた割には、サクッと片がついちゃうので、その点では
少々物足りないような気もしないでもないのですが。

個人的には前半のオバカな感じが好きで、後半もこれはこれで
しっかりと詳細が描かれていて楽しめたので満足してはいるん
ですが、やはり再度読み返してみると、前半のライトさがイイ
よな〜と思ってしまう感じで。少し重くなってしまった部分を
取り返すために、最後にもうあと1話くらい甘い話が入ってい
たら、より好みだったかな〜と思います。
まぁでも、文のボケと男前を兼ね備えたキャラがいちいち可愛
いく、幼馴染好きの私は大変楽しく読めましたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







愛なんて/印東サク 【ディアプラス】


〔2011/9/30〕


★★★☆☆

仕事が出来てソツがなく、いつも笑顔の建材会社営業
の黒木は 「嘘くさい笑顔が気に入らない」とカリスマ
建築士・御崎に言われてしまう。しかし黒木がふとし
た瞬間に見せた微笑みから、二人の距離は近づいてい
くが・・・・・・!?

表題作は3話+『愛すれば』の計4話。
重役の娘との交際を断ったことで、本社から小さい営
業所に飛ばされてしまった、建築資材会社の社員・黒
木。そんな黒木が担当することになったのは、業界で
も扱いにくいと評判のカリスマ建築士の御崎。過去の
トラウマから、人を信じられず深入りして欲しくない
黒木は、いつものように作り笑顔で接していたが、御
崎にそのことを指摘されてしまい・・・。

というわけで、観察眼の鋭いやや強引な攻に、頑なな
受がゆっくり絆されていくという話でした。
受は攻のことをあまり良く思っていない状態から始ま
るので、そんなことで気持ちが変わるんだろうかと少
々強引に感じる部分があったり、攻の方もその嘘笑顔
だけでこいつは裏に何かある・・・なんて気付くものだろ
うか・・・と正直色々と強引な感じはしてしまったんです
が、そうツッコミつつも、程好いスピードで二人の関
係が変わっていく姿は、中々面白く読めました。

表題作は、結構硬さがあって淡々としていて、個人的
に卑屈な受があまり得意じゃないこともあり、萌え〜
ということにはならなかったんですが、後日談の『愛
すれば』では、自信のない受が愛されている喜びを実
感する話になっていたので、雰囲気が変わって良かっ
たですね。もすこし先のラブラブまで見てみたかった
ですけど。あと、図面筒萌えは激しく同意ですvつか、
日本一図面筒の似合う男は、牧志青ですがw

『十年たったら』は、大学職員の隆浩が、国文講師を
お願いするためにとある小説家の家を訪ねたら、その
人は高校の卒業式の日、自分に告白してきた元生徒会
長の伊知で・・・と、表題作とは打って変わって、コメデ
ィっぽいノリの話でした。兄の彼女と知らずに告白し
て・・・というくだりが何かちょっと、自分的には不要だ
ったんですが、まぁ楽しく読めたのでいいのかなと。
キチンとしていた会長が、こんな雑な大人になってる
という部分では萌えでしたv

サラッと読めてしまったんですが、逆にここがめちゃ
めちゃ好きだという場面がないだけに、感想を書くの
に難儀しましたw まぁ、読みやすくて良かったんじゃ
ないかなと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







甘えてください/印東サク 【ディアプラス】


〔2011/1/29〕

★★★☆☆

超ブラコンのリーマン・渋谷英一は三者面談で弟が
遠くの大学へ進学を希望していることを知り大ショ
ック。そして弟の担任・城之内に敵意をむき出しに
する。でも、ある出来事で急接近した城之内は思っ
たよりも頼もしくていい奴で!?

表題作は全3話+『酸いも甘いも』の計4話。
6年前両親が亡くなったため、年の離れた弟・恭次
郎を一人で大事に育ててきたリーマンの英一は、有
給を使って恭次郎の三者面談を訪れる。しかしそこ
で弟が自分に相談無く、担任・城之内に協力しても
らい遠くの大学を志望しているということを知って
ショックを。思わず城之内につっかかってしまう英
一だったが・・・

というわけで、弟をたぶらかしやがって、憎い担任
め!と思っていたのに、いざとなったら頼もしくて、
思わず好きになっちゃうという感じの始まりになっ
てまして・・・ ん〜少々無理があるようなw そんな
ポコポコ恋が生まれるかよ〜みたいなw

まぁでもその後、2話、3話と気持ちが育って行く
過程が見られたので、トータルで見るとそんなに悪
くないと思いますが、攻の気持ちが見え難かったの
が残念ですね。その分、くっついてからの『酸いも
甘いも』でベタな甘さを見せてくれたのは、自分的
にはかなりキュンでしたけど。あとはやっぱり、理
解ある弟の存在は面白かったです。

『欠点だらけの男たち』は、同族経営のビルの不動
産会社に勤める八嶋と、ビル管理の阿部という友人
同士が恋に・・・という話。これは設定,構成ともに、
かなり読み辛いな〜と思ったら2006年の作品なんで
すね。まだ何かこう、人と違うことをしようとして
とっ散らかっちゃってる感じで、いまいち入ってこ
なかったです。攻が崩れ落ちるのも無理矢理な感じ
だな〜と。

『上司、14日。』は、リーマン・由家が、社長の身
内で引きこもりの上司・生島の自宅へ2週間出向す
ることになり、秘書業務をさせられるのかと思った
ら、家政婦状態に。最初は無愛想で偉そうな生島を
苦手だと思っていたけれど、徐々に可愛さに気付い
ていって・・・と、人を信じられず引きこもっていた生
島が、最後には殻を破るという話で、これは結構面
白かったです。

意図的にやってるのか、全部攻がわかり難い人ですねw
一応ヘタレに分類されるのかと思いますが、自分の
好きなタイプのヘタレとは違って、やや暗いw
まぁでも、短編1本を除いては読み辛さも無いし、
そこそこ面白かったと思います。
そりゃね〜よ!という気持ちを抱かせない説得力が
出てきたら、もっと面白くなるんでしょうね〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







願わくば側に/印東サク 【ディアプラス】

 
〔2009/7/30〕

★★★☆☆

家具会社のショールームに勤務しているくせに、人見
知りで臆病な春川は取引先の社長・仁木にいつも睨ま
れて怯えている。だが、ある日仕事の話があると呼び
出されて・・・・・・!?

表題作は、苦手だと思っていた取引先の社長の優しさ
に触れるたび、次第に好きに変わっていく受という、オ
ーソドックスな内容だけど、社長の普段の頼もしさとメロ
メロ具合のギャップもいい感じで、結構好きです。描き
下ろし『願わくば永遠に』の、酔っ払い二人のノロケも
微笑ましくて非常に好きでした。

『遠くても近くても』 は、スーパーの店員と常連のバツ
イチリーマン。性急Hだけど、程よくクサいやり取りもあ
って、嫌いじゃないです。

『呼バイノ美学』 は、同じ会社のワガママ王子と、名前
さえ呼んでもらえないタラシの男。うーん、いきなり2年
後はやや無理があるような。ページの都合もあるでしょ
うが、途中を見たかった。

『気になるヒト 嫌いなヒト』 は、元生徒会長と1年の会計。
攻が溺愛しそうで、その後が楽しみではあるかな。

『ヒトフユ』 は、父親の会社に勤めていることで、周りか
ら疎外がちな社長令息が、有給を取って田舎に一人で
ゆっくりしに行ったら、そこで冬休み中の大学生に出会
って・・・という話。ちょっぴり浮世離れな受に振り回され
ながらも放っておけない攻がいい感じ。

『1/10000の男』『計算外の男』は、上司と部下の
超短編。こういう甘さも好き。

そういうわけで、全体的に好きな方面の話なんだけど、
難点は、前半3作品と後ろの超短編が全て、黒髪攻×
白髪受で、見分けがつかないこと。まぁ性格的には微妙
に違うので、1回読んでしまえば次は大丈夫ではあるん
ですが、やっぱり個性不足と捉えられてしまうと思うので
そこは改良の余地あり。
あとやたらと、受が告白してくるのを待って、よし良く言っ
た!実は俺も好きだったんだぞ!みたいなパターンの
連発だったのがビックリ。受に好きだと言わせたいんだ
ろうなという主旨はわかるし、別に嫌いな告白というわけ
でもないんだけど、さすがに何度も目にしちゃうと新鮮味
がなくなっちゃうわけで。

まぁでも基本的に、こう地味めにリーマン達がウダウダ
やってるのは好きなので、自分的には普通に満足です。
特に表題作と、『遠くても〜』みたいなタイプの攻は大好
物ですし、絵は特別上手いというわけでもないけれど(失
礼!)感情はしっかり伝わってくるし。 キャラの個性が
もう一声!ってところですね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村



 






| 1/1PAGES |




イトラコナゾール